賃貸暮らしで老後は大丈夫?老後に必要な生活費・持ち家と賃貸どっちがいいの?老後、賃貸は借りられない?

賃貸暮らしで老後は大丈夫?老後に必要な生活費・持ち家と賃貸どっちがいいの?老後、賃貸は借りられない? 不動産賃貸・シェアハウス

老後 賃貸暮らし

老後の住まいを考える際、

  • 持ち家
  • 賃貸

どちらが良いのか迷う方は多いと思います。

人生100年時代と言われる今、老後の住まい選びは非常に重要な問題となっています。

年金収入や老後資金、ライフスタイルの変化など、多くの要因を考慮しながら最適な選択をする必要があります。

《老後の家の在り方:持ち家?vs賃貸?》
ひと昔前までは、

  • 定年が60歳・退職金も計算できる
  • 年金支給は60歳から
  • 平均寿命80歳

などから、老後の人生設計の計算が立てやすいものでした。

しかし 、現状・今後は、

  • 定年は60歳も退職金をもらえない人の割合も増加?
  • 年金支給が65歳でとどまるか?それ以上になる可能性も。
  • 平均寿命、90歳は通過点か?

など、医療費に関しては今後も手厚いかもしれませんが、老後の設計において不透明な部分が多いのは想像がつくと思います。

今の年金制度になったのは1959年。

  • 1959年の平均寿命は65歳で、11.2人に1人で老人を支える計算でした。
  • 2015年の平均寿命は80歳で、2.2人に1で老人を支える計算です。

当初の年金の意味合いは、60歳から5年からの保障的な存在だったとも言えます。

これが意味するものは?

この記事では、

  • 老後の賃貸と持ち家
  • 老後の賃貸暮らしのメリット・デメリット

を詳しく解説し、実際の体験談をもとに、読者が明確な判断を下せるようサポートします。

《このページのポイント》

老後の賃貸住まい・契約と手続きの難しさは以下になります
  • 高齢者への差別
    残念ながら、一部の大家や不動産業者は高齢者をリスクと見なし、契約を避ける傾向があります。
    年齢による収入の減少や健康問題(孤独死等)を理由に、契約を断られることもあります。
  • 高齢者向け物件の不足
    バリアフリー設計や高齢者の生活をサポートする設備を持つ物件は、需要に比べて供給が少ない現状です。
    適切な物件を見つけるのは難しく、また、その物件の家賃が高価になることもあります。
  • 保証人の問題
    多くの賃貸物件では、契約時に保証人が必要とされます。
    高齢者の場合、同世代の友人や親族が保証人として適切でない、または保証人を立てることが難しい場合が多く、このため、保証会社を利用する必要が出てくるが、それに伴う追加の費用が発生します。
  • 必要書類の手続き
    年金収入の証明や健康状態の証明など、高齢者特有の書類が求められます。
  • 緊急時の対応
    高齢者の場合、緊急時の対応が必要となることが考えられます。
    例えば、急な体調不良や事故など。その際の連絡先や、物件の管理会社・大家とのコミュニケーションがスムーズに行えるかどうかは、契約前に確認しておくべきポイントとなります。

老後 賃貸暮らし

老後の住まいは賃貸?持ち家?

日本の生活習慣を考えると
昔は、長男が家を継ぎ、他の兄弟は実家の近くに家を持ち、家族の絆の強さ保ちながら時代を乗り切ってきました。

しかし、核家族化が進み実家すら誰も継がない事態、空き家問題にも発展しています。

とはいえ、高齢社会・平均寿命は80歳を超え、人生100年時代とも言われるようになってきました。

となると、家の考え方も必然的に問題となってきます。

まずは、
老後の住まいは賃貸がいいのか?持ち家がいいのか?

メリット・デメリットを確認してみました。

【持ち家のメリット・デメリット】
持ち家は資産としての価値があり、ローン完済後の住居費が軽減されます。

メリット

  • 資産形成: 持ち家は資産としての価値があり、将来的に売却や相続の選択が可能。
  • 住居費の安定: ローン完済後は、家賃のような月々の支払いがなくなる。
  • リフォームの自由度: 自分の好みやニーズに合わせて、自由にリフォームや改築ができる。

デメリット

  • 維持費: 修繕費や固定資産税、管理費などの維持費が継続的に発生。
  • ローン返済の負担: 住宅ローンの返済がある場合、一定期間の金銭的な負担が続く。
  • 災害のリスク: 災害によって、住宅ローンが残ったまま、その場所に住めなくなった場合、出費が倍増します。
  • 流動性の低さ: 急な移動や生活の変化に対応するのが難しい。

【賃貸のメリット・デメリット】

メリット

  • 初期費用の軽減: 持ち家のような大きな頭金やローンの必要がない。
  • 住み替えの自由度: 生活の変化や好みに合わせて、容易に住み替えが可能。
  • 物件のメンテナンス: 大家さんや管理会社が物件のメンテナンスを行ってくれる。

デメリット

  • 家賃の継続的な支払い: 毎月の家賃支払いが継続的に発生。
  • 資産形成の難しさ: 家賃は経費となり、資産としての価値が形成されにくい。
  • リフォームの制約: 物件の大幅な改築やリフォームが難しい場合がある。
持ち家では、自分の所有物件であるため、リフォームや改築の自由度が高いメリットがあります。
好みやライフスタイルの変化、家族構成の変動に合わせて、部屋の間取りや設備を変更することが容易です。
一方、賃貸物件の場合、大幅なリフォームや壁の取り払いなどは、大家さんの許可が必要となります。

賃貸老後後悔

住宅すごろく(双六)

「住宅すごろく(住宅双六)」という言葉を聞いたことあるでしょうか?

住宅すごろくは死語という人もいるかもしれません。

住宅すごろくを簡単に説明すると
昔は夢のマイホームとして、”庭付き一戸建て”を持つことが一家の主としての目標でもありました。

  • 四畳半アパートで一人暮らし
  • 結婚して賃貸マンション暮らし
  • コンパクトな分譲マンション購入
  • 家族が増えて広め(3LDK)のマンション購入
  • 庭付き一軒家の購入

とステップアップしていくのが、不動産神話と共に現実的な時代でした。

ちなみに、私(両親)の場合は田舎だったのでマンションなどはなく、

  • 借家から始まり
  • 中古の一軒屋を購入
  • 10年後に建替え

という形で、小さな庭のある一軒屋に変わっていきました。

バブル崩壊前は、日本の不動産価格が右肩上がりだったため、住み替えによって資産価値高めることが出来たことが要因です。

40年間の歴史を見れば

  • 不動産バブル
  • バブル崩壊
  • リーマンショック
  • アベノミクス相場
  • 東日本大震災
  • 新型コロナウイルス

など、不動産価格は大きく下がる局面が増え、
持ち家として持ち続けることが出来ない人も少なからずおり、資産形成の形も多様化・難易度も上がっています。

老後の生活費と住まい

老後の生活において、年金だけでは賃貸の家賃を払い続けるのは厳しい現実があります。

年金は、多くの高齢者にとって主要な収入源です。

しかし、近年の公的年金の受給額の減少や、受給開始年齢の引き上げなど、老後の収入が不安定になる要因が増えています。

このような背景の中で住居費は老後の生活費の中で大きな割合を占めています。

持ち家の場合、ローンが完済していれば住居費は大幅に削減できます。
賃貸の場合、家賃の支払いが継続的に発生するため、年金収入だけでは賄いきれない可能性があります。
参考ページ:老後破産とは

《老後資金の確保方法》
老後の住まいとして賃貸と持ち家を考える前提として、老後の資金をどう確保するのか?

大きな問題です。

老後の生活費を確保するための方法として、リースバックや不動産の売却など資金を確保する方法は以下になります。

不動産の売却
持ち家や土地を売却し、その資金を老後の生活資金に充てることが可能です。
リースバック
自宅を売却し、そのまま賃貸として住み続ける方法も選択肢の1つです。
関連ページ:リースバックとは
資産運用
株や投資信託などの金融商品を利用して、資産を増やすことも可能です。
50代の資産運用・不動産投資
年金制度の活用
iDeCoや厚生年金などの年金制度を活用します。

人生100年時代、60歳定年を考えた場合、残りの人生40年分の資金が必要です。

当たり前ですが、現役時(正社員・サラリーマン時)のような給料は期待できません。

そのため、現役の段階で老後に向けた資産運用は重要で、その1つとして不動産投資が注目されています。

老後の生活のための不動産投資とは?

本来、不動産投資は、家賃を生活費の一部として期待・計算するものです。

しかし、利回りやローン返済を考えた場合、特に老後の資金作りとしての不動産投資は、家賃収入を期待するものではありません。

  • サラリーマンという肩書で金融機関から融資を受ける
  • 家賃収入は、ローン返済に充てる
  • 定年時にはローン完済を目指す

現役中は、何のメリットも感じない投資ですが、
ローン返済が終われば、月10万円程度の家賃収入は、生活費の補填になります。

家賃収入としてのインカムゲインだけでなく

不動産売却益を期待するキャピタルゲイン

また、自分自身が居住するという選択も可能です。

  • 【参考サイト】
    4000万円を損しないお金の対策術

多くの日本人は、何も気づかず、4000万円を使わずに捨ててしまっています。
この意味、分かりますか?

詳細はアセットジャパン”公式サイトで

Amazonn ギフト券”10,000円分”プレゼント中

参考ページ
Amazonギフト券(アマギフ)が貰える不動産投資キャンペーン
おすすめの不動産投資会社

老後賃貸か持ち家か

少し古いですが、国土交通省の調査結果として
朝日新聞デジタルで以下を見ました。

 国土交通省は、全国のマンション管理組合と居住者を対象とした2018年度の調査結果を公表した。
マンションに「永住する」と答えた割合は63%に上り、1980年度の調査開始以来、過去最高となった。
マンションを「終の棲家」と捉える住民が増えている実態が明らかになった。

調査は国交省が約5年に1度実施。18年度は11~12月に調査し、管理組合1688件、居住者3211件から回答を得た。

 「永住するつもり:終の棲家」と答えた居住者は前回調査(13年度)より10ポイント増の63%と、調査が始まった80年度(22%)の3倍弱に増加した。「いずれは住み替えるつもり」と答えた割合は17%(前回比1ポイント減)で、過去最低だった。

今、マンションを持っている人が、マンションに「永住する」と答えた割合は63%。

時代時代でその考え方は変わります。

2018年となると超低金利時代、住宅ローンに一切不安のなかった時代です。

変動金利上昇の局面となると、売却を進める人も多くなるため、アンケート結果は変わるかもしれません。

とはいえ、老後の生活への不安は、資金管理は難しい時代になっています。
*年功序列・終身雇用のシステムは薄くなり、計画も難しくなっています。

生活破綻を防ぐためのポイント

【老後の住家にかかる数字】

  • 都心の1LDK(45㎡)の賃貸の場合、
    賃料は15万円程度(年間180万円):*2年に1度更新(1年7万5000円/更新料1ヵ月分の場合)
    年間の家賃:187万5000円
  • 中古マンションを購入し現役中に住宅ローンを完済の場合、
    築35年時の管理費・修繕費:4万円、固定資産税が年間10万円。
    年間の出費:58万円
90歳までの30年間払い続けると考えると・・・・。
賃貸:187.5万円×30年(360か月)=6750万円
持ち家:58万円×30年(360か月)=2088万円

100歳までの40年間払い続けると考えると・・・・。
賃貸:187.5万円×40年(480か月)=9000万円
持ち家:58万円×40年(480か月)=2784万円

老後の住まいにかかる費用は
賃貸と持ち家で大きな差がうまれるわけです。

老後の生活費の計算方法や資産運用には注意点が必要です。

老後の生活破綻を防ぐためには、以下のポイントが重要となります。

  • 収支のバランス
    収入と支出のバランスを常に把握し、生活費の計算を定期的に行う必要があります。
  • 資産の適切な運用
    資産を適切に運用し、収入を増やす努力をする必要があります。
  • 無駄な支出の削減
    不要な支出を見直し、節約意識を持つことが重要です。
  • 健康管理
    高齢になると医療費が増加するため、日常の健康管理もポイントです。

老後の賃貸住まい・契約と手続き

残念ながら、一部の大家や不動産業者は高齢者をリスクと見なし、契約を避ける傾向があります。

年齢による収入の減少や健康問題を理由に、契約を断られることも多々あります。

また、多くの賃貸物件では、契約時に保証人が必要となります。

高齢者の場合、同世代の友人や親族が保証人として適切でなく、または保証人を立てることが難しい場合があります。

このため、保証会社を利用する必要がありますが、それに伴う追加の費用が発生します。

ちなみに、賃貸契約を結ぶ際の基本的な注意事項は以下になります

  • 契約内容の確認
    契約書の内容をしっかりと読み、理解すること。
    特に、家賃の支払い方法や契約期間、更新料についての記載を確認します。
  • 敷金・礼金
    敷金や礼金の金額、返却条件を確認します。
  • ペットの飼育
    ペットを飼っている場合、ペット可の物件を選ぶか、大家さんとの相談が必要です。
  • 契約解除時の条件
    契約を途中で解除する場合のペナルティや条件の確認も必要です。

賃貸暮らし 老後

地域や立地の選び方

老後の住まい選びにおいて、地域や立地は非常に重要な要素となります。

医療施設のアクセス
病院やクリニックが近くにあることは、高齢者にとって安心感をもたらします。
公共交通の利便性
車を持たない高齢者にとって、公共交通のアクセスは生活の利便性を高めます。
生活施設の充実
スーパーマーケットや銀行、郵便局など、日常生活に必要な施設が近くにあることは、生活の質を向上させます。
老後は一人暮らし?子供と?

一人暮らしの高齢者は、日本の高齢化社会の中で増加しています。

このライフスタイルのメリット・デメリットは、

  • 自分のペースで生活できるため、ストレスが少ない。
  • 一人暮らしのため、孤独感を感じることがある。
  • コミュニティの形成や趣味の活動が重要になる。
  • 万が一の事態に備えて、緊急連絡先の整備や安全対策が必要。

などになります。

《子どもとの同居や近居》

老後に子どもと同居する、または近くに住むことは、多くの高齢者にとって安心感をもたらす選択となります。

  • 生活費の共有や、物件の維持費の負担軽減など、経済的なメリットがあります。
  • 日常の家事や健康管理など、生活のサポートが受けられます。
  • 家族とのコミュニケーションが増え、孤独感を軽減できます。

老後の高齢者向けの賃貸物件

高齢者に特化した賃貸物件は、近年増加傾向にあります。

これらの物件は、以下のような特徴を持ちます。

  • バリアフリー: 段差のない設計や手すりの設置など、高齢者の生活をサポートする設備が整っています。
  • 安全対策: 防犯カメラの設置やオートロックなど、安全面に配慮された設計となっています。
  • コミュニティ形成: 共有スペースの提供や、住民同士の交流を促進するイベントが開催されることも。

住み替えや引越しのタイミング

老後の生活変化に合わせた住み替えや引越しのタイミングの考え方も事前に意識しておく必要があります。

  • 健康状態
    高齢になると、健康状態の変化が引越しの大きな要因となります。
    早めの移住を検討することで、引越しの負担を軽減できます。
  • 生活環境の変化
    子どもの独立や配偶者の死など、生活環境の大きな変化があった場合、新しい生活環境を求めての引越しを考えることがあります。

老後 賃貸暮らしの口コミ・体験談

老後 賃貸暮らしについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

クチコミサイト、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・体験談などを探しました。

老後の住まい 賃貸

私は独身で、老後は一人暮らしを想定しています。
持ち家はあるのですが、メンテナンス費用や固定資産税の負担が重く感じるようになり、賃貸に移ることを検討しています。
賃貸ならば、生活の変化に合わせて引越しもしやすいと感じています。

老後 賃貸 家賃

私たちは夫婦二人での生活を想定して、都心部のマンションを購入しました。
しかし、子どもたちが遠くに住んでいることや、将来的な健康面を考慮して、郊外の賃貸物件に移ることを決意しました。
賃貸ならば、必要に応じてバリアフリーな物件を選ぶことができるのが魅力です。

老後 持ち家

私たちは孫と三人で暮らしています。
持ち家の一戸建てに住んでいましたが、老後の生活費や修繕費のことを考えると、賃貸の方が安心できると感じました。
現在は、高齢者向けの賃貸物件に住んでおり、生活が非常に快適です。

関連公式サイト
ゆとりある老後生活費 :厚生労働省
高齢者の家計:総務省統計局

 

趣味やライフスタイルに合わせた住まい

趣味や生活スタイルに合わせて物件を選ぶポイント。

老後の生活は、趣味やライフスタイルに合わせて住まいを選ぶことで、より充実したものとなる。

趣味の活動: 趣味に関連した施設やサークルが近くにある場所を選ぶ。
ライフスタイル: 散歩やガーデニングなど、日常のライフスタイルに合わせた物件や環境を選ぶ。

【火災保険の重要性】
火災保険は、賃貸物件に住む際の必須の保険となります。
火事や水漏れなどの事故による損害を補償するもので、入居者の安心のために加入します。
また、多くの大家さんや管理会社では、火災保険の加入を契約条件としている場合が多い。

よくある質問・Q&A

老後は賃貸と持ち家、どちらが経済的に有利ですか?

これは個人の経済状況やライフスタイル、将来の計画によります。
持ち家の場合、固定資産税や維持費がかかりますが、家賃の心配はありません。
賃貸の場合、家賃や更新料が発生しますが、物件の維持やリフォームの負担は少ないです。

持ち家を持っているが、老後に売却して賃貸に移るのは賢明ですか?

売却による資金を老後の生活費や趣味に使いたい、または家の維持が大変である場合、賃貸に移ることを検討する価値があります。
参考ページ:家の査定はコチラ

高齢になった場合、賃貸契約を更新するのは難しくなりますか?

一般的には、家賃の支払いが遅れない限り、更新に問題は生じません。
しかし、物件や大家さんによっては高齢を理由に、入居時の審査が厳しくなる場合があります。

持ち家のローンが残っているが、老後は賃貸に移るべきですか?

ローンの返済と、老後の生活費を考慮して判断する必要があります。
賃貸に移ることで生活費が軽減される場合、移住を検討する価値があります。

老後の賃貸物件選びで重視すべきポイントは何ですか?

バリアフリー設計、医療施設へのアクセス、公共交通の利便性、周辺の生活施設の充実度などが考慮されるべきポイントです。

持ち家のメンテナンス費用と、賃貸の家賃を比較すると、どちらが高くなりますか?

これは物件の大きさや立地、築年数などによります。
一般的に、持ち家のメンテナンス費用は長期的に見ると高くなることが多いです。

高齢者専用の賃貸物件と通常の賃貸物件、どちらがおすすめですか?

高齢者専用の物件は、高齢者の生活をサポートする設備やサービスが提供されていることが多いので、安心して生活できます。

老後の住まいを考える上で、最も重要な要因は何ですか?

健康状態やライフスタイル、経済状況など、個人の状況に合わせて最も重要な要因を選ぶ必要があります。

老後の賃貸生活は経済的に大丈夫なのでしょうか?

回答: 老後の賃貸生活の経済的な負担は、年金収入や貯蓄、その他の収入源によって異なります。家賃や生活費を考慮した上で、収支のバランスをしっかりと計算することが重要です。

高齢者向けの賃貸物件とはどのようなものですか?

回答: 高齢者向けの賃貸物件は、バリアフリー設計や安全対策が施されており、高齢者の生活をサポートする設備やサービスが提供されています。

老後の賃貸契約で保証人がいない場合はどうすれば良いですか?

回答: 保証人がいない場合、保証会社を利用することで賃貸契約が可能となることが多いです。保証会社は、一定の保証料を支払うことで、保証人の代わりとなるサービスを提供しています。

老後の賃貸生活での引越しは難しくないですか?

回答: 高齢になると、物理的な負担や新しい環境への適応が課題となることがあります。しかし、適切な引越し業者を選ぶことや、新しい住環境を事前に確認することで、スムーズな移行が可能です。

老後 賃貸暮らし:まとめ

老後の住まい選びは、将来の生活設計や資金計画を考慮して慎重に選ぶ必要があります。

賃貸と持ち家、それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分のライフスタイルや家族構成、経済状況に合わせて最適な選択をしましょう。

また、実際の体験談を参考にして、自分の状況に近いケースを見つけ、より具体的なイメージを持つことができたと思います。