シノケンの評判口コミ:アパート経営の特徴や入居率はどう?不動産投資の悪い口コミの真意を紹介・解説(シノケンプロデュース)

アパート経営(シノケンプロデュース)の評判・口コミ:アパート経営実績、首都圏から地方都市までの成功事例と投資の魅力 シノケン アパート経営

シノケン アパート経営 口コミ

現代社会は「人生100年時代」とも称され、長寿化が進む中で老後の資金計画はこれまで以上に重要性を増しています。

多くの人々が、定年後の安定した収入源を模索し、将来への不安を解消する方法を探しています。

アパート経営は、多くの投資家が安定した利益・収益を目指して取り組む不動産投資の一つです。

こうした状況の中、シノケンプロデュースのアパート経営は、
会社員層にも取り組み易いアパート投資を提唱し私的年金としての家賃収入、団体信用生命保険による安全な投資の枠組み、そして長期に渡る資産価値の保持を通じて、賢明な資産形成の道を提供します。

シノケングループは1990年の創業以来、新築アパート経営のパイオニアとして、大手の安心感、業界で不動の地位を築き上げています。

そのシノケンプロデュースは、

  • 土地がなくても
  • 自己資金が少なくても

アパート経営が可能であるというキャッチフレーズを掲げ、独自のシステムと、資産形成を目的とした不動産投資を提案しています。

本記事では、シノケン アパート経営について、メリット・デメリット、最新の口コミ・体験談、よくある質問まで徹底解説したいと思います。

アパート経営を検討しているなら
投資用アパートメントの企画、マーケティング、自社開発、建築、販売
管理戸数:47,000戸以上(2023年12月末現在)
入居率:98.56%(2023年年間平均/自社企画開発物件)
シノケンプロデュース公式サイトはコチラ

『シノケン アパート経営』とは? 人生100年時代を見据えるシノケングループの不動産投資会社

シノケンプロデュースは、不動産投資の一環としてのアパート経営を提案しています。

不動産投資には、
区分マンション投資、戸建て投資、ビル投資などありますが、
資産運用として、アパートは非常に効果的です。

投資は、人生100年時代を見据えた戦略的な資産形成手法として、近年多くの注目を集めています。

このビジネスモデルは、特に老後の安定した収入源を求める会社員層にとって、魅力的な投資手段の一つです。

収益物件としてのアパートを所有する事

私的年金:入居者からの月々の家賃収入

老後の生活を支えるためには、退職後も継続して収入を得られる手段が不可欠です。
平均寿命の延伸により、退職後の生活期間が長くなる事を考慮すると、年金収入だけでは不十分な場合が多く見受けられます。
ここで注目されるのが、アパート経営による家賃収入です。

家賃収入は、不動産から定期的に得られる収益であり、まさに「私的年金」と呼ぶにふさわしい特性を有します。
収益物件としてのアパートを所有する事により、オーナーは入居者からの月々の家賃を収入として確保することができます。

この収入は、退職金や公的年金と合わせて、老後の資金計画において重要な役割を果たします。

シノケンプロデュース

団体信用生命保険による保障

アパート経営では、通常、購入資金の一部を金融機関からの融資によって賄います。

この際、多くの場合「団体信用生命保険(団信)」に加入することになります。

団信とは、融資(木造アパート・融資期間35年等)を受ける個人が万一の事態に見舞われた際に、ローンの残債を保険で清算する制度です。
これにより、オーナーが亡くなった場合でも、遺族にローンの負担が残ることなく、無借金の不動産を相続することが可能となります。

この保険制度は、リスクヘッジとして非常に有効であり、オーナー本人だけでなく、家族の経済的安定にも寄与します。

加えて、資産価値の高い不動産を担保にしており、金融機関にとっても信頼性の高い取引となるため、融資を受けやすい環境(金利優遇)が整っています。

参考ページ;住宅ローンの団信とは?団体信用生命保険

現物資産・賃貸住宅の獲得

アパート経営の大きな魅力の一つに、「現物資産の獲得」が挙げられます。

具体的には、アパートと土地です。

ローンの返済を完了すると、大家さんは無借金でこれらの不動産を所有することになります。

不動産は、その価値がインフレによる貨幣価値の下落の影響を受けにくいという特徴を持っています。

これは、資産価値が長い期間にわたって保持される可能性が高いことを意味しており、将来的な資産価値の増加(キャピタルゲイン)にも寄与することが期待されます。

また、不動産は「実物資産」としての具体性を持ち、株式や債券などの「金融資産」とは異なり、物理的な価値を有することが特徴です。

これにより、経済環境の変化に強い堅牢な投資対象となり得ます。

アパート経営においては、土地の選定(地盤調査)から建物の設計、施工、賃貸管理まで一貫して行うことで、資産価値の最大化を図ることが可能です。
シノケンでは、これらのプロセスにおいて豊富な経験と専門知識を活かし、オーナー様が安心して資産運用ができるよう支援を行っています。

加えて、不動産投資は土地や建物に直接投資を行うため、「レバレッジ」を効かせることができる点も大きな魅力です。
つまり、オーナーは比較的少ない自己資金で大きな資産を手に入れることが可能であり、これがローンの返済を終えた後には無借金の資産として手元に残ることになります。

アパート投資ならシノケンプロデュース width=

アパート経営・アパート投資なら”シノケンプロデュース” 入居率、設備、保証制度

シノケンプロデュースが提供するアパート経営のサポート体制は、忙しい会社員・公務員にとっての安心と収益性を最大化することを目的としています。

その核となるのが、デザイン性、好立地の優位性、充実した設備、そして万全な保証制度です。

デザイナーズアパート
シノケンのアパートは、単なる住居スペースを提供するに留まらず、その土地の特性を活かしたデザイン性(グッドデザイン賞受賞)の高いアパートを用意しています。
デザイナーズアパートは、敷地の形状や周囲の環境に合わせて設計され、一棟一棟がオリジナリティ溢れる外観と機能性を備えています。
これにより、見た目の美しさだけでなく、住む人の使い勝手を考慮した設計が、高い入居率(低い空室率)を実現し、結果として安定した家賃収入をオーナーにもたらしています。
駅近立地の物件選定
立地は不動産選定において最も重要な要素の一つであり、特に賃貸アパートにおいてはその傾向が強いです。
シノケンでは、主要都市の駅徒歩10分圏内という利便性のよい場所・条件を満たす物件のみを選定し、入居者にとっての利便性を確保しています。
この「駅近物件」により、通勤・通学・買い物といった日常生活の利便性が高まり、入居希望者にとっての魅力が増します。
これは、長期的な視点に立った資産価値の維持・向上に寄与し、不動産投資のリスクを抑える戦略的な取り組みと言えるでしょう。
充実した設備とサービス
不動産経営において、設備の充実は入居者を惹きつける大きなポイントです。
シノケンは、サーモ水栓、温水洗浄便器、シャンプードレッサー付き洗面化粧台といった高グレードな設備を標準装備としています。
これらの設備は、入居者の生活の質を向上させるだけでなく、アパートの競争力を高め、入居率の安定に貢献しています。
万全な保証制度
不動産経営のリスクを最小限に抑えるためには、万全な保証制度が不可欠です。
シノケンは、初回満室保証や家賃滞納保証、さらには土地・建物の保証といったオーナーが安心して経営に臨める様々な保証制度を設けています。
例えば初回満室保証では、新築アパートが完成し、賃貸市場に出された際に、初めての入居者が全室埋まるまでの期間、家賃収入を保証するというものです。
これにより、オーナーは入居者募集の初期段階においても収益の不安を抱えることなく、安定した経営を行うことが可能となります。

また、家賃滞納保証に関しては、入居者が家賃を支払えない状況になった場合に、シノケンが一定期間家賃を補填します。
これにより、オーナーは入居者の経済状況に左右されず、確実なキャッシュフローを維持することができるのです。

安定した収益を生み出す3つの保証制度

シノケングループは、1990年の創業以来、土地選定から企画、設計、施工、そして賃貸管理まで、賃貸住宅経営に関する一連のプロセスを独自の一貫した方法でサポートしています。

また、全国賃貸住宅新聞が発表する「賃貸住宅に強い建設会社ランキング」で、9年連続で日本全国第1位を獲得していることからも、その実績と信頼性、高いレベルで顧客満足度がうかがえます。

そのシノケンのアパート経営における重要な特徴は、3つの保証制度にあります。

100%初回満室保証
アパート経営開始直後から収益が入るよう、初回の入居が満室になるまで家賃を100%保証
6ヶ月の家賃滞納保証
万が一、入居者様からの家賃のお支払いが遅れた場合、シノケンが最長6ヶ月、100%家賃を保証
土地・建物保証
シノケンがご提供する全ての土地・建物には、建物については10年間、土地については20年間の保証
 
シノケンは、不動産投資の分野でその名を轟かせる企業として、多くの投資家から信頼を寄せられています。

その背後には、堅実な経営基盤と、投資家のニーズに応えるサービスがあります。

シノケンが選ばれる理由(上場・物件価格面・顧客満足度)

自社開発棟数9年連続日本全国No.1の実績 シノケン アパート投資

シノケンは、アパート経営の分野で8年連続で日本全国No.1の圧倒的な実績を誇っています。
これは、その「収益物件」の選定能力や「物件管理」のノウハウ、そして「キャッシュフロー」の安定性を示すものと言えるでしょう。

豊富な資金調達プラン
不動産投資において、「資金調達」は非常に重要な要素となります。
シノケンは、多様な「ファイナンシャルプラン」を用意しており、投資家の資金繰りや投資戦略に合わせた最適なプランを提案しています。
お客様本位のサポート体制
シノケンは、「顧客満足度」を最優先とするサポート体制を整えています。
物件の選定から運営、管理(宣伝・客付け・空室対策)に至るまでの一連のサービスが含まれます。

シノケン アパート経営

特に、「アフターサポート」においては、
物件の維持・管理・客付け・退去手続き、苦情(クレーム)・トラブル対応など、投資家が安心してアパート経営を続けられるようなサポートを提供しています。

シノケンハーモニーの不動産投資セミナー情報

シノケンは、その独自のサービスと実績により、多くの投資家から選ばれる企業となっています。
特に、資金調達の柔軟性やお客様本位のサポート体制は、投資家が安心して不動産投資を行う上での大きな強みとなっています。
これらの特徴を持つシノケンは、今後も不動産投資の分野でそのリーダーシップを維持していくことでしょう。

参考ページ
今回は、シノケンのアパート経営について解説していますが、
以前、シノケンハーモニーのオンライン不動産投資情報(無料セミナー参加)を紹介しました。
今なら期間限定で「動画講座視聴後」にアンケートの回答でQUOカード”¥10,000分”をプレゼント中!

デザイナーズアパートの特徴

一般的な会社との違い

シノケンは、アパート経営の分野で多岐にわたる商品を提供しています。

その中でも、特に注目されるのが「デザイナーズアパート」です。

この商品は、従来のアパートとは一線を画すデザイン性と機能性を持ち合わせており、多くのオーナーから高い評価を受けています。

シノケン
独自のデザイン
デザイナーズアパートは、一般的なアパートとは異なる、独自のデザインが施されています。これにより、他の物件との差別化を図ることができます。
高品質な材料の使用
デザイナーズアパートは、高品質な材料を使用して建築されています。これにより、耐久性や機能性が向上しています。
快適な居住空間
デザイナーズアパートは、居住者の快適性を考慮した設計がなされています。これにより、高い入居率を維持することができます。

≪オリジナルのプランニング・設計≫
シノケンは、デザイナーズアパートの提供において、オリジナルのプランニング・設計を行っています。
これには、土地の形状や立地条件、周辺環境など、多くの要因が考慮されます。
全国主要都市の地元・大手の不動産会社と提携、市場に出ていない物件を提案(単身者に人気の駅徒歩10分以内等)。
シノケンは「マーケティングリサーチ」を行い、ターゲットとなる入居者のニーズを把握した上で、最適なプランニング・設計を提案しています。

≪入居者のターゲットと立地条件≫
デザイナーズアパートの成功の鍵は、入居者のターゲットと立地条件の適切なマッチングにあります。
シノケンは、ターゲットとなる入居者の属性やライフスタイルを分析し、それに合わせた立地条件を選定しています。
入居率の高いと安定したキャッシュフローを実現しています。

投資エリア選定・立地のこだわり

日本の不動産投資エリアとして、東京(首都圏)、福岡大阪京都、神戸、名古屋、仙台などが主要なエリアとして挙げられます。
これらのエリアは、経済的な活動が活発で、人口の流入が見られるため、不動産投資の観点からも非常に魅力的です。 シノケンプロデュース 口コミ

ターゲットに合わせた条件や設備
各エリアには、独自のターゲット層が存在します。
例えば、首都圏や大阪はビジネスエリアが広がっているため、ビジネスマンや若手の社会人をターゲットとした物件が求められます。
これに対して、京都や神戸は観光地としての側面も強いため、観光客や学生をターゲットとした物件が有効です。

このように、各エリアの特性に合わせて、物件の条件や設備を選定することが重要です。
例えば、ビジネスマンをターゲットとする場合、アクセスの良さやセキュリティの強化、高速インターネットの設備などが求められます。
一方、学生をターゲットとする場合、学校へのアクセスや共用スペースの提供、家賃のリーズナブルさなどが重視されます。

資産性の高い投資エリアの選定
不動産投資において、資産性の高いエリアを選定することは非常に重要です。
資産性の高いエリアとは、物件の価値が長期的に向上する可能性が高いエリアのことを指します。
これには、経済的な活動の活発さや人口の流入、地域の発展の可能性などが考慮されます。

福岡市内では、着工数7年連続No.1
シノケン発祥の地「福岡」では、建設業・不動産業全体が活況を呈しています。
また、希少性の高い物件を厳選し、特に入居ニーズの高い福岡市に限定して開発を行っており、福岡都市圏においてもNo.1となりました。
引用:https://www.shinoken.com/fukuoka/

シノケンプロデュース 評判

日本全国第2位の都市として成長し続ける大阪
大阪の成長を後押しする要因として、梅田を中心に難波や阿倍野など、複数エリアでの発展が貢献していると考えられます。
さらに大阪は上場企業数の数が東京に次いで日本全国第2位であることから、今後も継続的な経済成長・人口流入が見込めると考えられるでしょう。

首都圏や大阪、名古屋などの大都市は、経済的な活動が活発で、多くの企業が集まるため、資産性が高いと言えます。
一方、福岡や仙台などの地方都市も、地域の発展や人口の流入が見られるため、将来的な資産価値の向上が期待されます。

アパート投資の注意点

賃貸経営には、以下のような注意点があります

キャッシュフロー キャッシュフロー表を作成することが必要です。
キャッシュフロー表は、投資の収支を予測するための表であり、投資の成功には欠かせません。

回転率 入居者の回転率にも注意しましょう。
入れ替わりが激しいと、空室率が高まり家賃収入に影響します。
修繕費用 修繕費用についても考慮する必要があります。
中古物件を購入する際には、経過年数に注意して大規模な修繕が必要な状態かどうかを確認しましょう。
信頼できる不動産会社 信頼できる不動産会社と取引を行うことが重要です。
また、管理会社の選定ミスによる失敗にも気をつけましょう。

アパート投資は区分マンション投資に比べ投資額が大きくなります。
キャッシュフロー表の前提条件を、常に満室で満額の家賃収入としていると、大きな差異が発生することになるので注意しましょう。

関連ページ:一緒に比較したいアパート投資に強みのある投資会社
武蔵コーポレーションの評判・口コミ
新築×中古のハイブリッド不動産投資:年収1200万円以上なら武蔵コーポレーション
セミナー実績(勉強会)・販売実績も多数

>>シノケンのアパート投資はコチラ

シノケン アパート経営に関する評判・口コミ 悪い口コミ・良い口コミ・失敗・実績をネットから紹介

シノケン アパート経営について、一番気になるのは、
入居率の高さは本当か?
本当に任せていいのか?
利回りは何パーセント(%)なのか?
口コミや評判・失敗談だと思います。

直接、お金に関わる話ですから、事前に確認しておきたいところでしょう。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などネット(インターネット)を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトに
契約(土地売買契約書・請負工事契約書・管理契約書)に関わること・価格面のこと、将来に向けての考えている事などお客様の声(口コミ・リアルな体験談)が掲載されていたので紹介します。

 

シノケンプロデュース 怪しい

年金対策としての不動産投資

少ない自己資金でも可能な人生100年時代を 生き抜くための賢い選択だと思っています。

老後の年金対策を考える中、アパート経営というものを知りました。
毎月入る家賃収入が年金代わりになることを教えてもらい、また、融資(頭金10%)を利用して資産形成できる点に魅力を感じました。
シノケンに決めた一番のポイントは、長年のアパート管理経験、実績があるという点です。
自己資金の少ない自分でもキャッシュが回るような提案(立地や融資など)をしていただいたのも大きなポイントです。
シノケンさんに出会い、いくつかの物件をご紹介いただきながら、実際の物件や実績を知るにつれ、これなら自身でもできると、一サラリーマンの夢が現実となっていきました。
現状、想定通りに進んでいます。
(男性:サラリーマン)

シノケンプロデュース 体験談

仕事をしながらでもアパート経営できている嬉しい実感

老後の資産について備えておく必要があると考え、できるだけ若いうちの方がよいと思い、投資を始める決意をしました。
アパート経営というものも知ってはいましたが、土地を持っている人の話だと思っていたので、シノケンさんの説明を聞いてイメージが変わりました。自己資金がわずかでもアパートオーナーになれるとは知りませんでした。
もちろん不安もありましたが、シノケンはリスクやその対策もよく考えられているので、素人でも踏み込みやすいと思います。
管理などもすべてお任せなので、仕事をしながらでも運営ができるのはいいですね。
(サラリーマン:女性)

 

 

シノケンプロデュース 資料請求

今では2棟のアパートオーナーに

将来は息子たちに相続できるという 喜びも大きいです。

とあるベストセラーを読み、資産に対する考え方が変わったのが、アパート経営を始めたきっかけです。
アパート経営は不動産投資の中でも一番安定感があると思っています。
シノケンは新築アパート経営では有名で、ランニングコストが一定なので見通しが立てやすく、少ないイニシャルコストで始められるのが魅力です。
中古アパートよりも新築の方が割高かと思っていましたが、メンテナンスを考えるとそうでもないと思うようになりました。
シノケンの説明はポイントをついていて分かりやすく、明確・納得しやすいものでした。
次の物件の提案もスムーズに行ってくれて、対応が早い印象です。
(医師:男性)

 

顧客の声から見るシノケンの信頼性

シノケンのアパート経営モデルが多くの会社員・公務員に支持されている理由は、その確固たる信頼性にあります。
30年を超える実績は、不動産業界におけるその深い経験と専門知識を物語っています。
7,000名を超えるオーナーがシノケンを選ぶのは、確かなサービスと安定した収益性への期待があるからです。

オーナーにとって、アパート経営は公的年金だけに依存しない、第二の収入源としての役割を果たし、老後の生活の質を向上させる手段となっています。

オーナー一人ひとりの投資目標やライフプランに合わせて、最適な不動産投資プランを提案。
その際には、立地選定や物件の資産価値評価、融資計画の策定など、複雑な不動産投資のプロセスを詳細にわたりサポート。
特に注目すべきは、シノケンが提供する充実したアフターサービスで、オーナー様が抱える不動産経営の不安を大きく軽減しています。

シノケンプロデュース アパート投資
アパート経営の詳細

アパート経営は、土地を有効活用し、賃料収入を得るための不動産投資の一形態です。

特に、都市部や人口が集中する地域では、非常に有効な資産活用方法となっています。

アパート経営のメリット・デメリット

こんな方・投資家におすすめ

アパート経営のメリット
★安定したキャッシュフロー:毎月の賃料収入により、安定したキャッシュフローを得ることができます。
★土地の有効活用:土地を持っているが、有効に活用していない場合、その土地の価値を最大限に引き出す方法となります。
★資産の価値向上:適切な物件選びや管理(家賃収入・敷金礼金・クレーム対策)を行うことで、物件の価値を維持・向上させることができます。
【フルローン:金融機関からの信頼】
シノケンプロデュースは、不動産投資業界において、その長年にわたる実績と堅実な経営で金融機関から高い信頼を獲得しています。
数多くの金融機関との太いパイプを築き上げ、投資家がフルローンを利用して不動産投資を始めるためのサポートしています。
フルローンを可能にする背景には、シノケンの確かな実績と金融機関との強固な関係があり、これが多くの投資家にとっての信頼の証となっています。
投資家個々の資金状況に応じた柔軟な融資プランは、特に初めて不動産投資に挑む方々にとって、安心して投資をスタートできる大きなメリットです。
*すべての方がフルローンを利用できるわけではないため、個々の状況に応じて審査が行われることをご理解ください
アパート経営のデメリット
★初期投資が必要:アパートを建築するための初期投資・初期費用が必要となります。
 区分マンションとは違い、5000万円・1億円以上も・・・
★物件管理の手間:投資を行う上で、物件の管理や入居者対応などの手間が発生します。
★市場の変動リスク:経済状況や市場の変動により、賃料収入や物件の価値が変動するリスクがあります。

シノケンのアパート経営の取り組み
シノケンは、アパート経営の分野でその独自の取り組みを展開しています。
特に、物件の選定や賃料設定、物件管理など、経営に関する一連のサービスを提供しています。

また、投資の最大の目的は、安定した収益を得ることです。
シノケンは、物件の選定や賃料設定、管理会社(アパート管理・賃貸管理のシノケンファシリティーズ)も備え物件管理まで、アパート経営に関するさまざまなサービスにより、投資家は安定したキャッシュフローを得ることができるのです。

シノケンのアパート経営システム

シノケンは、アパート経営・賃貸不動産経営の分野でその独自のシステムを展開しています。
全国のオーナー様が安心して不動産投資を行えるように設計されており、物件の選定から運営、管理に至るまでの一連のプロセスをサポートしています。

物件選定
  • シノケンのシステムは、物件の選定において独自の基準を持っています。
    これには、物件の立地や建物の構造、将来の資産価値など、多くの要因が考慮されます。
    特に、物件の「収益性」や「資産価値の向上」を重視しています。
賃料設定
  • 賃料の設定は、アパート経営の収益性を左右する重要な要素です。
    シノケンは、市場調査や競合物件の分析を行い、最適な賃料を設定します。これにより、高い入居率と安定したキャッシュフローを実現しています。
物件管理
  • アパート経営を成功させるためには、物件の適切な管理が欠かせません。
    シノケンのシステムは、物件の維持・管理業務や入居者対応など、アパート経営に関する一連の業務をサポートしています。
    特に、「トラブル対応」や「修繕計画」の策定など、長期的な視点での管理を重視しています。
アフターサポート
  • シノケンは、物件の運営や管理に関するアフターサポートにも強みがあります。
    定期的な報告・連絡、トラブル時の即対応など、これによりオーナーは安心してアパート経営を続けることができます。
アパート経営を検討しているなら
投資用アパートメントの企画、マーケティング、開発、建築、販売
シノケンプロデュース公式サイトはコチラ
 

《更新履歴》
2024年1月:記事修正
2023年9月:記事リライト
2022年3月:画像修正・アップロード
2021年12月:口コミ追加
2020年10月:新規記事アップロード

よくある質問・疑問

シノケンのアパート経営は儲かるのでしょうか?

シノケンのアパート経営は、投資金額が大きいため、儲かるかどうかは投資家の投資スタイルや投資先の物件によって異なります。
ただ、シノケンは新築の一棟アパート投資をメインの商品としており、30年以上の実績があるパイオニア的存在です。
また、シノケンのアパートは、金融機関から融資が受けやすく自己資金が少なくても投資可能です。
現役オーナーの方々からは、短期的にも長期的にも儲かる投資だという声も聞かれます1。

シノケンのアパート経営は、手間がかかるのでしょうか?

シノケンのアパート経営は、手間がかからずに安定した経営ができるとされています。
シノケンでは、毎月のローン返済額よりも家賃収入額の方が多くなるよう資金計画を立て、安定したキャッシュ・フローを受け取ることができます。
また、ローン完済後には家賃収入がそのまま収益となり、さらには無担保の土地を資産として手元に残すことができるため、投資資金がゼロになる心配はありません。

シノケンのアパート経営は、素人でも始められるのでしょうか?

シノケンのアパート経営は、アパート経営の素人でも始められるとされています。
シノケンでは、新築の一棟アパートを自社開発し、土地がなくても投資が可能です。
また、シノケンのアパートは、金融機関から融資が受けやすく自己資金が少なくても投資可能です1。

シノケンのアパート経営は、どのような人に向いているのでしょうか?

シノケンのアパート経営は、年収が高い人に向いているとされています。
手間がかからずに安定した経営ができる一方で、投資金額が大きいため、年収が高い人にこそ向いています。

コンプライアンス重視のプル型の営業スタイルとは何ですか?

投資用マンションの電話営業は、顧客のニーズや意向を十分に把握しないまま、勧誘を行うことが多く、トラブルの原因となることがあります。
また、地主向けのアパート建築の訪問営業、飛び込み営業は、顧客の同意を得ずに訪問するなど、強引な営業手法によるトラブルも少なくありません。
コンプライアンス重視のプル型の営業スタイルとして、顧客のニーズや意向を尊重し、自ら積極的に営業をかけるのではなく、顧客からお問い合わせに対して担当者が答えています。
消費者が情報を求めて積極的に行動することを重視しており、消費者に対して押し売りをするようなプッシュ型営業とは異なります。

シノケンでアパート経営はヤバいの?大丈夫?詐欺と言う口コミもみました。どうでしょうか?

シノケンのアパート経営について、ネット上で様々な口コミ(やばい・怪しい等)があるのは事実ですが、絶対にヤバいのか?
実際には多くの方が安心して投資をされています。
シノケンは、新築の一棟アパート投資をメインの商品としており、30年以上の実績があるパイオニア的存在です。
また、シノケンのアパートは、金融機関から融資が受けやすく自己資金が少なくても投資可能です。
現役オーナーの方々からは、短期的にも長期的にも儲かる投資だという声も聞かれます。
最終的には自己判断になりますが、シノケンのアパート経営は、手間がかからずに安定した経営ができるとされています。
シノケンでは、毎月のローン返済額よりも家賃収入額の方が多くなるよう資金計画を立て、安定したキャッシュ・フローを受け取ることができます。
また、ローン完済後には家賃収入がそのまま収益となり、さらには無担保の土地を資産として手元に残すことができるため、投資資金がゼロになる心配はありません。

アパート経営というとレオパレスを思い浮かべますが、シノケンは大丈夫ですか?

レオパレス21は、2022年に耐震性や施工不良(界壁施工不備問題・騒音・生活音が気になる・家賃保証:サブリース)などの問題が発覚し、大きな社会問題となりました。
そのため、アパート経営というと他社(レオパレス)の不祥事を思い浮かべる方も多いでしょう。

シノケンは、レオパレスとは異なり、耐震性や施工不良などの問題は発生していません。
また、シノケンは業界トップクラスの実績を誇り、信頼できる会社です。

具体的には、シノケンは以下の点において、レオパレスとは大きく異なります。
☆耐震性:シノケンのアパートは、耐震等級3以上の構造を採用しており、高い耐震性を確保しています。
☆施工不良:シノケンでは、自社施工にこだわっており、厳しい品質管理を行っています。
☆実績:シノケンは、1992年に設立され、アパート・マンション・ホテルなどの開発・販売・運営を行う会社です。
創業以来30年以上にわたり、販売実績は7,000棟を超えます。

シノケン アパート経営:記事まとめ

シノケンプロデュースによるアパート経営は、現代の不透明な経済状況の中で安定した未来への投資を目指す個人にとって、投資の相談、貴重な選択肢を提供しています。

家賃収入による安定したキャッシュフロー、万一のリスクに備えた保険メカニズム、そして土地という確かな資産を残すことができるため、老後の資金対策として非常に魅力的です。

シノケンの実績と信頼に裏打ちされたアパート経営は、
多くのオーナーにとって長期的な安心を約束する資産形成(シミュレーションプランで数字確認)、頼もしいパートナーとなるでしょう。

《参考サイト》

  • 株式会社シノケンプロデュース
    株式会社シノケングループ(資本金:70億円)100% 出資
    *2022年:MBOによる上場廃止:非上場化
  • 〒105-0013 東京都港区浜松町二丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
  • 連結子会社:株式会社シノケンオーナーズファンディング
  • 事業内容
    投資用アパートメントの企画、マーケティング、開発、建築、販売
  • 許認可
    宅地建物取引業(取引士) 国土交通大臣免許 特定建設業 国土交通大臣許可 一級建築士事務所 東京都知事登録 二級建築士事務所 東京都知事登録
  • 公式サイト(URL):https://www.shinoken.com/

MBOとは?
MBOとは、マネジメント・バイアウトの略称で、経営陣が自社の株式を買い取って経営権を取得することを指します
MBOは、M&Aの一種であり、近年、実施件数が増加しています
参考:全国賃貸住宅新聞