マレーシア不動産投資のメリットデメリットを解説:購入リスク・日本との利回り比較、マレーシア移住を検討の方にもおすすめ情報

マレーシア不動産投資のメリット・デメリット:アジアの不動産投資はどこがいい?おすすめ投資エリア マレーシア不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

マレーシア不動産投資

アジアの中でも急速に経済成長を遂げるマレーシア。

その中心にあるのが、首都クアラルンプールやペナン、ジョホールバル、KLCC周辺などの都市部での不動産開発です。

多くの日本人投資家・富裕層もこの波に乗り、マレーシアの不動産市場に足を踏み入れています。

安定した経済、外国人にも優しい投資環境、そして高いキャピタルゲインの期待。

この本記事では、マレーシアの不動産投資における魅力やメリット・デメリット・リスク、そして実際の体験談。良い口コミ、またよくある質問まで徹底解説します。

《マレーシアの経済背景》
マレーシアの経済は、過去数十年にわたり、持続的な成長を遂げてきました。

マレーシアのGDP推移(名目GDP)
2020年:14,166
2021年:15,454
2022年:17,913
(単位:億リンギット)

この成長の背景には、

  • 資源豊富な国土
  • 製造業の発展
  • 政府の経済政策

などが挙げられます。

石油やゴム、パームオイルなどの輸出が経済の大きな柱となっています。

政府は外国からの投資を積極的に受け入れ、経済の多角化を進めてきました。

《外資・外国投資の増加》
近年、マレーシアは外国からの直接投資の増加を見せています。

これは、政府が提供する税制上の優遇措置や、ビジネス環境の整備が影響しています。

特に、製造業やサービス業、IT関連の産業が外国企業の投資先として注目されています。

これにより、多くの国際的な企業がマレーシアに進出し、現地での事業展開を進めています。

《若い労働力》
また、マレーシアの人口構成は、若年層が多く、教育レベルが高いことが特徴です。

この若い労働力は、経済の活力を支える大きな要因となっています。

政府は教育の充実を図り、高い教育レベルを持つ労働者を増やす努力をしています。

このような若くて教育を受けた労働力は、多様な産業の発展や、新しいビジネスチャンスの創出に貢献しています。
マレーシア不動産投資

【通貨の安定】
マレーシアリンギット(RM)は、アジア通貨危機以降、比較的安定した動きを見せています。
中央銀行の適切な通貨政策や、外国為替の管理、そして経済の健全な成長が、通貨の安定に寄与しています。
この安定した通貨環境は、外国からの投資を促進し、経済のさらなる成長をサポートしています。

マレーシア不動産投資のメリット・デメリットを解説 投資の際の購入価格・利回り・キャピタルゲイン

マレーシアの不動産は、高い利回りを期待できると言われています。

マレーシアの不動産市場は、他の先進国やアジアの国々と比較しても、非常に高い利回りを誇っています。

特に、クアラルンプールやペナンなどの都市部では、新築のコンドミニアムやアパートメントの賃貸需要が高まっており、これが高い家賃収入をもたらしています。

また、物件価格が比較的手頃であるため、初期投資を抑えつつ、安定した収益を期待することができます。

《不動産購入手続きの簡易さ》
マレーシアの不動産取得は、外国人にも比較的簡単に行うことができます。

国:マレーシア政府も、外国人の不動産投資を奨励・後押し

以前、カンボジアの不動産投資を紹介しましたが、
マレーシア政府も、外国人の不動産投資を奨励しており、特定の条件下では、外国人でも土地や一戸建ての物件を購入することが可能です。

また、多くの不動産エージェントが外国人向けのサービスを提供しており、言語や文化の壁を乗り越えて、スムーズな取引を進めることができます。

課税・税制のメリット

マレーシアには、不動産投資家に有利な税制が整備されています。

例えば、特定の期間内での物件売却に対するキャピタルゲイン税が免除されるケースがあります。

また、賃貸収入に対する税率も比較的低く設定されており、これにより投資家はより多くの利益を手元に残すことができます。

マレーシアでの不動産投資の種類・特徴 東南アジアの不動産を購入方法・物件選び

マレーシアの不動産市場は、都市部の高層コンドミニアムから、リゾート地のビラ、田舎の一戸建てまで、非常に多様な物件が存在します。

このような多様性は、投資家が自身の投資戦略や目的に合わせて、最適な物件を選ぶことを可能にしています。

また、新しい開発プロジェクトも続々と進行中であり、最新の設備やデザインを持つ物件を取得するチャンスも豊富です。

《投資物件の種類》

コンドミニアム
  • 特徴: 都市部に多く、共用施設(プールやジム)が充実しています。
  • 投資のポイント: 高い賃貸需要と、手軽な管理が魅力です。
一戸建て
  • 特徴: 個人の住宅や、リゾート地のヴィラとして人気です。
  • 投資のポイント: 賃貸やバケーションレンタルとしての需要が高い特徴があります。
タウンハウス
    特徴: 複数の住戸が一つの建物にまとまっている集合住宅です。
    投資のポイント: 中間層向けの賃貸需要が見込まれています。

オフィスビル
商業施設
    特徴: ビジネスエリアやショッピングモール内に位置します。
    投資のポイント: 長期の賃貸契約や、安定した収益が期待できます。

マレーシア不動産投資 メリット

マレーシア不動産投の注意点 おすすめ人気エリア・観光客向けの宿泊施設やリゾート物件

マレーシアの不動産投資において、地域の選定は非常に重要です。

首都クアラルンプールはビジネスの中心地であり、高い賃貸需要が期待できますが、住宅価格も比較的高めです。

一方、ペナンやジョホールバルは観光地としての魅力があり、リゾート物件の投資が注目されています。

また、各地域の将来的な開発計画やインフラ整備の進行状況も考慮する必要があります。

投資目的や期間、予算に応じて、最適な地域を選定することが求められます。

《おすすめのエリア》

クアラルンプール (KL)
  • 特徴: マレーシアの首都であり、ビジネスの中心地。高層ビルやショッピングモールが立ち並びます。
  • 投資のポイント: 高い賃貸需要と、都心部の物件価格上昇が期待されています。
ペナン
  • 特徴: 歴史的な建物や美しいビーチが魅力の観光地です。
  • 投資のポイント: 観光客向けの宿泊施設やリゾート物件の需要が高いのが特徴です。
ジョホールバル
  • 特徴: シンガポールに近く、経済的な発展が進む地域です。
  • 投資のポイント: 新しい開発プロジェクトが多く、物件価格の上昇が期待されています。
モントキアラ
  • 特徴: クアラルンプールの高級住宅地で、多くの外国人が居住しています。
  • 投資のポイント: 高級物件の需要が高く、安定した家賃収入が期待できます。

1:現地の法律・規制

情報収集と理解が必要・約3000万円

マレーシアには、不動産取得や賃貸事業に関する独自の法律や規制が存在します。

外国人の物件取得には、一定の最低購入価格(100万リンギット・約3000万円)が設定されている場合があります。

また、賃貸事業を行う際には、特定のライセンスや許可が必要となることもあります。

これらの法律や規制を遵守しないと、罰金や業務停止などのペナルティが科される可能性があるため、十分な情報収集と理解が必要です。

マレーシア不動産投資 デメリット

2:管理会社の選定

現地の信頼・相談できる管理会社

物件の管理は、投資の成功を左右する重要な要素です。

特に、遠隔地での投資の場合、現地の信頼・相談できる管理会社とのパートナーシップは不可欠でしょう。

管理会社の選定に際しては、その実績や評判、提供するサービスの内容や料金、コミュニケーションの取りやすさなどを確認することが重要です。

3:資金計画の策定・リスク低減

不動産投資には、物件の購入費用だけでなく、修繕費や管理費、税金などのランニングコストも考慮する必要があります。

これらの費用を予測し、長期的な資金計画を策定することで、安定した運用を実現することができます。

また、物件の売却時期や方法、資金の回収方法なども計画に盛り込むことで、投資全体のリスクを低減することができます。

マレーシア不動産の将来展望 これから投資をしたい方へ

マレーシアは、東南アジアの中でも経済の成長が著しい国の一つです。

これは、製造業、サービス業、IT産業などの多角的な発展に支えられています。

特に、デジタルエコノミーの推進や、ハイテク産業の育成が政府の重要な政策となっており、これにより新しい雇用の創出や外国からの投資が促進されています。

また、マレーシアは地理的にも中国やインド、中東との中継地点としての役割を果たしており、これが経済のさらなる成長を後押ししています。

デジタルエコノミーとは?

マレーシア・デジタルは、企業、人材、投資を奨励・誘致し、同国の企業や国民が世界のデジタル経済で主導的役割を果たすことを目指した政府主導の国家戦略的イニシアチブで、MDECを通じて同国の通信・マルチメディア省(K-KOMM)が推進しています。
マレーシアのデジタル能力を強化し、デジタル経済を後押しすることを目指しています。
参考ページ:科学技術振興機構

《インフラの整備》
近年、マレーシア政府は国内のインフラ整備に力を入れています。

特に、交通インフラの拡充が進められており、新しい高速道路や鉄道路線の建設が進行中です。

これにより、都市間の移動が容易になり、ビジネスや観光の活性化が期待されています。

また、電力や水道、通信インフラの近代化も進められており、これがビジネス環境の向上や生活の質の向上に寄与しています。

観光業の発展

観光業の発展が、リゾート物件の需要を増加させます。

マレーシアは、その多様な文化、美しい自然環境、そして歴史的な遺産を持つ国として、世界中からの観光客を引きつけています。

熱帯雨林、美しいビーチ、そして都市部のモダンなショッピングモールやレストランは、多様な観光体験を提供しています。

政府は観光業の重要性を認識しており、国の経済成長の柱として位置づけています。

そのため、観光インフラの整備やプロモーション活動、そして観光関連のイベントやフェスティバルの開催を積極的に推進しています。

これにより、年々増加する観光客数が確認されており、特にアジア圏からの観光客が増加しています。

また、エコツーリズムや文化観光、医療ツーリズム(医療観光)など、新しい観光の形態も積極的に推進されています。

これらの取り組みにより、観光業は今後もマレーシア経済の成長を支える重要な分野として発展していくことが期待されています。

マレーシアの不動産投資の成功事例・体験者の声をご紹介

マレーシア不動産投資を検討している人について、一番気になるのは、体験談や口コミだと思います。

クチコミサイト、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、体験談・口コミなどを探しました。

マレーシア不動産投資 不動産会社

クアラルンプールに不動産(コンドミニアム)を購入

クアラルンプールの中心部にコンドミニアムを購入しました。最初は観光目的で訪れたマレーシアですが、その魅力に取り憑かれ、投資を決意。物件価格も日本に比べて手頃で、購入後の管理も現地の管理会社にお任せしています。今後の価格上昇を楽しみにしています。

マレーシア不動産投資 体験談

日本とは違った魅力

ペナンの海沿いの新築物件を購入。
観光地としても人気のエリアなので、高額ですが、賃貸としても高い収益を期待しています。
マレーシアの物件は、日本とは違った魅力があり、投資としても生活としても満足しています。

マレーシア不動産投資 ブログ

ジョホールバルのショッピングモール近くの物件を購入。
シンガポールとの近さも魅力で、ビジネスマンや観光客の宿泊需要が見込めるエリア、シンガポール人の投資家の割合も多いエリアです。
初めての海外不動産投資でしたが、現地のエージェントのサポートもあり、スムーズに取引を進めることができました。


関連ページ:
シンガポール不動産投資のメリット・デメリット
名目GDP(単位:百万シンガポールドル):2021(569,364)、2022(643,546)
人気エリア・物件の選び方・外国人投資家の制限などを紹介
シンガポールのショッピングとエンターテインメントの中心地。オーチャードロード沿いには多くのショッピングモールが立ち並ぶ

よくある質問・Q&A:疑問・悩み・不安を解決・注意点

融資・ローンの利用、価値上昇・高利回りを狙える理由

アジアの不動産投資として、マレーシア以外にどこがおすすめですか?

アジアには多くの国々があり、それぞれの国には不動産投資の魅力や特徴があります。
マレーシア以外でのおすすめの不動産投資先として、以下の国々を挙げます

  • タイ
    タイは観光業が非常に盛んで、特にバンコク、チェンマイ、プーケットなどは多くの外国人観光客が訪れます。このため、リゾート物件や都市部のコンドミニアムの需要が高まっています。
    注意点: タイには外国人の土地所有に関する制限があります。コンドミニアムの場合、建物全体の所有権の60%以上がタイ国民のものでなければならないというルールがあります。
  • ベトナム
    ベトナムは近年、経済成長が著しく、特にホーチミン市やハノイでは不動産市場が活発になっています。新興市場としての魅力と、比較的安価な物件価格が投資の魅力となっています。
    注意点: 外国人の土地所有は制限されていますが、最近の法改正でコンドミニアムの購入や長期リースが容易になってきました。
  • フィリピン
    マニラやセブなどの都市部でのコンドミニアム投資が人気です。特に、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業の発展により、中間層の購買力が増加しています。
    注意点: フィリピンも外国人の土地所有には制限がありますが、コンドミニアムの購入は可能です。
    参考ページ:フィリピン不動産投資のメリット・デメリット
    フラッグシティパートナーズ(フィリピンの不動産投資に強み)
  • インドネシア
    ジャカルタはビジネスの中心地として、バリ島は観光地としての魅力があります。特にバリ島では、リゾート物件の投資が注目されています。
    注意点: インドネシアでは外国人が直接土地を所有することはできませんが、長期リースや現地の法人を通じた投資が一般的です。
  • カンボジア
    プノンペンやシェムリアップは経済の成長が続いており、不動産市場も活発化しています。外国人の土地所有が比較的容易な点も魅力の一つです。
    注意点: 急激な物件価格の上昇や都市部の供給過剰が懸念される場面もありますので、十分なリサーチが必要です。

これらの国々は、経済の成長や観光業の発展、外国からの投資の増加など、多くのポテンシャルを持っています。しかし、各国には独自のリスクや規制も存在するため、投資を検討する際には十分なリサーチと専門家のアドバイスが必要です。

外国人はマレーシアで不動産を購入できますか?

はい、外国人もマレーシアで不動産を購入することができますが、一定の条件や最低購入価格が設定されている場合があります。

マレーシアの物件の平均価格はどれくらいですか?

物件の価格は地域や物件のタイプ、築年数などによって異なります。都市部では価格が高くなる傾向があります。

マレーシアの不動産の利回りはどれくらいですか?

都市部の一部では、年間の利回りが3%〜5%程度となっている場所もありますが、物件や地域によって異なります。

税金や管理費はどれくらいかかりますか?

物件の価格や種類、地域によって税金や管理費は異なります。具体的な金額は物件の詳細や管理会社によっても変動します。

マレーシアの不動産の将来的な価値上昇は期待できますか?

経済の成長やインフラの整備、観光業の発展などから、一部のエリアでは将来的な価値上昇が期待されています。

マレーシアでの不動産の購入手続きは複雑ですか?

一般的には、他の国に比べて手続きは比較的シンプルです。しかし、専門家やエージェントとの協力が推奨されます。

マレーシアの不動産を遠隔で管理することは可能ですか?

はい、多くの管理会社が遠隔での物件管理サービスを提供しています。

マレーシアのローン・融資を利用しての物件購入は可能ですか?

外国人でもマレーシアの銀行からローンを受けることは可能ですが、条件や金利は金融機関ごとに異なります。

マレーシアの不動産市場のリスクは何ですか?

物件の選定ミス、地域の経済状況の変動、法律や規制の変更などが主なリスクとして挙げられます。

マレーシアでの不動産投資のメリットは何ですか?

高い利回り、物件価格の手頃さ、税制のメリット、経済の成長などが主なメリットとして挙げられます。

日本人におすすめ:海外不動産・日本との比較

賃貸・市場評価

マレーシアの不動産投資が人気な理由は何ですか?

マレーシアの不動産投資が人気な理由は、主に以下の5つが挙げられます。

  1. 価格の安さ
    マレーシアの不動産は、日本の不動産と比べると非常に安価です。
    日本の首都圏でワンルームマンションを購入しようとすると、数千万円かかりますが、マレーシアの首都クアラルンプールであれば、1000万円以下で購入できる物件も少なくありません。
  2. 高い利回り
    マレーシアの不動産は、高い利回りを期待できるというメリットもあります。
    日本の不動産の利回りはせいぜい1~2%程度ですが、マレーシアの不動産であれば、5~6%の利回りを期待できます。
  3. 人口増加
    マレーシアの人口は、今後も増加していくと予想されています。
    人口が増加すれば、住居の需要も増加するため、不動産価格の上昇が期待できます。
  4. 経済成長
    マレーシアは、近年経済成長が著しい国です。
    経済成長が続けば、賃金も上昇し、不動産の需要も増加していくと考えられます。
  5. 観光立国
    マレーシアは、観光立国として知られています。
    観光客が増加すれば、賃貸住宅の需要も増加するため、不動産投資のメリットが大きくなります。

関連ページ:フィリピン不動産投資

高利回りの狙えるフィリピン不動産投資のメリット・デメリット
人口・エリア分析、コンドミニアム投資・プレビルドなどの種類を紹介

プレビルドとは?
「プレビルド」や「プレセリング」とは、物件がまだ建設されていない、または建設中の段階で販売されることを指します。
この方法での購入は、完成後の市場価格よりも低い価格で物件を手に入れることができる可能性があります。
そのため、投資家にとってはキャピタルゲインを期待しての投資として魅力的と言えます。

マレーシアで不動産投資のお問い合わせ:記事まとめ マレーシア移住でも

財団法人ロングステイ財団の調査によると
海外ロングステイ希望先・移住先ランキングで
タイ・ハワイ・オーストラリア・ニュージーランド・フィリピンを抑えて1位のマレーシア。
生活拠点にする人・マレーシア移住の方が多い国です。

政治と治安がそれなりに安定し、お隣シンガポールの行き来も楽などメリットが多いため、
マレーシアの不動産投資は、アジアでの投資先として非常に魅力的な選択肢となっています。

安定した経済基盤、成長する中産階級、そして観光業の発展など、多くの要因がこの国の不動産価格の上昇を後押ししています。

しかし、一時期は世界的に割安のエリアとして注目されてきましたが、
現状、価格自体も上昇し、また投資はリスクも伴いますので慎重に様々な観点からチェックする必要があります。

現地の法律や規制、物件の選び方、そして資金計画など、しっかりとした知識と情報が必要です。

この記事を参考に、マレーシア不動産投資の新しいチャンスを掴む一助としてください。