バリアフリーリフォームを成功させるポイント:リフォーム相場、補助金を活用して費用を抑える方法

バリアフリーリフォームを成功させるポイント:リフォーム相場、補助金を活用して費用を抑える方法 バリアフリーリフォーム
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

《補助金申請強いリフォーム会社探しなら》
SUUMOリフォーム
タウンライフリフォーム

 

バリアフリーリフォーム

高齢化社会が進む日本では、自宅で安心して過ごせる環境を整えることが求められています。

その一つが「バリアフリーリフォーム」です。

バリアフリーリフォームとは、高齢者や身体に障害を持つ人が生活しやすいように、住宅内の段差を解消したり、手すりを設置したりする工事のことを指します。

しかし、リフォームは大きな費用と時間がかかるため、計画的に進めることが大切です。

この記事では、

  • バリアフリーリフォームの概要
  • バリアフリーリフォームの費用
  • バリアフリーリフォーム時の補助金の活用方法

また、よくある質問まで、詳しく解説します。

  • これからバリアフリーリフォームを考えている方
  • すでに計画を進めている方
  • 家族や友人にアドバイスを求められている方

など、多くの方々の参考になれば幸いです。

バリアフリーリフォームとは

バリアフリーリフォームとは、
高齢者や身体に障害を持つ人が生活しやすいように、住宅内の段差を解消したり、手すりを設置したりする工事のことを指します。

転倒やヒートショックなどの事故を防ぎ、自宅で安心して生活できる環境を作る目的があります。

安全性の確保
高齢者や身体に障害を持つ人が生活する上で、転倒や滑りなどの事故を防ぐために、段差の解消や手すりの設置などが行われます。
生活の快適性の向上
移動のしやすさを向上させるために、ドアの開閉方式の変更や廊下の拡張などが行われます。
また、車椅子を使用する人のために、通路の拡張やスロープの設置などが行われます。
自立支援
高齢者や身体に障害を持つ人が自立して生活できるように、トイレや浴室、キッチンなどの生活空間の改修が行われます。
将来の生活の見通し
高齢化や身体の変化に備えて、将来的に必要となる可能性のある改修を予測し、早めのリフォームを行うこともあります。

お風呂 バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームの具体的な内容

具体的な内容としては、浴室やトイレの改良、段差の解消、手すりの設置、床材の変更などがあります。

  • 段差の解消
    玄関や部屋間の段差をなくし、転倒事故を防ぎます。また、車椅子の移動を容易にします。
  • 手すりの設置
    トイレや浴室、廊下などに手すりを設置し、立ち座りや移動を支援します。
  • ドアの開閉方式の変更
    開き戸から引き戸や自動ドアへの変更を行い、ドアの開閉を容易にします。
  • 通路の拡張
    廊下やドアの幅を広げ、車椅子の移動を容易にします。
  • スロープの設置
    玄関や段差のある場所にスロープを設置し、車椅子の移動を容易にします。

高齢者や身体に障害を持つ人だけでなく、健康な人も転倒をきっかけに寝たきりになることがあります。
そのため、バリアフリーリフォームは予防の観点からも重要です。

《バリアフリーリフォームの注意点》
バリアフリーリフォームを行う際に注意すべき点は以下の通りです。

ニーズの確認
リフォームを行う人の身体の状態や生活スタイルに合った改修が必要です。具体的なニーズを明確にすることが重要です。
業者選び
信頼できる業者を選ぶことが大切です。実績や口コミ、見積もりの内容などを確認しましょう。
補助金の活用
補助金を活用するためには、申請の手続きが必要です。申請の条件や手続き方法を事前に確認しましょう。
予算管理
リフォーム費用は高額になることが多いので、予算の管理が必要です。見積もりと実際の費用の差異に注意しましょう。
メンテナンス
リフォーム後も、定期的なメンテナンスが必要です。特に水回りは、定期的な掃除やメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。

バリアフリーリフォーム:リフォーム会社の選び方・比較

バリアフリーリフォーム会社選びは、
無料見積もり・無料相談で一番理想に近い・有利な条件でリフォームが可能な会社を選び、それに尽きます

バリアフリーリフォームの場合、デザインより・機能性を重視するリフォームです。

そのため、比較サイトを中心に、複数のリフォーム施工会社から見積もりを取ることで、最適なリフォーム工事を実現できます。

まずは、多くのリフォーム会社にお問合せ・相談してみてください。

そこで、
バリアフリーリフォーム会社・業者の選び方・見極め方として

  • おすすめのリフォーム会社
  • 一括見積りサイト
  • 全国対応のリフォーム会社
  • 地場に強い地域密着店

を紹介します。

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
バリアフリーリフォーム

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望のバリアフリーリフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

リフォームの見積比較サイト【タウンライフリフォーム】

全国300社以上のリフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォーム費用の見積りやリフォームのアドバイス対応を無料でご提案するサービスです
バリアフリーリフォーム 補助金
提案力が特徴!
発想を自由に膨らませてより良いプロのアイデアを盛り込むことが可能

  • バリアフリーリフォームアドバイス・アイデア
  • リフォーム無料見積もり(費用確認)
  • リフォームプランニング

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ

 

全国800社から希望のリフォーム会社をマッチング【リショップナビ】
全国の優良おすすめリフォーム会社から金額の公開されたリフォームプランや事例を厳選して比較することが可能
バリアフリーリフォーム ビフォーアフター

  • 復数の審査項目をクリアした優良なバリアフリーリフォーム会社
  • 専門のスタッフがヒアリング後、リフォーム会社をマッチング
  • リフォーム会社情報やリフォーム事例など情報満載

>>リショップナビ公式サイトへ

 

中古マンション探しからリフォーム・リノベーションまで【マイリノ】
マイリノ(MyRENO)は、
大阪ガスマーケティング(Daigasグループ)とグローバルベイスによる、
希望のエリア・条件で中古マンションを探し、理想の間取り・内装につくりかえることができるオーダーメイドリノベーションサービスです。
バリアフリーリフォーム 費用

>>マイリノ公式サイトはコチラ

 

リフォームの見積比較サイト【リフォーム比較プロ】
全国対応、全国500社以上の業者登録
複数の優良リフォーム会社からリフォームプラン・見積をオンラインでもらえるサービス
バリアフリーリフォーム 相場

  • >最大5社まで紹介(バリアフリーリフォーム)
  • 現金5,000円キャッシュバック

>>リフォーム比較プロ公式サイトへ

 

優良工務店のリフォーム一括見積もりサービス【リフォームガイド】
累計50万人以上が利用のリフォームの一括見積もりサービス
バリアフリーリフォーム 施工例

  • バリアフリーリフォーム内容をヒアリング
  • リフォーム内容に合った会社を紹介
  • 複数のリフォーム会社の現地調査日程を調整
  • リフォーム会社への見積もり催促やお断り対応も代行

>>リフォームガイド公式サイトへ

 

見積もり比較:リフォーム会社紹介サービス【ハピすむ】
経験豊富な専門スタッフが地元の優良”おすすめリフォーム会社”を無料紹介
バリアフリーリフォーム減税

ハピすむのリフォームコンシェルジュは、

  • リフォームスタイリスト
  • インテリアコーディネーター
  • キッチンスペシャリスト
  • 福祉住環境コーディネーター

など、リフォーム(バリアフリーリフォーム)にまつわる資格保持者が多数在籍。

>>ハピすむ公式サイトへ

 

《関連ページ》
おすすめのリフォーム会社
おすすめのリノベーション会社ランキング

バリアフリーリフォームのメリット・デメリット

バリアフリーリフォームのメリット
バリアフリーリフォームのメリットは、生活の安全性と快適性を向上させることができる点です。

  • 安全性の向上
    段差の解消や手すりの設置などにより、転倒や滑りなどの事故を防ぐことができます。
  • 生活の快適性の向上
    ドアの開閉方式の変更や廊下の拡張などにより、移動のしやすさを向上させることができます。
  • 自立支援
    トイレや浴室、キッチンなどの生活空間の改修により、高齢者や身体に障害を持つ人が自立して生活できるようになります。
  • 将来の生活の見通し
    高齢化や身体の変化に備えて、将来的に必要となる可能性のある改修を予測し、早めのリフォームを行うことができます。

バリアフリーリフォームのデメリット
デメリットとしては、工事費用がかかることや、間違ったリフォームを行うと使い勝手が悪くなる可能性がある点です。

  • 費用
    バリアフリーリフォームは大きな費用がかかることが多いです。しかし、補助金や減税制度を活用することで、費用負担を軽減することが可能です。
  • 工事期間
    リフォームは時間がかかるため、工事期間中は生活に影響が出ることがあります。
  • リフォーム後のメンテナンス
    リフォーム後も、定期的なメンテナンスが必要です。特に水回りは、定期的な掃除やメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。
  • 適切な業者選び
    信頼できる業者を選ぶことが大切です。しかし、業者選びは時間と労力がかかることがあります。

《バリアフリーリフォームの流れ》

  1. バリアフリーリフォームの計画
    まずは、リフォームの目的と予算を明確にします。その上で、どの部分をどのように改修するかを決めます。
  2. バリアフリーリフォームの見積もり
    次に、リフォーム業者に見積もりを依頼します。複数の業者から見積もりを取ることで、適正な費用を把握することができます。
  3. バリアフリーリフォームの工事
    見積もりが決まったら、工事を開始します。工事中は、業者とのコミュニケーションを密に取ることが大切です。
  4. バリアフリーリフォームの完成
    工事が完了したら、最終的なチェックを行います。問題がなければ、バリアフリーリフォームは完成です。

バリアフリーリフォーム費用・相場

バリアフリーリフォームの費用は、改修する箇所や工事の内容によります。
一般的には数十万円から数百万円が目安です。

バリアフリーリフォームの相場
具体的な相場としては、トイレのバリアフリーリフォームは約20万円、浴室のバリアフリーリフォームは約50万円が目安とされています。
バリアフリーリフォームの補助金
自治体や国から提供される補助金や減税制度を活用することで、費用負担を軽減することが可能です。

《バリアフリーリフォーム費用を抑える方法》
リフォームの計画をしっかりと立て、必要な箇所と優先順位を明確にすることで、費用を抑えることができます。

  • 計画的な進行
    リフォームの計画をしっかりと立て、必要な箇所と優先順位を明確にすることで、費用を抑えることができます。
  • 見積もりの比較
    複数の業者から見積もりを取ることで、適正な費用を把握し、コストパフォーマンスの良い業者を選ぶことができます。
  • 段階的な工事
    工事は一度に全て行うのではなく、段階的に行うことで、費用を分散させることができます。

補助金の活用

自治体や国から提供される補助金や減税制度を活用することで、費用負担を軽減することが可能です。

バリアフリーリフォーム体験談・口コミ

バリアフリーリフォームを検討している方について、一番気になるのは、口コミや体験談だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・体験談などを探しました。

バリアフリーリフォーム 補助金

私の家は30年以上前に建てたもので、段差や狭い通路など、高齢になってからの生活には不便な点が多かったです。
そこで、バリアフリーリフォームを決意しました。
段差を解消し、手すりを設置したことで、安心して生活できるようになりました。
また、補助金を活用したことで、費用負担も思ったより少なくて済みました。

バリアフリーリフォーム業者

私は膝の関節が悪く、特に風呂場での立ち座りが困難でした。
そこで、バリアフリーリフォームを行い、浴室に手すりを設置しました。
これにより、風呂場での立ち座りが楽になり、安心して入浴できるようになりました。
リフォーム業者との相談を通じて、自分のニーズに合ったリフォームを実現できたことに感謝しています。

中古マンション バリアフリーリフォーム

私の母は車椅子生活を送っており、家の中での移動が難しい状況でした。そこで、バリアフリーリフォームを行い、家全体を車椅子でも移動しやすい環境にしました。
これにより、母の生活の自立が促進され、家族全体の生活の質が向上しました。
バリアフリーリフォームは、高齢者だけでなく、家族全体の生活を改善する素晴らしい手段だと感じています。

 

バリアフリーリフォームの成功のポイント

バリアフリーリフォームの成功のポイントは、具体的なニーズを明確にし、適切なプランニングと施工を行うことです。

バリアフリーリフォームを成功させるためのポイントは以下の通りです。

計画的な進行:リフォームは時間と費用がかかるため、計画的に進めることが大切です。必要な箇所と優先順位を明確にしましょう。
コミュニケーション:リフォーム業者との密なコミュニケーションを通じて、ニーズに合ったリフォームを実現しましょう。
補助金の活用:自治体や国から提供される補助金や減税制度を活用することで、費用負担を軽減することが可能です。
適切な業者選び:信頼できる業者を選ぶことで、質の高いリフォームが可能になります。

[フルリフォームの違い]
バリアフリーリフォームは、特定の箇所を改修することに重点を置いています。
一方、フルリフォームは、住宅全体を改修することを指します。

バリアフリーリフォームとフルリフォームの目的
バリアフリーリフォームの目的は、生活しやすい環境を作ることです。一方、フルリフォームは、住宅全体の機能性やデザインを向上させることが目的です。

バリアフリーリフォームとフルリフォームの費用
バリアフリーリフォームは、特定の箇所を改修するため、フルリフォームに比べて費用は抑えられます。

成功事例

ある高齢者の家では、段差を解消し、手すりを設置することで、転倒事故を防ぎ、安心して生活できるようになりました。
ある身体に障害を持つ人の家では、浴室をバリアフリー化することで、自立した生活を送ることができるようになりました。
ある家庭では、補助金を活用し、バリアフリーリフォームを行うことで、費用負担を軽減し、快適な生活空間を実現しました。
ある家庭では、リフォーム業者との密なコミュニケーションを通じて、ニーズに合ったバリアフリーリフォームを実現しました。

よくある質問・Q&A

バリアフリーリフォームの費用はどれくらいかかるの?

バリアフリーリフォームの費用は、改修する箇所や工事の内容によります。一般的には数十万円から数百万円が目安です。

バリアフリーリフォームに補助金は利用できるの?

はい、自治体や国から提供される補助金や減税制度を活用することで、費用負担を軽減することが可能です。

バリアフリーリフォームの工事期間はどれくらい?

工事期間は、改修する箇所や工事の内容によります。一部の改修であれば数日、全体の改修であれば数週間が目安です。

バリアフリーリフォーム後のメンテナンスは?

バリアフリーリフォーム後も、定期的なメンテナンスが必要です。特に水回りは、定期的な掃除やメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。

バリアフリーリフォーム:まとめ

バリアフリーリフォームは、高齢者や身体に障害を持つ人が安心して生活できる環境を作るための重要な手段です。

段差の解消や手すりの設置など、生活の安全性と快適性を向上させる工事が含まれます。

しかし、リフォームは大きな費用と時間がかかるため、計画的に進めることが大切です。

また、補助金や減税制度を活用することで、費用負担を軽減することも可能です。

この記事を通じて、バリアフリーリフォームの概要から具体的な流れ、費用の相場、補助金の活用方法などを理解いただけたことと思います。

これからバリアフリーリフォームを計画する際の参考にしていただければ幸いです。