家の傾きが気になる!家の傾きの原因と対処法。専門家・建築士への無料相談、許容範囲内と放置を解説。リフォーム費用・調べ方

家の傾きの原因と対処法。地盤沈下・液状化・軟弱地盤修正工事、現地調査無料診断や火災保険の活用法 住宅トラブル
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢・・・の再来リスクも

お住いのエリアは上がってる?

イエウールなら簡単に家の価値を確認できます。

月間2万8000人突破の定番のサイト

机上査定なら査定員が家に来ることなく査定が可能

↓ 全国対応なので気になる方は ↓

北海道
・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県
愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国
・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県
高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

貴重な1分が人生を変える1分に!
無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

家の傾きが気になる方

家の傾きは、単なる美観の問題にとどまらず、住まいの安全性や快適性に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

多くの家庭で見過ごされがちなこのトラブルは、日常生活の中で徐々に現れることが多く、早期発見と適切な対応が重要です。

本稿では、
家が傾く原因を掘り下げ、
・ドアや窓の動作異常
・壁や床のひび割れ
など、日々の生活空間で現れる傾きのサインについて解説・説明します。

さらに、
・プロによる診断の重要性
・補修方法とその費用
・地調査無料診断や補助金・火災保険の活用法
そして何よりも傾きを未然に防ぐための定期的なメンテナンスの重要性について詳述します。

安心して生活するための第一歩は、マイホームの傾きとその原因を理解し、適切な対策を講じることから始まります。

この情報が、家を長持ちさせ、安心して暮らすための一助となることを願っています。

家が傾いたら:家が傾く原因について

家が傾く原因として最も一般的なものは地盤の沈下と建築時が要因です。

これらは、家の構造的な安全性と直結しており、早期の発見と対策が不可欠です。

地盤の沈下
地盤沈下は、土地が重さに耐えられずに徐々に沈むことを指します。
これは、地下水の過度な汲み上げや、自然災害による液状化、土地の自然な変化など多様な原因によって起こります。
地盤の沈下を調べるためには、地盤調査が行われ、土壌の種類や密度、含水量などが評価されます。
沈下が発見された場合には、地盤改良工事が必要になることがあり、これには土質改良や杭打ち工事が含まれます。
建築時の問題
建築時の要因は、設計の不備や施工ミスが原因で起こることがあります。
設計図が適切でなかったり、構造計算が間違っていたりすると、建物の重心が不安定になり、傾くことがあります。
また、基礎工事の不備も家が傾く大きな原因となります。
これらの問題を事前に発見し、対策するためには施工管理が非常に重要です。
施工ミスを防ぐためには、建築基準法に基づいた適切な施工方法の遵守が求められます。

そのため適切な対応策を講じるためには、専門知識が必要です。
プロによる建築診断を受け、必要に応じて補強工事や基礎補修を行うことが推奨されます。
家の傾きは見た目だけでなく、住まいの安全性にも影響を及ぼすため、早期の発見と対策が家族の安全を守る上で不可欠です。

地盤沈下が起こる原因、無料見積もり・無料計測会社を紹介

液状化・地盤沈下・軟弱地盤修正リフォーム工事ならレフトハウジング

家の傾き

≪こんな方におすすめ≫
★傾いたマイホームの診断をして欲しい人
★低コストで傾き修理・補修をして欲しい人
★震災工事に対応している会社を探している人
>>問題は”プロ”に見てもらうのが一番です
無料現地調査で問題の原因と見積もり価格確認
全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)

家の傾きの調べ方・チェックする・家の傾き直す方法

家の傾きは、構造的な欠陥を引き起こし、最後には安全上のリスクにつながる可能性があります。

家が傾いているかどうかをチェックするには、いくつかの方法がありますが、

特に「ドアや窓の開閉チェック」と「水平器を使った傾きの測定・計測」です。
昔は、ビー玉・パチンコ玉が転がるなど語られていましたが、今、ビー玉を持っている子供はどれだけいるでしょう?!

≪ドアや窓の開閉チェック≫
ドアや窓がスムーズに開閉するかを確認することで、傾きを感知できます。

ドアや窓が固くなったり、隙間が生じたりするのは、家のフレームが歪んでいる可能性があります。

特に、建具(たてぐ)のズレや隙間は、家全体の平衡が崩れているサインです。

≪水平器を使った傾きの測定≫
水平器を使用して、家の床や壁が本当に水平であるかをチェックします。

水準器(すいじゅんき)やレーザー水平器を使い、水平と垂直が保たれているかを計測します。

測定結果に偏りがある場合、それは傾斜の兆候である可能性が高いです。

ひび割れ(クラック)、壁の変形を観察

これらのチェックに加えて、
家の外周を歩いて、ひび割れ(クラック)や壁の変形を観察することも重要です。
地面に生じた亀裂や庭の地面が不均一に沈んでいる場合は、地盤のトラブルが原因で家が傾いている可能性があります。

以上の方法で傾きを感知した場合、さらに詳細な調査と専門的な対応が必要です。
構造的な異常が疑われる場合は、建築士や構造診断士などの専門家に相談し、正確な診断と適切な修繕方法を求めるべきです。
安全な住環境を維持するためには、これらのエキスパートによる検査と維持管理が不可欠です。

関連ページ
ひび割れ(クラック)などの外壁塗装工事なら

家の傾き 補助金

家の傾きが進行している場合の対策(被害・放置のリスク)

家の傾きが進行している場合、その対策は迅速かつ効果的に行う必要があります。

最も重要なのは、問題の早期発見と適切な対応策の実施です。

[早期発見のための自己点検]
家の傾きを早期に発見するには、以下の点をチェックすることがポイントです。

ドアや窓の動作
  • 窓やドアがスムーズに開閉するかを確認します。動きにくい、または隙間ができている場合は、構造的な問題が進行しているサインです。
壁のひび
  • 壁にひび割れがないかを視覚的に検査します。特に、**構造体(こうぞうたい)**に連なる壁にひびがある場合は、専門家による評価が必要です。
床の水平性
  • 水平器やレーザー水平器を使って床の水平をチェックします。
    床の一部が沈下してしまう場合、基礎に異常が生じている可能性があります。

[緊急時の一時対応策]
住宅の傾きに気づいた際には、以下の一時対応策を講じることができます。

家具の安定化
  • 家具が倒れるリスクを減らすため、固定するか、安定した場所に移動させます。
避難計画の準備
  • 家の損傷が激しい場合、緊急避難のための計画を立て、必要に応じて避難準備を行います。
専門家の依頼
  • 傾きの原因と範囲を正確に把握するために、建築士や土木工学者に相談し、家の構造評価を依頼します。

これらの自己点検と一時対応策は、家の傾きの進行を食い止め、安全を確保するために必要な初期段階の対応です。

しかしながら、これらはあくまで一時的な対策であり、長期的な解決には専門家の診断と適切な補修が不可欠です。

家の傾きが疑われる場合は、すぐにプロに相談し、家族の安全を第一に考えた行動を取るべきです。

傾きが見つかったらどうする?

マイホームの床や柱の傾きを発見したら、以下のステップを踏んで対応することが推奨されます。

【専門家による詳細な診断】
例えば建築士や構造診断士による詳細な診断が必要になります。
専門知識を持つ方は、地盤調査を実施して土壌の状態を確認し、傾きの原因を特定します。
地盤調査では、ボーリング調査や貫入試験などの方法で土壌サンプルを採取し、土地の固さや水分量を分析します。

【補修方法とその費用】
傾きの原因が明らかになった後、補修方法とその費用の見積もりを行います。
補修方法には、基礎補強や地盤改良などがあります。
基礎補強にはアンダーピニングやベースアイソレーションといった技術が使われることがあります。
地盤改良には、セメント混合処理や砂質土の固化処理などがあります。

これらの方法は、家の傾きを直し、将来的なリスクを軽減するためには、非常に有効です。
しかし、コストはプロジェクトの規模や状況によって大きく異なるため、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。
安全で安心な住環境を維持するために、住宅の傾きには早急にかつ適切に対処することが不可欠です。

傾いた家を修正・リフォームするための費用と時間

家の傾きを修正リフォーム工事は、その範囲と方法によって費用と時間が大きく異なります。

地盤改良工事
傾きの原因が地盤沈下にある場合、地盤改良工事が必要になることがあります。
これには、ジェットグラウティングや深層混合処理などの技術が用いられ、地盤を固めるための液状のセメントなどを注入します。
この種の工事の費用は数百万円からとなることが多く、工期は数週間から数ヶ月かかる場合があります。
基礎補強工事
基礎自体に原因がある場合、アンダーピニング(基礎の下に新たな基礎を追加する工事)が行われます。
これには特殊な機材と技術が必要で、工事費用はその複雑さに応じて数百万円から上がることもあります。
工期は作業の規模によって異なりますが、数ヶ月を要することも珍しくありません。
補修工事
壁のひび割れや小さな傾きを修正するための補修工事は、相対的に低コストで短期間で完了することが多いです。
しかし、これらはあくまで一時的な対応であり、根本的な解決にはなり得ません。

これらの工事は、建築士や構造診断士による事前の診断が必須です。
診断結果に基づき、最も効果的で経済的な方法を選択し、詳細な見積もりを取ることが大切です。
また、工事を行う際には、建築基準法に準じた安全な施工が行われるよう、十分な監督体制を整えることが求められます。
安全かつ確実な家の傾き修正のためには、これらの点に細心の注意を払い、適切な業者選びが重要となります。

≪家の傾きによる影響と予防策≫
家が傾くというのは、見た目だけでなく、住んでいる人々の日常生活にも様々な影響を及ぼすことがあります。

例えば、ドアがうまく閉まらなくなったり、窓がスムーズに開かなかったりすることがあります。
これらは不便な生活の質の問題だけでなく、防犯面でのリスクも高まることを意味します。
また、家具が安定せずに倒れやすくなったり、床が不平になることで転倒の危険が増したりすることもあります。

予防策としては、建築時に行う地盤調査をしっかりと行うことが重要です。
これにより、土地の状態を把握し、必要に応じて地盤改良を行うことができます。
また、建築基準に則った確かな施工管理を行うこと、定期的な建物のメンテナンスを怠らないことも大切です。
これらには、建築士や土木工学者の知見が不可欠で、常時構造診断を行い、トラブルが見つかった場合には、適切な補修が行えるようにすることが求められます。

日常生活においては、家の傾きを感じたら、すぐに業者に相談し、可能な予防策を講じることが肝要です。
自分でできる予防策としては、重い家具を壁に固定する、定期的な家のチェックを行うなどがあります。
プロによる建築診断では、地盤調査から始まり、必要に応じて地盤改良や基礎補強などの提案がなされます。
これらの予防策と対処法により、家の傾きによるリスクを最小限に抑えることができます。

専門家の調査・メンテナンスの重要性

日頃の点検では、以下のような項目をチェックします。
★建物の外観: ひび割れや壁の変色などを確認します。
★建物の内部: 壁や床の歪み、ドアや窓の開閉のしやすさをチェックします。
★基礎: 地盤の沈下(不同沈下)による影響を確認するために、基礎部分のひび割れや隙間を調査します。
★屋根: 屋根の状態を確認し、雨漏りの可能性を調べます。
これらの点検は、自主点検として家主が行うことができます。また、プロによる点検も推奨されます。

≪メンテナンスにおける

家の傾きが気になる 健康被害の可能性・健康への影響

家の傾きは、単なる美観にとどまらず、住まいの安全性や快適性に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

多くの家庭で見過ごされがちなこの問題は、日常生活の中で徐々に現れることが多く、早期発見と適切な対応が重要です。

本稿では、
家が傾く原因を掘り下げ、
・ドアや窓の動作異常
・壁や床のひび割れ
など、日々の生活空間で現れる傾きのサインについて説明します。

さらに、
・プロによる診断の重要性
・補修方法とその費用
・地調査無料診断や補助金・火災保険の活用法
そして何よりも傾きを未然に防ぐための定期的なメンテナンスの重要性について詳述します。

安心して生活するための第一歩は、家の傾きとその原因を理解し、適切な対策を講じることから始まります。

この情報が、家を長持ちさせ、安心して暮らすための一助となることを願っています。

家が傾いたら:家が傾く原因をご解説

家が傾く原因として最も一般的なものは地盤の沈下と建築時の問題です。

これらは、家の構造的な安全性と直結しており、早期の発見と対策が不可欠です。

地盤の沈下
地盤沈下は、土地が重さに耐えられずに徐々に沈むことを指します。
これは、地下水の過度な汲み上げや、自然災害による液状化、土地の自然な変化など多様な原因によって起こります。
地盤の沈下を調べるためには、地盤調査が行われ、土壌の種類や密度、含水量などが評価されます。
沈下が発見された場合には、地盤改良工事が必要になることがあり、これには土質改良や杭打ち工事が含まれます。
建築時の問題
初期の問題は、設計の不備や施工ミスが原因で起こることがあります。
設計図が適切でなかったり、構造計算が間違っていたりすると、建物の重心が不安定になり、傾くことがあります。
また、基礎工事の不備も家が傾く大きな原因となります。
これらの事情を事前に発見し、対策するためには施工管理が非常に重要です。
施工ミスを防ぐためには、建築基準法に基づいた適切な施工方法の遵守が求められます。

これらの異常を理解し、適切な対応策を講じるためには、専門知識が必要です。
プロによる建築診断を受け、必要に応じて補強工事や基礎補修を行うことが推奨されます。
家の傾きは見た目だけでなく、住まいの安全性にも影響を及ぼすため、早期の発見と対策が家族の安全を守る上で不可欠です。

液状化・地盤沈下・軟弱地盤修正工事ならレフトハウジング

家の傾き

≪こんな方におすすめ≫
★傾いた家の診断をして欲しい人
★低コストで傾き修理・補修をして欲しい人
★震災工事に対応している会社を探している人
>>問題は”プロ”に見てもらうのが一番です
無料現地調査と見積もりで問題を確認
全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)

建物:家の傾きを直す、チェックする、対応方法

家の傾きは、構造的な問題を引き起こし、最後には安全上のリスクにつながる可能性があります。

家が傾いているかどうかをチェックするには、いくつかの方法がありますが、

特に「ドアや窓の開閉チェック」と「水平器を使った傾きの測定」です。
昔は、ビー玉・パチンコ玉が転がるなど語られていましたが、今、ビー玉を持っている子供はどれだけいるでしょう?!

≪ドアや窓の開閉チェック≫
ドアや窓がスムーズに開閉するかを確認することで、傾きを感知できます。

ドアや窓が固くなったり、隙間が生じたりするのは、家のフレームが歪んでいる可能性があります。

特に、建具(たてぐ)のズレや隙間は、家全体の平衡が崩れているサインです。

≪水平器を使った傾きの測定≫
水平器を使用して、家の床や壁が本当に水平であるかをチェックします。

水準器(すいじゅんき)やレーザー水平器を使い、水平と垂直が保たれているかを測定します。

測定結果に偏りがある場合、それは傾斜の兆候である可能性が高いです。

これらのチェックに加えて、
家の外周を歩いて、ひび割れ(クラック)や壁の変形を観察することも重要です。
地面に生じた亀裂や庭の地面が不均一に沈んでいる場合は、地盤が原因で家が傾いている可能性があります。

以上の方法で傾きを感知した場合、さらに詳細な調査と専門的な対応が必要です。
構造的な部分が疑われる場合は、建築士や構造診断士などの専門家に相談し、正確な診断と適切な修繕方法を求めるべきです。
安全な住環境を維持するためには、これらの専門家による検査と維持管理が不可欠です。

関連ページ
ひび割れ(クラック)などの外壁塗装工事なら

家の傾き 補助金

家の傾きが進行している場合の対策(放置のリスク)

家の傾きが進行している場合、その対策は迅速かつ効果的に行う必要があります。

最も重要なのは、早期発見と適切な対応策の実施です。

[早期発見のための自己点検]
家の傾きを早期に発見するには、以下の点をチェックすることがポイントです。

ドアや窓の動作
  • 窓やドアがスムーズに開閉するかを確認します。動きにくい、または隙間ができている場合は、構造的な問題が進行しているサインです。
壁のひび
  • 壁にひび割れがないかを視覚的に検査します。特に、**構造体(こうぞうたい)**に連なる壁にひびがある場合は、専門家による評価が必要です。
床の水平性
  • 水平器やレーザー水平器を使って床の水平をチェックします。
    床の一部が沈下してしまう場合、基礎に問題が生じている可能性があります。

[緊急時の一時対応策]
住宅の傾きに気づいた際には、以下の一時対応策を講じることができます。

家具の安定化
  • 家具が倒れるリスクを減らすため、固定するか、安定した場所に移動させます。
避難計画の準備
  • 家の損傷が激しい場合、緊急避難のための計画を立て、必要に応じて避難準備を行います。
専門家の依頼
  • 傾きの原因と範囲を正確に把握するために、建築士や土木工学者に相談し、家の構造評価を依頼します。

これらの自己点検と一時対応策は、家の傾きの進行を食い止め、安全を確保するために必要な初期段階の対応です。

しかしながら、これらはあくまで一時的な対策であり、長期的な解決には専門家の診断と適切な補修が不可欠です。

家の傾きが疑われる場合は、すぐにプロに相談し、家族の安全を第一に考えた行動を取るべきです。

傾きが見つかったらどうする?

家の傾きを発見したら、以下のステップを踏んで対応することが推奨されます。

【専門家による詳細な診断】
例えば建築士や構造診断士による詳細な診断が必要になります。
深い知識を持つ方は、地盤調査を実施して土壌の状態を確認し、傾きの原因を特定します。
地盤調査では、ボーリング調査や貫入試験などの方法で土壌サンプルを採取し、土地の固さや水分量を分析します。

【補修方法とその費用】
傾きの原因が明らかになった後、補修方法とその費用の見積もりを行います。
補修方法には、基礎補強や地盤改良などがあります。
基礎補強にはアンダーピニングやベースアイソレーションといった技術が使われることがあります。
地盤改良には、セメント混合処理や砂質土の固化処理などがあります。

これらの方法は、家の傾きを直し、将来的なリスクを軽減するためには、非常に有効です。
しかし、コストはプロジェクトの規模や状況によって大きく異なるため、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。
安全で安心な住環境を維持するために、住宅の傾きには早急にかつ適切に対処することが不可欠です。

傾いた家を修正するための程度に合わせた費用と時間

家の傾きを修正する工事は、その範囲と方法によって費用と時間が大きく異なります。

地盤改良工事
傾きの原因が地盤沈下にある場合、地盤改良工事が必要になることがあります。
これには、ジェットグラウティングや深層混合処理などの技術が用いられ、地盤を固めるための液状のセメントなどを注入します。
この種の工事の費用は数百万円からとなることが多く、工期は数週間から数ヶ月かかる場合があります。
基礎補強工事
基礎自体に問題がある場合、アンダーピニング(基礎の下に新たな基礎を追加する工事)が行われます。
これには特殊な機材と技術が必要で、工事費用はその複雑さに応じて数百万円から上がることもあります。
工期は作業の規模によって異なりますが、数ヶ月を要することも珍しくありません。
補修工事
壁のひび割れや小さな傾きを修正するための補修工事は、相対的に低コストで短期間で完了することが多いです。
しかし、これらはあくまで一時的な対応であり、根本的な解決にはなり得ません。

これらの工事は、建築士や構造診断士による事前の診断が必須です。
診断結果に基づき、最も効果的で経済的な方法を選択し、詳細な見積もりを取ることが大切です。
また、工事を行う際には、建築基準法に準じた安全な施工が行われるよう、十分な監督体制を整えることが求められます。
安全かつ確実な家の傾き修正のためには、これらの点に細心の注意を払い、適切な業者選びが重要となります。

≪家の傾きによる影響と予防策≫
家が傾くというのは、見た目だけでなく、住んでいる人々の日常生活にも様々な影響を及ぼすことがあります。

例えば、ドアがうまく閉まらなくなったり、窓がスムーズに開かなかったりすることがあります。
これらは不便な生活の質だけでなく、防犯面でのリスクも高まることを意味します。
また、家具が安定せずに倒れやすくなったり、床が不平になることで転倒の危険が増したりすることもあります。

予防策としては、建築時に行う地盤調査をしっかりと行うことが重要です。
これにより、土地の状態を把握し、必要に応じて地盤改良を行うことができます。
また、建築基準に則った確かな施工管理を行うこと、定期的な建物のメンテナンスを怠らないことも大切です。
これらには、専門家である建築士や土木工学者の知見が不可欠で、常時構造診断を行い、見つかった場合には、適切な補修が行えるようにすることが求められます。

日常生活においては、家の傾きを感じたら、すぐに相談し、可能な予防策を講じることが肝要です。
自分でできる予防策としては、重い家具を壁に固定する、定期的な家のチェックを行うなどがあります。
プロによる建築診断では、地盤調査から始まり、必要に応じて地盤改良や基礎補強などの提案がなされます。
これらの予防策と対処法により、家の傾きによるリスクを最小限に抑えることができます。

専門家の調査・メンテナンスの重要性・情報収集

日頃の点検では、以下のような項目をチェックします。
★建物の外観: ひび割れや壁の変色などを確認します。
★建物の内部: 壁や床の歪み、ドアや窓の開閉のしやすさをチェックします。
★基礎: 地盤の沈下による影響を確認するために、基礎部分のひび割れや隙間を調査します。
★屋根: 屋根の状態を確認し、雨漏りの可能性を調べます。
これらの点検は、自主点検として家主が行うことができます。また、プロによる点検も推奨されます。

≪メンテナンスにおけるプロの役割≫
建築士や構造診断士などの資格を持ち、建物の評価を行うことができます。
彼らは、定期的な点検を通じて、建物の劣化状況を詳細に把握し、必要なメンテナンスや修繕を提案します。
例えば、耐震診断やインフラ点検を行い、家の安全性を高める提案を行うことがあります。

プロによるメンテナンスは、単なる修繕だけでなく、将来的なトラブルを防ぐための予防策も含まれます。
例えば、清掃や排水溝の点検、さらには地盤の定期的なモニタリングなどがあります。

このように、家の維持には専門的な知識と経験が必要であり、適度なタイミングのメンテナンスと専門家のアドバイスが不可欠です。
適切なメンテナンスを行うことで、安全で快適な住環境を保ち続けることができます。

家の傾き 調べ方

よくある質問・相談内容・Q&A

家が傾いているかどうかを自分で確認するにはどうすればいいですか?

自宅で傾きを確認するには、ドアや窓の開閉がスムーズか、床や壁に水平器を使って水平か垂直かをチェックしてください。

地盤沈下とは具体的にどういう状態を指しますか?

地盤沈下は、土地が下降し、不均等に沈むことで、建物に傾斜やひび割れが生じる現象です。

家の傾き 許容範囲
例:埋立地に建つ家の沈下修正工事

建物の傾きが発見されたら、最初に何をすべきですか?

建物の傾きを発見したら、安全を確保し、専門家による診断をすぐに依頼してください。

家の基礎が傾いているとどのようなトラブルが起こりますか?

基礎が傾くと、構造的な安全性が低下し、建物の倒壊につながる可能性があります。

専門家による建物の診断にはどのくらいの費用がかかりますか?

診断費用は状況により異なりますが、数万円から数十万円が一般的です。
ただ、現地調査無料診断を行っている会社もあります。
無料診断選考会社ならレフトハウジング

地盤改良工事とはどのような工事ですか?

地盤改良工事は、地盤を固めることで建物の安定を取り戻す工事です。

基礎補強工事にはどんな方法がありますか?

基礎補強にはアンダーピニングや地盤に杭を打つなどの方法があります。

家の傾き 自律神経
アンダーピニング工法を用いて、軟弱化していない固い地盤までコンクリート杭の打ち込み

定期的な家のメンテナンスはどのくらいの頻度で行うべきですか?

家のメンテナンスは、少なくとも年に1回は専門家による点検を受けることが推奨されます。

家の傾きを修正する工事はどのくらいの時間がかかりますか?

修正工事の期間は問題の規模によりますが、小規模なものは数日、大規模なものは数ヶ月かかることがあります。

家の傾きに気づいたが、即座に修理費用を用意できない場合はどうすればいいですか?

修理費用を即座に用意できない場合は、緊急の安全対策を講じた後で、ローンや補助金などの資金調達オプションを検討してください。

家の傾きの修理に火災保険は適用されますか?

家の傾きに対する火災保険の適用は、保険契約の内容と家の傾きの原因に依存します。
通常、自然災害や突発的な事故によって生じた損害がカバーされることが多いですが、建築時の欠陥や長期にわたる地盤の沈下など、徐々に進行する原因による傾きはカバーされないことがあります。
実際に適用されるかどうかを確認するためには、保険契約の詳細を確認し、保険会社に直接問い合わせる必要があります。

家の傾きの修理に補助金・助成金は適用されますか?

家の傾きの修理に関する補助金や助成金の適用については、地域や国によって異なるプログラムが存在することが一般的です。

自治体が提供する住宅改修に関する助成金や、国が実施する耐震改修促進のための補助金制度などが考えられます。

具体的な制度の内容や適用条件を確認するためには、お住まいの地域の市町村役場や、建築に関する公的機関のウェブサイトを参照するか、直接問い合わせを行うことをお勧めします。

マイホームの傾き 何度まで許容範囲?大丈夫ですか?

家の傾きに関して「何度まで大丈夫か」という厳密な基準なく、傾きの許容度は建物の構造や使用されている材料、設計によって変わります。

しかし、建築基準法や地域の条例による規定がある場合が多く、一般的な目安は、住宅では水平状態から1/100から1/200の傾斜が許容範囲とされることが多いです。

具体的な許容度は、建物の状態を正確に評価した上で、専門家によるアドバイスを受けることが重要です。

参考ページ:住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準(国土交通省)

地盤沈下と不同沈下の違いは?

「地盤沈下」と「不同沈下」は、どちらも地盤の沈下現象を表しますが、その原因や状況によって異なります。
地盤沈下は、地盤全体が均等に沈下する現象で、建物に傾きが生じることはありません。
一方、「不同沈下」は、地盤の一部が沈下することによって、建物が不均等に沈下し、建物に傾きが生じることがあります。
不同沈下が発生する原因としては、地盤の質の違いや荷重の偏りなどが挙げられます。

家の傾き・床の傾きの測定、直す施工会社;まとめ

家の傾きは様々な原因によって引き起こされますが、早期発見と適切な対策が重要です。

この記事では、傾きのサインを見逃さないためのチェックポイントと、専門家による診断の必要性、修理方法とその費用、そして傾きを予防するための定期的なメンテナンスの大切さを説明しました。

家の傾きに気づいたら、落ち着いて適切な対処をしましょう。

そして、最も大切なのは、家を大事にし、定期的な点検を怠らないことです。

地震による液状化・地盤沈下・軟弱地盤修正工事・修理ならレフトハウジング

家の傾きを直す 費用

≪レフトハウジングの口コミ≫

これまでの大きな震災に対してレフトハウジングは、傾いた家の工事を行ってきました。
・1995年 1月(平成7年)阪神・淡路大震災
・2004年10月(平成16年)新潟県中越大震災
・2011年 3月(平成23年)東日本大震災
・2016年 4月(平成28年)熊本地震
・2018年 9月(平成30年)北海道胆振東部地震

そこで、レフトハウジングの口コミをピックアップしました。

 

家の傾き直し方
家の傾き 修理
我が家は木造の一戸建てで、もうすぐ築30年になります。
かなりしっかりと建ててくれてたようで、この30年近くの間に大規模な修繕が必要になることはありませんでした。

ただ最近になって、裏の用水路に向かって家が傾いていることが分かりました。
家の傾きに気づいたきっかけは、妻が炊事をしている姿勢に違和感を感じる、そんなことからでした。。
妻は「キッチンに立っていると左足だけが痛くなるので、いろいろ姿勢を変えている」と言うのです。
最近は私にも足の痛みや体調不良があったのですが、年齢のせいだとばかり思っていました。
すぐに近所の工務店に相談したところ、キッチンだけではなく家全体が傾いているかもしれないと言われ、レフトハウジングさんを紹介してくださいました。

レフトハウジングの担当者さんによると、用水路側の地盤に水が少しずつ染み込んでいるせいで、地盤が家の重みで変形し、少しずつその方向に引っ張られるように家が傾いている可能性が考えられるそうです。
直す方法として、地盤を強化しながら家の傾きを直すという工法を提案していただきました。
我が家に一番適していると自分でも感じましたし、担当者さんの対応もとても誠実でしたので、すぐに工事をお願いしました。

工事が終わった今では、妻の炊事する姿を後ろから見ても、背筋が伸びて姿勢が良くなっているのがはっきりと分かります。
妻は「足の痛みがなくなった」と喜んでいますし、私自身も最近は体調が明らかに回復しています。
夫婦で健康に、不安を感じずに住み続けることができるのは一見当たり前のような気もしますが、今までの私からすると爽やかな風に吹かれているように感じてしまいます。

 

家の傾き 費用

数年前からめまいや浮遊感といった健康被害・症状に悩まされていたのですが、もしかしたら家が傾いている影響では…?と感じ、この会社さんに相談したところ、調査の結果やはり傾いているとのことでしたので、工事を依頼しました。ベテランの担当者さんが丁寧に説明してくださり、様々な手続きも代行して行ってくださったので助かりました。(私の家は道路に面しており、道路使用許可などが必要になるようです)工事は無事に完了し、現在は快適な毎日を送れています。担当者さんに直接お礼を言いそびれてしまったので、こちらに口コミとして書いています。本当にありがとうございました。
Googleクチコミより

こんな方におすすめ

★傾いた家の診断をして欲しい方
★低コストで傾き修理・補修をして欲しい方
★震災工事に対応している会社を探している方
>>”プロ”に見てもらうのが一番です
無料現地調査と見積もりで問題を確認
全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)

関連ページ:レフトハウジングの口コミ
の役割≫
建築士や構造診断士などの資格を持ち、建物の評価を行うことができます。
彼らは、定期的な点検を通じて、建物の劣化状況を詳細に把握し、必要なメンテナンスや修繕を提案します。
例えば、耐震診断やインフラ点検を行い、家の安全性を高める提案を行うことがあります。

専門家によるメンテナンスは、単なる修繕だけでなく、将来的なトラブルを防ぐための予防策も含まれます。
例えば、清掃や排水溝の点検、さらには地盤の定期的なモニタリングなどがあります。

このように、家の維持にはエキスパートの知識と経験が必要であり、適度なタイミングのメンテナンスとアドバイスが不可欠です。
適切なメンテナンスを行うことで、安全で快適な住環境を保ち続けることができます。

家の傾き 調べ方

よくある質問・相談内容・Q&A

家が傾いているかどうかを自分で確認するにはどうすればいいですか?

自宅で傾きを確認するには、ドアや窓の開閉がスムーズか、床や壁に水平器を使って水平か垂直かをチェックしてください。

地盤沈下とは具体的にどういう状態を指しますか?

地盤沈下は、土地が下降し、不均等に沈むことで、建物に傾斜やひび割れが生じる現象です。

家の傾き 許容範囲
例:埋立地に建つ家の沈下修正工事

建物の傾きが発見されたら、最初に何をすべきですか?

建物の傾きを発見したら、安全を確保し、専門家による診断をすぐに依頼してください。

家の基礎が傾いているとどのような問題が起こりますか?

基礎が傾くと、構造的な安全性が低下し、建物の倒壊につながる可能性があります。

専門家による建物の診断にはどのくらいの費用がかかりますか?

専門家による診断費用は状況により異なりますが、数万円から数十万円が一般的です。
ただ、現地調査無料診断を行っている会社もあります。
無料診断選考会社ならレフトハウジング

地盤改良工事とはどのような工事ですか?

地盤改良工事は、地盤を固めることで建物の安定を取り戻す工事です。

基礎補強工事にはどんな方法がありますか?

基礎補強にはアンダーピニングや地盤に杭を打つなどの方法があります。

家の傾き 自律神経
アンダーピニング工法を用いて、軟弱化していない固い地盤までコンクリート杭の打ち込み

定期的な家のメンテナンスはどのくらいの頻度で行うべきですか?

家のメンテナンスは、少なくとも年に1回は専門家による点検を受けることが推奨されます。

家の傾きを修正する工事はどのくらいの時間がかかりますか?

修正工事の期間は問題の規模によりますが、小規模なものは数日、大規模なものは数ヶ月かかることがあります。

家の傾きに気づいたが、即座に修理費用を用意できない場合はどうすればいいですか?

修理費用を即座に用意できない場合は、緊急の安全対策を講じた後で、ローンや補助金などの資金調達オプションを検討してください。

家の傾きの修理に火災保険は適用されますか?

家の傾きに対する火災保険の適用は、保険契約の内容と家の傾きの原因に依存します。
通常、自然災害や突発的な事故によって生じた損害がカバーされることが多いですが、建築時の欠陥や長期にわたる地盤の沈下など、徐々に進行する原因による傾きはカバーされないことがあります。
実際に適用されるかどうかを確認するためには、保険契約の詳細を確認し、保険会社に直接問い合わせる必要があります。

家の傾きの修理に補助金・助成金は適用されますか?

家の傾きの修理に関する補助金や助成金の適用については、地域や国によって異なるプログラムが存在することが一般的です。

自治体が提供する住宅改修に関する助成金や、国が実施する耐震改修促進のための補助金制度などが考えられます。

具体的な制度の内容や適用条件を確認するためには、お住まいの地域の市町村役場や、建築に関する公的機関のウェブサイトを参照するか、直接問い合わせを行うことをお勧めします。

家の傾き 何度まで許容範囲?大丈夫ですか?

家の傾きに関して「何度まで大丈夫か」という厳密な基準なく、傾きの許容度は建物の構造や使用されている材料、設計によって変わります。
しかし、建築基準法や地域の条例による規定がある場合が多く、一般的な住宅では水平状態から1/100から1/200の傾斜が許容範囲とされることが多いです。
具体的な許容度は、建物の状態を正確に評価した上で、エキスパートによるアドバイスを受けることが重要です。
参考ページ:住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準(国土交通省)

家の傾き・床の傾きを直す施工会社;記事まとめ

家の傾きは様々な原因によって引き起こされますが、早期発見と適切な対策が重要です。

この記事では、傾きのサインを見逃さないためのチェックポイントと、専門家による診断の必要性、修理方法とその費用、そして傾きを予防するための定期的なメンテナンスの大切さを説明しました。

家の傾きに気づいたら、落ち着いて適切な対処をしましょう。

そして、最も大切なのは、家を大事にし、定期的な点検を怠らないことです。

地震による液状化・地盤沈下・軟弱地盤問題、修正工事・修理ならレフトハウジング

家の傾きを直す 費用

≪レフトハウジングの口コミ≫

これまでの大きな震災に対してレフトハウジングは、傾いた家の工事を行ってきました。
・1995年 1月(平成7年)阪神・淡路大震災
・2004年10月(平成16年)新潟県中越大震災
・2011年 3月(平成23年)東日本大震災
・2016年 4月(平成28年)熊本地震
・2018年 9月(平成30年)北海道胆振東部地震

そこで、レフトハウジングの口コミをピックアップしました。

 

家の傾き直し方
家の傾き 修理
我が家は木造の一戸建てで、もうすぐ築30年になります。
かなりしっかりと建ててくれてたようで、この30年近くの間に大規模な修繕が必要になることはありませんでした。

ただ最近になって、裏の用水路に向かって家が傾いていることが分かりました。
家の傾きに気づいたきっかけは、妻が炊事をしている姿勢に違和感を感じたことでした。
妻は「キッチンに立っていると左足だけが痛くなるので、いろいろ姿勢を変えている」と言うのです。
最近は私にも足の痛みや体調不良があったのですが、年齢のせいだとばかり思っていました。
すぐに近所の工務店に相談したところ、キッチンだけではなく家全体が傾いているかもしれないと言われ、レフトハウジングさんを紹介してくださいました。

レフトハウジングの担当者さんによると、用水路側の地盤に水が少しずつ染み込んでいるせいで、地盤が家の重みで変形し、少しずつその方向に引っ張られるように家が傾いている可能性が考えられるそうです。
直す方法として、地盤を強化しながら家の傾きを直すという工法を提案していただきました。
我が家に一番適していると自分でも感じましたし、担当者さんの対応もとても誠実でしたので、すぐに工事をお願いしました。

工事が終わった今では、妻の炊事する姿を後ろから見ても、背筋が伸びて姿勢が良くなっているのがはっきりと分かります。
妻は「足の痛みがなくなった」と喜んでいますし、私自身も最近は体調が明らかに回復しています。
夫婦で健康に、不安を感じずに住み続けることができるのは一見当たり前のような気もしますが、今までの私からすると爽やかな風に吹かれているように感じてしまいます。

 

家の傾き 費用

数年前からめまいや浮遊感といった健康被害・症状に悩まされていたのですが、もしかしたら家が傾いている影響では…?と感じ、この会社さんに相談したところ、調査の結果やはり傾いているとのことでしたので、工事を依頼しました。ベテランの担当者さんが丁寧に説明してくださり、様々な手続きも代行して行ってくださったので助かりました。(私の家は道路に面しており、道路使用許可などが必要になるようです)工事は無事に完了し、現在は快適な毎日を送れています。担当者さんに直接お礼を言いそびれてしまったので、こちらに口コミとして書いています。本当にありがとうございました。
Googleクチコミより

≪こんな方におすすめ≫
★傾いた家の診断をして欲しい方
★低コストで傾き修理・補修をして欲しい方
★震災工事に対応している会社を探している方
>>”プロ”に見てもらうのが一番です
無料現地調査と見積もりで問題を確認
全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)

関連ページ:レフトハウジングの口コミ