【2024年】民泊の始め方:成功への第一歩!民泊を始めるための完全ガイド:法律、手続き、運営ノウハウまで徹底解説

【2023年】民泊の始め方:成功への第一歩!民泊を始めるための完全ガイド:法律、手続き、運営ノウハウまで徹底解説 マンション投資・不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

民泊の始め方

日本国内外の観光業が拡大する中、民泊は新しい宿泊スタイルとして注目を集めています。

都市部のホテルだけでなく、地方の一軒家やアパートでも、旅行者が宿泊できる場所として提供されるようになりました。

しかし、このビジネスモデルには、始める前に知っておくべき手順や法律、そして成功の秘訣があります。

この記事では、2024年

  • 民泊を始めるための基本的なステップ
  • 民泊運営の注意点
  • 民泊成功するためのヒント

まで詳しく解説します。

民泊とは?

民泊は、文字通り「民家に泊まる」という意味を持ちます。

これは、一般の家庭が自宅の一部を旅行者などの宿泊者に提供する宿泊サービスを指します。

伝統的なホテルや旅館とは異なり、より家庭的な雰囲気や地域の文化を体験できるのが特徴です。

世界中で利用されている”Airbnb”。

所謂いわゆる民泊仲介ウェブサイトなどが有名です。

自分の家や部屋を宿泊施設として提供、

  • 部屋を貸したい人
  • 部屋を借りたい人

を仲介するサービスです。

部屋を借りたいという人は簡単に情報を検索し借りたい部屋を予約する事ができますし、
部屋を貸したい人も情報を提供していれば借りたい人からの申請があるのでそれを受けてサービスを提供する事ができます。

マンション投資 民泊

部屋を借りたい人の場合は、ホテルよりも安く宿泊する事が出来たりホストとの交流を楽しむことができます。

また、部屋を貸す人も宿泊料金の一部を収入として得ることができるようになっているほか、こちらも宿泊客との交流を楽しめるなど、それぞれメリットがあるということで世界中で利用されています。

ちなみに、民泊は、大きく分けて

  1. 家主在住型
  2. 家主不在型

の2つの形態が存在します。

家主在住型は、家主が同じ家に住んでいる形態で、ゲストとの交流が深まるメリットがあります。
一方、家主不在型は、家主が別の場所に住んでいる形態で、ゲストはまるで自分の家のように自由に過ごすことができます。

また、宿泊業・民泊の運営には、いくつかの法的なカテゴリーが存在します。

  • 旅館業
  • 民泊新法
  • 特区民泊

の3つに分けられます。

【民泊を行うための許可・認定制度】

平成30年6月の住宅宿泊事業法の施行以降は、
日本国内で民泊を行う場合には、

  1. 旅館業法(昭和23年法律第138号)の許可を得る
  2. 国家戦略特区法(平成25年法律第107号)(特区民泊)の認定を得る
  3. 住宅宿泊事業法(民泊新法)の届出を行う

などの方法から選択することとなります。

これらのカテゴリーは、運営する物件の条件や、宿泊者の受け入れ方、営業日数などによって異なる要件が設定されています。

旅館業

「旅館業」とは、伝統的な日本の宿泊業を指す言葉です。
旅館業法に基づき、宿泊者に対して宿泊施設を提供する事業を指します。
伝統的な日本の文化や風情を感じることができるため、国内外から多くの観光客が訪れます。
しかし、近年の観光業界の変化や消費者のニーズの多様化に対応するため、新しい法律や制度が求められるようになりました。

民泊新法

2018年に施行された「住宅宿泊事業法」、通称「民泊新法」は、民泊事業のルールを明確にしたものです。
この法律により、一般の住宅でも宿泊事業が可能となりました。
しかし、運営には一定の条件が設けられており、例えば、宿泊日数の制限や、自治体の条例に従った手続きが必要となります。
この法律の施行により、民泊市場は大きく拡大し、多くの人々が新しい宿泊スタイルを楽しむことができるようになりました。
住宅宿泊事業法(民泊新法)とは?

特区民泊

「特区民泊」とは、特定の地域でのみ許可される民泊の形態を指します。
これは、観光資源が豊富で、宿泊施設が不足している地域などでの宿泊需要を補うための制度です。
特区民泊では、通常の民泊新法よりも緩やかなルールが設けられており、より柔軟な運営が可能となっています。

【3つの制度比較】

旅館業法
(簡易宿所)
国家戦略特区法
(特区民泊に係る部分)
住宅宿泊事業法
所管省庁 厚生労働省 内閣府
(厚生労働省)
国土交通省
厚生労働省
観光庁
許認可等 許可 認定 届出
住専地域での営業 不可 可能
(認定を行う自治体ごとに、制限している場合あり)
可能
条例により制限されている場合あり
営業日数の制限 制限なし 2泊3日以上の滞在が条件
(下限日数は条例により定めるが、年間営業日数の上限は設けていない)
年間提供日数180日以内
(条例で実施期間の制限が可能)
宿泊者名簿の作成・
保存義務
あり あり あり
玄関帳場の設置義務
(構造基準)
なし なし なし
最低床面積、最低床面積
(3.3㎡/人)の確保
最低床面積あり
(33㎡。ただし、宿泊者数10人未満の場合は、3.3㎡/人)
原則25㎡以上/室 最低床面積あり
(3.3㎡/人)
衛生措置 換気、採光、照明、防湿、清潔等の措置 換気、採光、照明、防湿、清潔等の措置、使用の開始時に清潔な居室の提供 換気、除湿、清潔等の措置、定期的な清掃等
非常用照明等の
安全確保の措置義務
あり あり
6泊7日以上の滞在期間の施設の場合は不要
あり
家主同居で宿泊室の面積が小さい場合は不要
消防用設備等の設置 あり あり あり
家主同居で宿泊室の面積が小さい場合は不要
近隣住民との
トラブル防止措置
不要 必要
(近隣住民への適切な説明、苦情及び問合せに適切に対応するための体制及び周知方法、その連絡先の確保)
必要
(宿泊者への説明義務、苦情対応の義務)
不在時の管理業者への
委託業務
規定なし 規定なし 規定あり

参考ページ:はじめに「民泊」とは

民泊を運営するには、さまざまな法律や規制を理解し、遵守する必要があります。
特に、住宅宿泊事業法(民泊新法)は、民泊を運営するための基本的な法律となっています。
物件の条件や安全対策、近隣住民との関係など、民泊運営に関するさまざまな要件が定められています。

また、各自治体によっては、独自の条例やガイドラインが設けられている場合もあります。
これらの条例やガイドラインは、地域の特性や住民のニーズに応じて、民泊の運営方法や条件をさらに詳しく定めています。

【これまでの流れ①】

オリンピック前
海外からの観光客が増え、ホテル需要が高くなったことで、民泊がホテル不足を解決する最善策だと言われていました。

そして、多くの人は所有しているマンションだけでなく、賃貸マンションを借り民泊運用を行う人までいました。

しかし、マンションの管理組合が民泊を禁止、そして民泊新法制定により、そのハードルが高くなり民泊運営が難しくなりました。

その結果、AirBNBなどで民泊を行っていた人も一気に減りました。

民泊を始めるメリット・デメリット

脱コロナを迎え、「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」が令和5年5月8日から「5類感染症」になり、
水際対策も終了・解除され海外からの渡航者が一気に増えています。

観光業界において急速に普及してきた新しい宿泊形態”民泊”のメリット・デメリットを確認してみました。

民泊を始めるメリット
収益の増加
民泊事業を開始する最大のメリットは、もちろん収益の増加です。
特に、観光地や都市部に物件を持っている場合、高い稼働率と料金設定により、一般的な賃貸よりも高い収入を得ることが可能です。
柔軟な運営
民泊サイトを利用することで、営業日数や料金、利用規約などを自由に設定することができます。
家主のライフスタイルやビジネスモデルに合わせた運営が可能となります。
地域活性化への貢献
民泊は、地域の観光資源を活用し、地域経済の活性化に貢献することができます。
特に、観光客が少ない地域でも、魅力的な物件やサービスを提供することで、新たな観光客を呼び込むことが可能です。
文化交流の場としての機能
多くの民泊は、家主と宿泊客が直接コミュニケーションを取ることができるため、異文化交流の場としての機能も果たしています。
これにより、宿泊客はその地域の文化や生活様式を深く知ることができます。
リノベーションの機会
古い物件や使用されていない部屋を民泊用にリノベーションすることで、物件の価値を向上させることができます。
物件の資産価値の維持や向上が期待できます。
参考ページ:おすすめのリノベーション会社
新しいビジネスモデルの模索
民泊は、従来の宿泊業とは異なる新しいビジネスモデルを模索することができます。
例えば、体験型の宿泊サービスや、地域の特産品を販売するなど、多岐にわたるビジネスの展開が可能です。
低い初期投資
旅館やホテルと比べて、民泊の初期投資は比較的低く抑えることができます。
低いリスクで宿泊事業を始めることは大きなメリットです
民泊を始めるデメリット

宿泊事業を始める際の注意点と課題
その一方で、民泊には様々なデメリットや課題が存在します。

法律・規制の複雑さ
民泊を運営するためには、住宅宿泊事業法や旅館業法、各自治体の条例など、多くの法律や規制を遵守する必要があります。
これらの法律や規制は頻繁に変更されることがあり、常に最新の情報をキャッチアップする必要があります。
180日ルールとは何ですか?

「180日ルール」とは、日本の民泊新法(住宅宿泊事業法)における重要な規定の一つです。
このルールにより、民泊事業者は、1つの物件について年間180日を超えて宿泊サービスを提供することが禁止されています。
*6か月以下の懲役もしくは3万円以下の罰金

具体的には以下の点が挙げられます
☆制限の背景:この180日の制限は、住宅の供給を確保し、長期の賃貸市場を保護するために設けられました。また、近隣住民とのトラブルを防ぐ意味合いもあります。
☆自治体の裁量:一部の自治体では、この180日を下回る日数を設定している場合があります。そのため、民泊を開始する前に、事業を行う地域の条例やガイドラインを確認することが必要です。
☆違反のペナルティ:この180日ルールを遵守しない場合、罰金や事業の停止命令などのペナルティが科される可能性があります。

近隣住民とのトラブル
民泊の運営において、近隣住民とのトラブルが発生することがあります。
特に、騒音やゴミの問題、セキュリティの懸念などが挙げられます。
これらのトラブルを未然に防ぐための対策やコミュニケーションが求められます。
収益の不安定性
民泊の収益は、季節や観光地の人気、競合状況などによって大きく変動することがあります。
特に、オフシーズンや繁忙期以外の空室リスクは高まり、収益の安定化が難しくなります。
運営の手間
民泊の運営には、物件の清掃やメンテナンス、ゲストとのコミュニケーション、料金設定や予約管理など、多くの手間がかかります。
これらの業務を効率的に行うためのノウハウやシステムの導入が必要です。
安全対策の必要性
宿泊施設としての安全基準を満たすため、消防設備の設置や定期的な点検、安全対策の強化などが求められます。
これに伴うコストや手間が増加することが考えられます。
競合との厳しい競争
Airbnbをはじめとした大手民泊サイトには、多くの物件が掲載されており、ゲストを獲得するための競争が激化しています。
独自の魅力やサービスを提供することが求められます。

以上のように、民泊には多くのメリット・デメリットや課題が存在します。
特に、これらの課題を乗り越え、成功するためには、適切な知識や対策、努力が必要です。

民泊の始め方:成功するためのステップ

民泊の始め方とし、最初のステップは、適切な物件の選定です。

まず、エリア選定は非常に重要です。

観光地や交通の便が良い都市部、または静かな住宅地など、ゲストのニーズに合わせて最適な場所を選ぶ必要があります。

次に、物件の条件や設備を検討します。

例えば、Wi-Fiやエアコン、キッチン設備など、ゲストが快適に過ごせる環境を整えることが求められます。

また、リノベーションを検討することで、古い物件でも魅力的な宿泊施設に生まれ変わることができます。

【必要な手続き】
民泊を始めるためには、さまざまな手続きが必要です。
まず、冒頭で紹介した届出を行い、その後申請をして許可を取得する必要があります。

住宅宿泊事業法に基づく手続きは欠かせませんし、
各自治体によっては独自の条例やガイドラインが設けられているため、それらの要件もしっかりと確認しておく必要があります。

【運営のノウハウ】
民泊の運営には、多くのノウハウが必要です。
まず、ゲストの受け入れに関しては、予約の管理や鍵の受け渡し、さらにはゲストとのコミュニケーション方法などを考慮する必要があります。
料金設定に関しては、競合との比較や季節に応じた変動価格設定など、戦略的なアプローチが求められます。
また、トラブル対応については、事前のリスク管理や迅速な対応が必要となります。

【マーケティングと集客】
成功するためには、適切なマーケティングと集客の方法を知っておくことが重要です。
民泊サイトの利用はもちろん、SNSを活用した宣伝や、地域の観光協会との連携など、さまざまな方法でゲストを増やすことができます。
特に、AirbnbやBooking.comなどの大手サイトは、多くの宿泊者を獲得するための強力なツールとなります。
また、ゲストからの口コミやレビューを活用することで、信頼性を高めることができます。
Airbnb(エアビーアンドビー)
STAY JAPAN(ステイジャパン)
Agoda(アゴダ)
Flipkey(フリップキー)
Booking.com(ブッキングコム)
などなど

リスクと対策

民泊ビジネスは大きなチャンスを秘めていますが、同時に多くのリスクも伴います。

「リスクと対策」のセクションでは、これらのリスクを具体的に解説し、それに対する効果的な対策を提案します。
トラブルの予防から法的な問題、近隣との関係構築まで、安全かつ円滑な運営のための知識を深めましょう。

《空室リスク》
「空室リスク」は、民泊運営において死活問題です。
このリスクが高まると、期待した収益が得られない、固定費の回収が難しくなるなど、経営上の問題が生じます。

空室リスクが発生する原因

市場の飽和
同じエリアに多数の民泊施設が存在する場合、競争が激化し、宿泊率が低下する可能性があります。
季節性
観光地やリゾート地など、季節によって宿泊需要が変動する地域では、オフシーズンに空室が増えるリスクがあります。
不十分なマーケティング
適切な宣伝や広告が行われていない場合、宿泊客の獲得が難しくなることがあります。
施設の品質やサービスの低下
施設の設備や清潔さ、サービスの質が低下すると、リピーターや新規の宿泊客を獲得するのが難しくなります。
空室リスクへの対策

  • 適切な料金設定
    市場調査を行い、競合との比較を基に適切な料金を設定する。
  • マーケティング活動の強化
    SNSや民泊ポータルサイトを活用し、宿泊施設の魅力をアピールする。
  • 施設の品質向上
    定期的なメンテナンスやリノベーションを行い、宿泊客に快適な滞在を提供する。
  • 季節外のイベントやキャンペーンの実施
    オフシーズンに特別なイベントやキャンペーンを実施し、宿泊需要を喚起する。

《トラブルの事例》
民泊運営には多くのメリットがありますが、同時に様々なトラブルが発生する可能性もあります。
例えば、ゲストが物件内でのルールを守らない、物件に損傷を与える、騒音を出すなどの事例が報告されています。
また、ゲストとのコミュニケーション不足からくる誤解や、料金に関するトラブルも考えられます。

近隣住民との騒音トラブル
  • 事例:宿泊客が夜遅くまで騒ぎ、近隣住民からの苦情が相次いだ。
  • 対応策:宿泊客には事前に騒音に関するルールを明確に伝え、夜間の静かな時間帯を設定する。また、宿泊施設内には防音対策を施す。
宿泊施設の破損
  • 事例:宿泊客が部屋の家具や設備を破損させた。
  • 対応策:チェックイン時にデポジットを徴収し、破損があった場合はその費用を差し引く。また、宿泊施設の保険に加入しておく。
法律・条例違反
  • 事例:自治体の条例に従わない運営を行い、行政処分を受けた。
  • 対応策:運営開始前に、住宅宿泊事業法や自治体の条例をしっかりと確認し、適切な手続きを踏む。
宿泊客とのトラブル
  • 事例:宿泊客が予約内容と異なる部屋を提供されたとクレームをつけた。
  • 対応策:予約内容を明確にし、宿泊客とのコミュニケーションを密に取る。トラブルが発生した場合は、迅速に対応し、適切な補償を行う。
安全対策の不備
  • 事例:宿泊施設に消防設備が不足しており、火災が発生した。
  • 対応策:消防法や建築基準法に基づき、必要な消防設備を設置する。定期的な点検やメンテナンスを行い、安全を確保する。

適切な対応策や予防策を講じることで、これらのリスクを最小限に抑えることができます。
安全かつ円滑な運営のために、民泊を始める前に検討しておきましょう。

《近隣住民との関係》
民泊ビジネスを成功させるためには、宿泊客だけでなく、近隣住民との関係も非常に重要です。
特に、日本の住宅地域では、住民同士のコミュニケーションが密であるため、トラブルを未然に防ぐための対策が求められます。

事前の説明と理解の促進
民泊運営を開始する前に、近隣住民への事前の説明会を開催することで、理解を深めることができます。この際、住宅宿泊事業法や自治体の条例に基づいた運営を行うこと、騒音やゴミ出しのルールなどを明確に伝えることが重要です。
トラブルへの迅速な対応
近隣住民からの苦情や問い合わせがあった場合、迅速かつ適切に対応することで、信頼関係を築くことができます。特に、騒音やゴミの問題は、自治体ごとの条例や住民間の約款に基づいて対応することが求められます。
定期的な情報共有
民泊運営の状況や今後の予定を、定期的に近隣住民と共有することで、透明性を高めることができます。また、自治会や町内会との連携を深めることで、地域との一体感を持つことができます。
地域貢献活動の実施
地域の清掃活動やイベントへの参加、または民泊施設を活用した地域の魅力発信など、地域貢献活動を行うことで、住民との関係をより強固にすることができます。

近隣住民との関係は、民泊ビジネスの成功を左右する重要な要素の一つです。適切なコミュニケーションを取りながら、地域との共生を目指すことで、長期的な運営が可能となります。

《安全対策》
民泊物件の安全性は、ゲストにとって最も重要な要素の一つです。
特に、消防設備の設置や、緊急時の避難経路の確保など、基本的な安全対策は欠かせません。
また、ゲストの安全を確保するための対策として、物件内には非常用具や救急キットを備えることが推奨されます。
さらに、ゲストへの安全対策の説明や、緊急連絡先の提供など、細やかな配慮が求められます。
消防設備の整備
ポイント:火災は、民泊施設における最大のリスクの一つです。消防法や建築基準法に基づき、必要な消防設備を整備することが求められます。
★自動火災報知設備の設置
★非常口や避難経路の明示
★定期的な消火器の点検・交換
施設の安全確認
ポイント:宿泊客の安全を確保するために、施設の設備や構造に問題がないか定期的に確認することが重要です。
★階段や廊下の手すりの確認
★窓やバルコニーの安全対策
★建築指導課や専門家との定期的な点検
ゲストの安全対策
ポイント:宿泊客が安心して滞在できる環境を提供するための対策を講じることが必要です。
★鍵やセキュリティシステムの導入
★宿泊施設内の照明の確保
★非常連絡先の明示や緊急時の対応マニュアルの提供
地域との連携
ポイント:地域の住民や関連機関との連携を深めることで、緊急時の対応体制を強化することができます。
★地域の消防署や警察署との情報共有
★近隣住民との連絡体制の確立
★地域の安全対策イベントへの参加

安全対策は、民泊運営の基盤となる要素です。
適切な対策を講じることで、宿泊客からの信頼を得ることができ、長期的な運営を支えることができます。

新型コロナウイルスと民泊

東京オリンピック・外国人観光客増、そのタイミングで民泊が盛り上がりました。

そのため、国は法整備として民泊新法を制定し、国内の民泊整備に動きました。

しかし、そこに新型コロナウイルス「COVID-19」という世界的なパンデミックおきました。

2019年に中国武漢市で発見され、全世界に感染拡大しました。

特に観光業と宿泊業は大きな打撃を受け、民泊も例外ではなく打撃を受けました。

そもそも民泊の成功・失敗の分かれ目は、空室リスクです。

観光客減

《外国人・中国人観光客》
もともと、Airbnb‎(エアビーアンドビー)などは海外で当たり前に行われた習慣(ゲストハウス・宿泊)的なものなので、海外からの観光客の利用者が多かったのは事実です。

コロナによって、中国人だけでなく、海外からの渡航者が減り、民泊オーナーは大打撃を受けました。

ホテルも稼働率は一気に下がり、倒産(経営破綻・民事再生手続き)を判断する旅館も増えました。

WBFホテル&リゾーツ㈱: ホテルWBF東京浅草など
㈱ファーストキャビン: ファーストキャビン羽田ターミナル1など
KOSCOINN㈱: アゼリア松山など
瑞穂リゾート㈱: 上田プラザホテル、武雄センチュリーホテルなど
㈱グラッドシステムズ: 北九州第一ホテル、ホテルグラッドワン京都四条大宮、大阪シティホテル京橋など
㈱フェリーチェ: ストーク、リリーフ、フェリーチェ、イチホテルなど
㈱ビスタホテルマネジメント: ビスタホテル
ユニゾホールディングス㈱: ホテルユニゾ
まるい商事㈲: 民泊苫小牧ハスカップ
㈱自然塾: 名湯の森ホテルきたふくろう(旧 川湯国際ホテル)
など

《日本人の国内観光》
日本国内も緊急事態宣言で学校が休校、企業もオンライン・テレワークが中心となり、国内旅行自体ストップしました。

ホテル・旅館・民泊、そして旅行会社の廃業・倒産も目立ちました。

コロナウイルスによる影響 民泊

コロナウイルス、民泊オーナーの判断

民泊のリスク管理として、

  • 撤退
  • つなぎ資金
  • 事業譲渡・M&A
  • 売却

コロナを体験した民泊オーナーの判断も紹介します。

【撤退】
キャッシュが回らなくなる前に逃げることは基本です。

民泊はいつでもできます。
キャッシュが回らなくなる前であれば、多少の持ち出しであれば授業料ということで納得もいくでしょう。

【つなぎ資金】
コロナが収まるまで、つなぎ資金でとりあえず、我慢という判断をしたオーナーも。
金融機関からの融資や、不動産担保ローン・つなぎ資金の相談も。
*キャッシングは金利が高すぎるので事業主(個人・法人)向けのローンなどを検討を

【事業譲渡・M&A】
事業譲渡も選択肢の1つです。
民泊新法の許可、ビジネスモデル、賃貸契約、内装を含め、賃貸マンションでの民泊オーナーも事業として譲渡は可能です。

【売却】
不動産を所有している場合、事業譲渡に併せて不動産売却も検討の1つです。

特にローンが残っている場合、抵当権を付いているわけですから、事業譲渡額と売却を天秤にかける必要があるでしょう。

コロナによる経済環境・市場環境は大きく崩れましたが、不動産市況は、意外と持ちこたえています。
参考ページ:おすすめの不動産査定サイト

よくある質問・Q&A

民泊を始めるための基本的な条件は?

基本的には、所有する物件が住宅宿泊事業法の基準を満たしていること、そして各自治体の条例やガイドラインに従って適切な手続きを行うことが必要です。

民泊の運営に必要な許可や手続きは?

住宅宿泊事業法に基づく届出や、各自治体の条例に従った許可申請などが必要です。

民泊での収入はどのくらい?

収入は物件の場所、設備、料金設定、宿泊率などによって異なります。また、季節やイベントによっても変動します。

民泊の税金はどうなるの?

民泊からの収入は所得として課税されます。適切な帳簿の記録と、確定申告が必要です。

近隣住民からのクレームはどう対応すればいい?

まずは、クレームの内容をしっかりと確認し、誠実に対応することが大切です。また、事前に近隣住民とのコミュニケーションをとることで、トラブルを未然に防ぐことも可能です。

民泊サイトはどれがおすすめ?

AirbnbやBooking.comなど、多くの民泊サイトがあります。物件やターゲットとする宿泊者によって、最適なサイトは異なりますが、集客の観点から1つに絞る必要はありません。

トラブル時の保険は?

多くの民泊サイトでは、ホスト向けの保険が提供されています。また、個別に民泊専用の保険に加入することも可能です。

民泊の清掃はどうすればいい?

ゲストが快適に過ごせるよう、定期的な清掃と、ゲストのチェックアウト後の清掃が必要です。専門の清掃業者を利用することも一つの方法です。
くらしのマーケット(ハウスクリーニング)の定期清掃業者に依頼もおすすめです。

民泊の運営は法人として行った方がいい?

法人として運営することで、税制上のメリットや信頼性の向上が期待できます。しかし、設立や運営に関する手続きが増えるため、個人の状況に応じて検討することが必要です。

民泊物件のセキュリティはどうすればいい?

物件の入口にはセキュリティロックを設置する、室内にはセキュリティカメラを設置するなど、ゲストの安全を確保するための対策が必要です。

住宅宿泊事業を実施することができる「住宅」の定義とは

住宅宿泊事業を実施することができる「住宅」は、設備要件居住要件を満たしていることが必要です。

[設備要件について]
必要な設備
民泊を届け出る際の住宅には、以下の4つの基本的な設備が必須となります。

  1. 台所
  2. 浴室
  3. 便所
  4. 洗面設備

設置場所
これらの設備が1つの建物内に全て揃っている必要は特にありません。
同じ敷地内の異なる建物に分散して設置されていても、それらの建物が一体として使用される場合、一つの「住宅」として届け出ることが認められます。

公衆浴場等の代替使用
届け出る住宅にこれらの設備が必要であり、近隣の公衆浴場などを代わりに使用することは認められていません。

設備の多機能性
これらの設備は独立したものである必要はなく、例えばユニットバスのように一つの設備が複数の機能を持つものも許容されます。
また、一般的な機能を持つものであれば問題ありません。
例として、浴室は浴槽がなくてもシャワーがあれば、便所は和式でも洋式でも良いとされています。

[居住要件について]
対象となる家屋
届け出る住宅は、以下の条件のいずれかを満たす家屋でなければなりません。

  1. 現在、人々が日常生活を営む家屋
  2. 入居者を募集中の家屋
  3. 所有者や賃借人、転借人が随時居住するための家屋

具体的には、
☆「現に人の生活の本拠として使用されている家屋」は、継続的に特定の人が生活している家屋を指します。短期的な使用は含まれません。
☆「入居者の募集が行われている家屋」は、民泊事業を行う間に、購入や賃貸の形で入居者を募集している家屋を指します。しかし、不適切な広告などで入居者の募集の意図が見られない場合、この条件を満たすとは認められません。
☆「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」は、定期的にその所有者などが使用する家屋を指します。ただし、新築の投資用マンションのように、一切の居住履歴がない場合は、この条件を満たすとは認められません。

 

無断で民泊を運営している人を見つけたらどうすればいいですか?

マンションで民泊を禁止していなくても、届け出制となっている以上、届け出なしで民泊は問題です。

例えば、区分マンションを所有し、賃貸として貸し出している場合、借主が民泊を行っていたら?
マンションの住民が気づき、管理組合(管理人)に連絡が行き、不動産賃貸管理会社もしくはオーナーに連絡が入るという流れでしょう。
管理人が、警告の書面位は掲示・告知してくれるかもしれませんが責任は大家であるあなたです。

民泊の始め方:まとめ

民泊ビジネスは、新しい収入源として、また異文化交流の場として非常に魅力的です。

しかし、その背後には多くの手続きや法律、そして運営のノウハウが必要です。

この記事では、民泊を始める際の基本的な手順や法律、成功のためのポイント、リスク管理を紹介しました。

民泊は近隣住民やゲストとの関係を大切にし、持続的なビジネスとして続けるための努力が必要です。

適切な知識と準備を持って、あなたも成功する民泊経営者となることを願っています。

《おすすめサイト》
民泊管理バンク
民泊管理バンクは全国対応のオーターメイド型民泊運営代行会社です。
月額19,800円から依頼可能で、月額の民泊運営コストを下げたい方におすすめです。