フロアコーティングの窓口の評判・口コミ:フロアコーティングとは?簡単60秒入力で最大8社から無料で一括見積もり

フロアコーティングの窓口の評判・口コミ:フロアコーティングとは?簡単60秒入力で最大8社から無料で一括見積もり インテリア
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

フロアコーティングの窓口

フロアコーティングは、床材の表面に特殊なコーティング剤を塗布し、床を保護し、美観を保つための処理です。

人々が歩いたり、物を動かしたり、水や他の液体がこぼれるなど、様々な要因によって床は傷つき、汚れます。

そのため、床を守り、長持ちさせるためには、フロアコーティングが必要です。

今回紹介するフロアコーティングの窓口は、
株式会社パンケークが運営する、より安くフロアコーティングの施工が可能にために、簡単60秒入力で最大8社から無料で一括見積もりが可能なサービスです。

厳選された業者をじっくり比較できるため、あなたにあったフロアコーティング業者を見つけることが可能です。

この記事では、

  • フロアコーティングの基本的な情報
  • その利点、種類、適用方法、メンテナンス方法
  • フロアコーティングの窓口

を紹介します。

フロアコーティング比較なら

簡単60秒入力で最大8社!
フロアコーティング工事の見積もり
>>フロアコーティングの窓口公式サイトへ

フロアコーティングとは?

フロアコーティングとは、
床材の表面に特殊なコーティング剤を塗布することで、床を保護し、美観を保つための処理です。

床は、家やビルの中で最もダメージを受けやすい部分の一つです。

フロアコーティングを行うことで、数々の利点があります。

床の耐久性を高める
フロアコーティングは、床材の表面を硬くし、傷や汚れに対しての耐性を高めます。
コーティング剤が床材の表面に塗布されることで、床材の表面が硬化し、摩耗に対する耐性が向上します。
これにより、床材の寿命が延び、長期間にわたって床の品質を保つことができます。
汚れや傷を防ぐ
コーティング剤が床材の表面を覆うことで、汚れや水分、傷が床材に直接付着するのを防ぎます。
コーティング剤は、水や油、汚れなどが床材に浸透するのを防ぎ、床の表面を滑らかに保ちます。
また、コーティング剤は、床材の表面に物理的なバリアを作り、傷や打撲から床を守ります。
床の美観を保つ
コーティング剤が床材の色や模様を鮮やかにし、長期間美観を保つことができます。
コーティング剤は、床材の表面を光沢感があり、滑らかにするため、床の美観が向上します。
また、コーティング剤は、UVライトに対する耐性があり、床材の色褪せを防ぎます。
メンテナンスが容易になる
コーティング剤が汚れや傷を防ぐため、日常的なメンテナンスが容易になります。
コーティング剤が床材の表面を覆うことで、汚れが付着しにくく、掃除がしやすくなります。
また、コーティング剤は、傷や打撲から床を守るため、床の修復が必要な場合が減少します。

フロアコーティングの窓口は、
このフロアコーティング工事業者から一括見積もりが可能です。

【フロアコーティングの種類】

ウレタンコーティング
ウレタンコーティングは、耐久性と柔軟性に優れ、多くの床材に適用できるコーティング剤です。
ウレタンは、化学的に安定しており、耐水性、耐油性、耐薬品性に優れています。
また、ウレタンコーティングは、床材の表面を滑らかにし、光沢感を与えます。
これにより、床の美観が向上し、メンテナンスが容易になります。

エポキシコーティング
エポキシコーティングは、硬度と耐化学薬品性に優れ、工場や倉庫などの床に適しています。
エポキシは、2成分型の樹脂で、混合後に硬化する性質があります。
これにより、床材の表面が非常に硬く、耐摩耗性が向上します。
また、エポキシコーティングは、床材の表面に物理的なバリアを作り、油や薬品、汚れなどが床材に浸透するのを防ぎます。

アクリルコーティング
アクリルコーティングは、透明性と光沢感に優れ、美観を重視する場所に適しています。
アクリルは、UVライトに対する耐性があり、床材の色褪せを防ぎます。
また、アクリルコーティングは、床材の表面を滑らかにし、汚れが付着しにくく、メンテナンスが容易になります。

その他のコーティング
他にも、特定の目的に適したコーティング剤があります。例えば、抗菌・抗ウイルスコーティング、防滑コーティング、耐熱コーティングなどがあります。

  • 抗菌・抗ウイルスコーティング: このコーティング剤は、床材の表面に抗菌・抗ウイルス効果を持たせるためのものです。これにより、床材の表面に菌やウイルスが付着しにくくなります。
  • 防滑コーティング: このコーティング剤は、床材の表面に滑りにくい性質を持たせるためのものです。これにより、床が濡れた状態でも、滑りにくくなります。
  • 耐熱コーティング: このコーティング剤は、床材の表面に耐熱性を持たせるためのものです。これにより、床材の表面が高温になっても、変形や劣化を防ぎます。

『フロアコーティングの窓口』とは

床の掃除やちょっとした補修はしても

フロアコーティングは、日常的に行われるものではありません。

そのため、いざフロアコーティングを行う時、

  • どの業者にお願いすればいいのか?
  • 相場はどれくらいなのか?

悩むものです。

フロアコーティングの窓口は、
簡単60秒入力で最大8社へ見積もり依頼ができるサービスです。

一括見積もりのメリット

一括見積もりサイトとしては、

様々あります。

フロアコーティングの窓口の一括見積もりを活用するメリットは、

相場価格がわかる
最大8社からの見積もり価格が送られて来るので、相場価格を確認しやすい
他者と比較ができる
個別見積もりだと比較対象がないため、価格やサービス内容が適正なのか判断がつきません。
一括見積もりなら、同時に何社もの価格やサービスを比較できるので安心です。
あなたにあった業者が見つかる。
フロアコーティングにはさまざまな種類があり、目的にあったコーティング方法を得意としている業者に依頼するのが一番です。
費用も時間もかからず安心です。

フロアコーティングなら”フロアコーティングの窓口”

フロアコーティングの窓口は、あなたの条件にあった業者から、最大で8社まで一括でお見積もり可能ですが、利用に関していくつかの不安や疑問もあります。

  • 安心してお願いできる業者なのか?
  • 料金はかかるのか?無料なのか?

《利用は完全無料》
一括見積もりは完全無料で利用可能です。

《厳選した業者のみ》
提携している業者は、信頼のある業者。
アフターサービス万全の企業、地元に根付いた匠まで幅広いニーズに対応しています。

工事の流れ

  1. 床の清掃
    コーティング剤を塗布する前に、床材の表面を清掃し、汚れや油分を取り除きます。まず、床を掃除機で掃除し、埃やゴミを取り除きます。次に、中性洗剤を使って床を拭き、油分や汚れを取り除きます。最後に、清水で床を拭き、洗剤を完全に取り除きます。
  2. 下地処理
    床材の表面を均一にし、コーティング剤がしっかりと付着するように下地処理を行います。まず、床材の表面に傷や凹凸があれば、サンディングペーパーで研磨し、表面を滑らかにします。次に、プライマーを塗布し、コーティング剤が床材にしっかりと付着するようにします。
  3. コーティング剤の塗布
    下地処理が完了したら、コーティング剤を塗布します。塗布方法は、コーティング剤の種類や床材の状態によって異なります。一般的には、ローラーや刷毛を使って、薄く均一にコーティング剤を塗布します。コーティング剤は、2〜3回塗布することが一般的です。
  4. 乾燥
    コーティング剤を塗布した後、十分に乾燥させます。乾燥時間は、コーティング剤の種類や塗布量、気温や湿度によって異なります。一般的には、コーティング剤を塗布した後、24〜48時間乾燥させることが推奨されます。

フロアコーティングの窓口グの口コミ・評判

フロアコーティングの窓口について、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトにお客様の声(見積もり事例)が掲載されていたので紹介します。

8社一括見積もりで14万円安くなりました
50万円→36万円
UVコーティング・1戸建て(110㎡)

7社一括見積もりで8万円安くなりました
27万円→19万円
ガラスコーティング・3LDK(70㎡)

5社一括見積もりで11万円安くなりました
29万円→18万円
UVコーティング・3LDK(65㎡)

 

株式会社パンケークニュース

フロアコーティングの窓口を運営する株式会社パンケーク。

事業内容は、

WEB広告代理店
クリック課金広告の運用代行
LP・バナー・サイトの制作代行
SEO対策
アフィリエイト広告

などになります。

某有名クレジットカード、中古車一括見積もりサイト、動画サービスVOD、法律事務所、オウンドメディア、大手銀行カードローン、サプリメントなど広告主を持ち、某大手ショッピング会社より依頼のeコマース案件で、月に2.5億円の売上を達成などの実績を持っています。

フロアコーティングの窓口は、その株式会社パンケークが運営しています。

参考公式サイト
(社)日本ハウスコーティング協会

フロアコーティングの窓口のお問い合わせ

どの家にも床はあります。
よって、定期的に掃除やメンテナンスを行います。

  • 日常的なメンテナンス
    日常的に床を清掃し、汚れや水分を取り除きます。
    まず、床を掃除機で掃除し、埃やゴミを取り除きます。
    次に、中性洗剤を使って床を拭き、汚れを取り除きます。
    最後に、清水で床を拭き、洗剤を完全に取り除きます。
    また、床に水分が溜まらないように、定期的に拭き取ります。
  • 定期的なメンテナンス
    定期的に床の状態を確認し、必要に応じてコーティング剤を再適用します。
    コーティング剤の効果は、時間と共に薄れていきます。
    そのため、定期的に床の状態を確認し、コーティング剤の効果が薄れている場合は、再適用が必要です。
  • 汚れや傷の修復
    汚れや傷が発生した場合、修復のためのメンテナンスを行います。
    まず、汚れや傷の部分を清掃し、汚れや油分を取り除きます。
    次に、サンディングペーパーで傷の部分を研磨し、表面を滑らかにします。
    最後に、コーティング剤を塗布し、傷の部分を修復します。

自分で出来る掃除・補修、プロに依頼するメンテナンス、要所要所で判断が必要となります。

フロアコーティングの窓口の利用は非常に簡単です。

  1. 60秒の簡単入力で一括見積もり
    公式サイトの一括見積もりスタートボタンを押して一括見積もり。最短60秒の簡単入力!
  2. 届いた見積もりを比較
    最大8社から見積もりが届きます。
    あなたの条件にあった業者を選びます。
  3. 希望の業者に申し込み
    あなたのご希望の条件にあった業者を見つけたら、相談・申し込み・契約
フロアコーティング比較なら

【一括見積もりのイメージ】

簡単60秒入力で最大8社!
フロアコーティング工事の見積もり
>>フロアコーティングの窓口公式サイトへ

《参考サイト》

  • 株式会社パンケーク © pan-cake Co., Ltd.
  • 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
  • 代表取締役 楠原 悠祐
  • 公式サイト:https://floorcoating.jp/