資金調達プロの評判・口コミ:ファクタリングの特徴・メリット・審査・手数料・注意点を解説。売掛金買取、無料診断って実際どう

≪PR≫
資金調達プロの評判・口コミ:事業資金を最短1日で調達可能:資金調達ならファクタリングがおすすめ!売掛金の買取 ファクタリング

資金調達プロ

  • 銀行融資を断られた・貸し渋り
  • ビジネスローンを断られた
  • 追加融資を断られた

経営状況が悪化しても、
消費者金融や闇金・ヤミ金で資金繰りはしたくないし・・・。

経営者は資金ショートを防ぐために金策に奔走します。

決して、債務超過の企業・赤字経営の企業だけではありません。

来月まとまったお金が入ってくる予定だけど、今月の支払いの目途が立たない。

そんな時の資金調達にファクタリングがおすすめです。

今回紹介する資金調達プロは、
株式会社セレス(東証プライム 3696)グループ企業・100%子会社、株式会社ラボルが運営する
提携事業者数国内No.1、資金調達のエキスパートが集結した日本最大級の資金調達情報サイト(最大3億円)、カンタン資金調達チェックサイトです。

資金調達プロの活用マニュアル、審査に通すコツ、デメリット・メリット・口コミ・体験談なども紹介します。

今いくら資金調達が可能か調べたい
10秒で簡単無料診断!ファクタリングでいくら資金調達が可能なのかを簡単に調べることができます。
>>資金調達プロ公式サイトへ

『資金調達プロ』とは 運営会社:株式会社ラボル(セレスのグループ会社)

資金調達プロを運営している株式会社ラボル。

ラボルは、株式会社セレスは東証プライム:3696に上場している企業のグループ会社です。

株式会社セレスは、
創業当初から運営するポイントサイト「モッピー」の運営をはじめ、広告代理店業のアフィリエイトプログラム「AD.TRACK」や商品開発や製造、販売までをワンストップサービスで提供するD2C事業の展開、企業内製化支援を目的としたDX事業等を展開しています。

フィナンシャルサービス事業として、
暗号資産販売所「CoinTrade」の運営やフリーランスの方々がWebで完結できる請求書買取りのAIファクタリングサービス「labol」の運営、セレスと親和性の高いベンチャー企業への投資・育成をおこなう投資育成事業を展開しています。

資金調達プロもその1社として株式会社ラボルが運営し売掛金の売買のサポートを行っています。

信頼性という面でも安心して利用できます。

ファクタリングを解説・特徴 基本概要・銀行融資との違い・個人事業主向けの利用

ファクタリングとは?

資金調達を行う理由は、様々です。

ファクタリングは、発生済みの売掛金(請求書・発注書)をファクタリング会社に売却することによって、支払日よりも先に売掛金の回収が可能になる金融サービス・仕組みです。

ファクタリングは銀行(金融機関)などからの借入や融資ではないため負債(バランスシート・貸借対照表上の負債)にならないのが特徴です。

売掛金を買い取ってもらうことにより、キャッシュフローが崩れる心配がなく、資金繰りが円滑に回ります。

ファクタリングを活用できる人は、売掛金がある企業(個人事業主)であればすべてOK!
個人事業主・自営業者・不動産会社・建設業者・製造業者・販売業者・・・どんなジャンルの企業でも

以前、ファクタリング おすすめ会社・サイトとして

  • 独自でファクタリング事業を行っている会社
  • ファクタリング比較・プラットフォームを提供している会社

などを紹介しました。

売掛金とは:納品・サービス提供が完了しており既に請求書を出しているが、支払い周期の都合によりまだ入金されていないい状態・キャッシュ

資金調達プロのファクタリング カンタン資金調達チェックサービス

資金調達として売掛金を買い取るというサービス内容。

資金調達プロの利用に限らずファクタリングサービスを提供している会社において、

悪徳業者・違法行為と感じる人もいるかもしれません。

中小企業のバランスシート構成を見てください。

  • 現金預金 85.7兆円
  • 受取手形 15.4兆円
  • 売掛債権 75.6兆円
  • 在庫(棚卸資産) 46.9兆円
  • 有価証券 5.1兆円
  • 土地 86.9兆円
  • その他建物機械設備等 109.3兆円

資金調達プロ

大きな割合を占める売掛債権:75.6兆円

経済産業省の見解として、
「売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である」

国も売掛債権を有効に資金調達に向ける流れを推奨しています。

ファクタリング自体、金融機関の融資や不動産担保ローンのように、問題なく活用できる資金調達の1つのサービスということです。

資金調達プロは、
その資金調達のサポートとして厳選したファクタリング会社を紹介するコンシェルジュ的なサービスを提供しています。

公式サイトにチェックシートがあり、

  1. 希望金額
  2. 翌月の売掛金
  3. 翌々月の売掛金
  4. 売掛先の通知

を入力することで、資金調達の可能性が表示されます。


参考ページ:ファクタリングはやばい?

何度もチェックできるので希望買取金額を大きくすることで、

  • 限度額が確認できる
  • 融資確率が確認できる

その上で、条件にあったファクタリング会社を紹介してくれます。

>>資金調達チェックはこちら

資金調達プロの評判・口コミを紹介 おすすめポイント・注意点

資金調達プロについて、一番気になるのは、良い口コミや悪い評判(体験談・注意点)だと思います。

Googleクチコミ、SNS:X(旧:Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などから

資金調達に成功した体験談を確認しました。

公式サイトにお客様の声(体験談・口コミ)が掲載されていたので紹介します。

資金調達プロ 口コミ

経営が安定、取引先の倒産の際に助かりました 1080万円を2日で調達(東京の製造業)

希望金額 1,000万円 年商 1億円
財務状況 債務超過 開示売掛先 3社
返済条件 変更有り 請求金額合計 1,100万円
(1カ月後)
税金 滞納中 買取手数料 20万円

急な受注に対応できず雇用拡大後に、売掛先の倒産により資金繰りが悪くなりました。
銀行は対応してくれず、いろいろ検討し困り果てていたところ、ファクタリングによる前払いシステムを知りました。
無事に資金を受けることが出来て非常に助かりました。
今は順調に販路を拡大して経営が安定期に入っています。

資金調達プロ 評判

仕入れが追い付かない!こんな方に 672万円を1日で調達(埼玉県の販売業)

希望金額 500万円 年商 2億円
財務状況 悪くなる 開示売掛先 1社
返済条件 変更無し 請求金額合計 680万円
(1カ月後)
税金 滞納無し 買取手数料 8万円

どんどん売り上げが上がるのに、仕入れが追い付かない。
でも、新規に注文しないわけにはいかないし、従業員への給料を支払わなければなりません。
そんな時に資金調達プロさんで無料診断をしてみたところ、毎月の売掛金がそのまま資金として現金転換できることを知りました。
お陰様で売り上げはさらにどんどん拡大していく事が出来ています。
融資のように時間もかからないので、非常にスピーディーかつ柔軟で安心しました。

資金調達プロ クチコミ

資金調達に使いたい! 4,500万円を3日で調達(神奈川県の建設業)

希望金額 6,000万円 年商 7億円
財務状況 債務超過 開示売掛先 5社
返済条件 変更有り 請求金額合計 4,580万円
(1カ月後)
税金 滞納有り 買取手数料 80万円

60日後に入ってくる売掛金を先に使いたいというのは、経営者であればわかると思います。
しかしその売掛金を先に使える方法があるとは、知りませんでした。
銀行の借入が多かったのですが追加融資が断られ、借り入れ以外の方法があるとは知りませんでした。

 

ラボルニュース:無料診断って実際どう?

資金調達プロを運営する株式会社ラボル。

資金調達プロ以外にも、AIファクタリングサービス
フリーランス、個人事業主として働く方、およびSMB(Small to Medium Business)企業の資金調達手段としてWebで完結できる請求書買取りファクタリングサービスを運営しています。
引用:https://labol.co.jp/corp/

資金調達プロの評判・口コミ:ファクタリングの特徴・メリットデメリット・審査・手数料・注意点を解説。

今回の記事は、株式会社ラボルが運営する資金繰り改善に事業資金を最短1日で調達可能なファクタリング会社。

提携事業者数1000社以上、無料診断って実際どう?

中小企業経営者が売掛金の即現金化サービスの利用方法について紹介。

参考ページ:ファクタリングで資金調達

資金調達プロのデメリット・メリット ファクタリング相見積もりなら

ファクタリングの相見積もりとは、
複数のファクタリング会社から見積もりを取り、条件を比較することで、最も適したファクタリング会社を選定するプロセスです。

自分で1社1社探すのは大変ですし、都度問い合わせフォームに登録するのも面倒です。

まとめて比較できるのは大きなメリットでしょう。

資金調達プロでは、このプロセスを通じて、事業者が最適な資金調達を行えるよう支援しています。

資金調達プロのメリット 資金繰り改善を実現・相見積もり・時間の節約

最適な条件の選定
  • 複数のファクタリング会社の中から、手数料率や現金転換までのスピード感、与信枠、リコースの有無など、事業者にとって最も適した条件を選ぶことができます。
コスト削減
  • 競争原理を利用して、より低い手数料率を提示してくれるファクタリング会社を見つけることが可能です。
    これにより、スムーズに資金調達のコストを削減できます。
時間の節約
  • 一括で複数のファクタリング会社に見積もりを依頼できるため、個別に各社にアプローチする手間と時間を節約できます。
交渉力・比較
  • 複数の選択肢を持つことで、事業者はより強い交渉力を持つことができ、自社に有利な条件を引き出しやすくなります。

手数料の計算方法 必要書類・手数料計算・事業主の審査

資金調達プロにおけるファクタリングの手数料は、主に「売掛金の金額」と「資金として利用までの期間」、「リスク度合い」に基づいて計算されます。

ファクタリング手数料の設定
資金調達プロでは、売掛金の金額に応じたレートを設定しています。
例えば、売掛金が100万円のケース、手数料が2%であれば、手数料は2万円となります。
資金化期間の影響
現金として利用できるまでの期間が短いほど、手数料率は低くなる傾向があります。
これは、期間が短いほど、ファクタリング会社が負うリスクが低減されるためです。
リスク評価
売掛先の信用度合いによっても手数料率は変動します。
信用度が高い売掛先であれば、ファクタリング会社のリスクは低く、それに伴い手数料率も低く設定されます。

申込み:資金調達までの流れと5つの手順

ファクタリング比較・資金化、申込み流れは以下の5ステップになります。

  1. 見積もり依頼
    資金調達プロのプラットフォームを通じて、必要な情報(売掛金の金額、希望する資金化時期、業種など)を入力し、見積もりを依頼します。
  2. 条件の比較
    提出された見積もりをもとに、手数料率、現金利用までのスピード、提出書類、リコースの有無など、各ファクタリング会社の条件を比較します。
  3. 最適な会社の選定
    比較した結果を基に、事業者のニーズに最も合致するファクタリング会社を選定、電話・メールの連絡が届きます。。
  4. 契約の締結
    選定したファクタリング会社との間で契約を締結します。この際、契約内容を詳細に確認し、不明点があれば事前に質問することが重要です。
  5. 資金化
    契約後、必要書類を提出し、手続きが完了次第、売掛金が資金化され、事業者の口座に入金されます。

資金調達プロに関するよくある質問:疑問・質問

資金調達プロについて、疑問・質問・Q&Aなどよくある質問をまとめました。

よくある質問  

 

《更新履歴》
2023年8月(令和5年)10月:記事修正
2024年1月(令和6年)1月:新規記事アップ

資金調達プロの利用:記事まとめ・企業情報について

資金調達プロは、
10秒カンタン無料診断で調達買取可能額チェック、提携ファクタリング会社を紹介してもらえます。

資金繰りは、早いうちに解決しておくことが重要ですし金融機関と審査方法が全く違うので、

債務超過であったり税金滞納中であっても、売掛金さえあればすぐに資金調達が可能です。

少額から可能なので、
まずは、資金調達チェックを活用してみてください。

また、資金繰りの相談など経営者様の悩み・相談に対して、
国家資格を保有している税理士や公認会計士などの士業の先生を始め、全国の様々な資金調達に関わる事業者様と提携して、経営者の資金に関する悩みに対応、改善の方法を提案しています。

今いくら資金調達が可能か調べたい
資金繰り改善を実現!改善率は93%以上の実績
10秒で簡単無料診断・24時間対応!ファクタリングでいくら資金調達が可能なのかを簡単に調べることができます。
>>資金調達プロ公式サイトへ

《参考サイト》