【空き地活用】空き地を太陽光発電に利用するなら:太陽光発電ビジネスで収益化!メリット・デメリット・成功のポイントと注意点

【空き地活用】空き地を太陽光発電に利用するなら:太陽光発電ビジネスで収益化!メリット・デメリット・成功のポイントと注意点 太陽光発電 空き地
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

太陽光発電 空き地

現代社会では、地球温暖化対策・持続可能なエネルギー源の確保(エネルギー問題)が急務とされています。

そんな中、空き地を利用した太陽光発電は、環境に優しく、経済的にも魅力的な選択肢として注目されています。

クリーンなエネルギー源として、発電時のCO2排出量が少ないだけでなく、燃料費がかからずランニングコストも安いという魅力的な特徴を持ちます。

しかし、太陽光発電を設置するには、広い土地が必要というイメージが先行しがちです。

そこで今回は、空き地を有効活用した太陽光発電に焦点を当て、そのメリットや注意点、成功のポイントなどを詳しく解説します。

太陽光発電とは?

太陽光発電は、屋根などに「太陽電池モジュール」という名前のパネルを設置して、太陽の光を電気エネルギーに変換する技術です。

この方法で発電することで、通常時だけでなく停電時にも電気を利用できるため、停電対策にもなります。

さらに、発電して余った電気は電力会社に売ることもでき、自宅で消費して電気代を節約することもできます1。

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも普及しており、環境への負荷が少ないため、多くの国で導入が進んでいます。

これからも太陽光発電は、持続可能なエネルギー源として注目されている分野でもあります。

空き地に太陽光発電のメリット・デメリット

空き地太陽光発電は、メリットとデメリットを理解した上で、慎重に検討することが重要です。

空き地に太陽光発電を設置するメリットとしては、まず再生可能エネルギーを利用することによる環境への貢献、不活用地を収益化できる点、そして太陽光発電の運用による電気代の節約が挙げられます。
一方、デメリットとしては、初期投資が大きいこと、日照条件や地域によって発電量に差が出ること、長期的なメンテナンスが必要になることがあります。

太陽光発電のメリット

新たな収益源の創出

太陽光発電で発電した電力を電力会社に売電することで、新たな収益源を確保できます。

売電単価は地域や時期によって異なりますが、一般的に1kWhあたり20円~30円程度です。

1kWのシステムで年間約1,000kWh発電した場合、年間2万円~3万円の収入を得ることができます。

太陽光発電 空き地

エネルギー自給自足の推進

自宅で発電した電力を使用することで、電力会社への依存度を低減し、災害時にも安心です。

太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせることで、夜間や停電時にも電力を供給することができます。

環境への貢献

CO2排出量が少ないクリーンなエネルギーで、環境保全に貢献できます。

太陽光発電は、発電時にCO2を排出しないため、地球温暖化対策に有効な手段です。

土地の有効活用

遊休地を有効活用することで、土地の価値を高めることができます。

太陽光発電を設置することで、固定資産税が軽減される場合もあります。

太陽光発電のデメリット

採算性

初期投資費用が大きいため、十分な広さの土地と日当たりが良好な場所が必要です。

一般的に、10kW以上のシステムを設置するには、60坪以上の土地が必要とされています。

また、太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの設備費用に加え、設置工事費や電気工事費なども必要となります。

法令遵守

太陽光発電事業を始めるには、様々な法令を遵守する必要があります。主な法令は以下の通りです。
★電気事業法
★建築基準法
★都市計画法
★農地法
これらの法令に基づき、必要な許可や届出を行う必要があります。また、地域によっては、独自の条例に基づいて規制が設けられている場合もあります。

契約

太陽光発電事業を始めるには、電力会社と売電契約を結ぶ必要があります。売電契約には、売電単価や期間などの条件が定められています。

また、土地を貸す場合は、土地貸借契約を締結する必要があります。土地貸借契約には、賃料や期間などの条件が定められています。

トラブル

太陽光発電事業を運営する上で、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。
★自然災害による設備の破損
★盗難
★騒音問題
★景観問題
これらのトラブルに備えて、保険に加入したり、対策を講じたりしておくことが重要です。

十分な調査・検討を行い、専門家への相談も活用しながら、採算性、法令遵守、契約、トラブル対策などをしっかりと行いましょう。

太陽光発電 空き地

太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害

全国各地の太陽光発電所で、銅線ケーブルなどが盗まれる被害が急増しています。

太陽光発電所では、多くの銅線が電力を送電するために使用されており、これが盗難の対象になります。
盗難によって発電所は運転を停止させることが必要になり、修理や交換には時間と費用がかかります。

対策としては、セキュリティシステムの強化、監視カメラの設置、警備の厳重化などが行われていますが、完全に防ぐことは難しい状況です。

このため、保険でのカバーを検討する等の検討も必要です。
参考ページ:茨城や栃木など5県で2億7000万円の被害
ソーラージャーナル

空き地で太陽光発電ビジネス時の費用と補助金

空き地を有効活用して太陽光発電ビジネスを始める場合、初期投資費用、ランニングコスト、売電収入、収益性などを考慮する必要があります。
費用効果とROI(投資収益率)の計算等

《初期投資費用》
初期投資費用は、主に以下の項目で構成されます。

  • 太陽光パネル
  • パワーコンディショナー
  • 設置工事費
  • 電気工事費
  • その他: 諸雑費、許可申請費用、保険料など

合計すると、1kWあたり約50万円~90万円が初期投資費用の目安となります。10kWシステムの場合、500万円~900万円程度の初期投資が必要となります。

売電収入は、発電量と売電単価によって決まります。
発電量は、日照時間や設置場所の条件によって左右されます。
売電単価は、電力会社や時期によって異なりますが、1kWhあたり16円程度が目安です。

補助金の活用は?

太陽光発電システムの設置には多くの地域で政府や地方自治体からの補助金が利用可能です。

初期投資の負担を軽減し、プロジェクトの経済的な実現可能性を高めることができます。

地方自治体の補助金
地方自治体によっては、太陽光発電の導入を促進するために補助金を提供している場合があります。具体的な補助金の内容や条件は、各自治体ごとに異なります。

再生可能エネルギー特別税制
再生可能エネルギーの導入に対して税制上の優遇措置がある場合があります。
税金の軽減を受けることができます。

環境保護団体やNPOからの支援
環境保護団体やNPOは、再生可能エネルギーの普及を支援するために補助金や助成金を提供していることがあります。

補助金の詳細や申請条件は、地域によって異なるため、具体的な情報はお住まいの地域のエネルギー政策や地方自治体のウェブサイトを参照することをお勧めします。

太陽光発電:立地選定のポイント

太陽光発電の立地選定における重要なポイントはいくつかあります。

まず、日照条件が良好であることが必須です。
日照時間が長く、日陰となる建物や木が少ない場所が理想的です。

また、土地の傾斜も考慮する必要があります。
南向きの傾斜があると、太陽の位置を最大限に利用できるため、発電効率が向上します。

さらに、アクセスの良さも重要です。
設備の建設やメンテナンス時に機材を運びやすいことが必要です。

日照量

太陽光発電は、太陽光をエネルギー源とするため、日照量豊富な場所を選ぶことが重要です。
一般的に、年間日射量1,400kWh/㎡以上が望ましいと言われています。
国土地理院の「太陽光発電適正地図」などを参考に、日照量を調査しましょう。

設置場所

太陽光パネルを設置する場所は、平坦で障害物がない場所を選びましょう。
南向きに設置することで、発電効率を最大限に高めることができます。
また、日陰になる建物や樹木がないかどうかも確認が必要です。

土地形状

土地形状は、設置場所の選定だけでなく、必要なパネル枚数や設置方法にも影響します。
複雑な形状の土地では、パネルの配置が難しくなる場合があり、発電効率が低下する可能性があります。

電力網への接続

発電した電力を電力網に送るためには、送電線への接続が必要です。
送電線までの距離が長い場合は、送電ロスが発生し、発電効率が低下する可能性があります。

地域住民への配慮

太陽光発電を設置する際には、地域住民への配慮も重要です。
景観を損なわないように設置したり、騒音対策を講じたりする必要があります。

太陽光発電活用・設置に実績の会社比較

そこでオススメしたいのが、
土地活用の一括提案サイトの活用です。

それが、タウンライフ土地活用です。

聞いたことありますか?

タウンライフ土地活用は、空いている更地や眠っている遊休地などの土地活用を提案するサイトです。

変形地形の土地を活用したい、税金対策でアパート経営をしたいなどのリクエストに施工会社・プラン提案・資料請求ができるサイトです。

・「近隣の太陽光に実績のある会社
・「太陽光発電設置の費用・見積り比較
・「補助金・助成金を活用

無料相談で、特殊物件に強い不動産のプロに相談、一括請求できるので、家にいながら簡単に比較が可能です。
もちろん無料
太陽光発電 トラブル

タウンライフ土地活用の活用です。

《ここが違う》

通常の一括資料請求サイトのような、
資料が届いて終わりではなく、あなたのニーズや目的に一番最適なプランの提案・相談に乗ってくれます。

疑問、質問がサクサク解決していくため、
施工業者の絞り込みまでがスムーズです。

太陽光発電 土地活用

”タウンライフってどんな会社?

「タウンライフ土地活用」はタウンライフ株式会社が運営しています。

空き家を太陽光発電に

タウンライフ土地活用をはじめ、タウンライフ家づくり、タウンライフリフォーム、タウンライフ不動産売買など、不動産を中心とした多角的なメディアサービスを提供しています。

見積もり依頼件数累計40万件を突破の人気サイトです。

土地活用に強い、優良会社が登録されているため、安心して利用することが可能です。

簡単申し込み

①公式サイトから、↓の画像のように”太陽光発電等”をチェックし送信

太陽光発電 土地 トラブル

太陽光発電にチェック

②土地の情報・名前・メアド等を入力し、
太陽光発電に強みのある会社一覧が表示されるため、気になる会社を選んで送信

太陽光発電 空地活用

気になる会社を選んで送信

2・3分の簡単登録です。

太陽光発電を検討している都道府県は?

《太陽光発電に強みのある施工業者を探してみる》
今申し込めば、早いところでは当日(時間によっては翌日)に、売却プランの提案がもらえます。

*お知らせ
昨日、申し込みが完了しなかった方、最後の項目の会社一覧にチェックを入れて送信で完了になります。

まずは、一括提案で情報収集してみてください。

お住いの都道府県は?

参考サイト:まとめ

タウンライフ株式会社
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー40階
【PR】タウンライフ土地活用