一棟所有と区分所有のメリット・デメリット、不動産投資はどっちがおすすめ?マンション投資とアパート投資

一棟所有と区分所有のメリット・デメリット、不動産投資はどっちがおすすめ?マンション投資とアパート投資 一棟所有 区分所有

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

一棟所有 区分所有

不動産投資は、資産形成の一つの方法として人気があります。

その中でも、「一棟所有」と「区分所有」は、投資の形態としてよく知られています。

しかし、これらの違いを理解し、自分に適した投資方法を選択することが重要です。

この記事では、

  • 一棟所有と区分所有の違い
  • 一棟所有(アパート投資)と区分所有(マンション投資)のメリット・デメリット
  • おすすめの不動産投資会社

そしてそれぞれが投資家にどのような影響を与えるかについて詳しく解説します。

また、不動産投資における物件選びのポイントや、投資戦略の選択についても触れていきます。

不動産投資に興味がある方、始めてみたいと考えている方、すでに始めているが更なる知識を得たい方に向けて、一棟所有と区分所有の基礎知識を紹介したいと思います。

一棟所有と区分所有の比較

  • 初期投資
    一棟所有は大きな初期投資が必要ですが、大きなリターンを期待することができます。
    一方、区分所有は初期投資が少なく、リスクを分散させることができますが、リターンは一棟所有ほど大きくない可能性があります。
  • 自由度
    一棟所有では、物件の管理について高い自由度を享受できます。
    オーナーの意思決定で修繕・設備交換などを行えます。
    一方、区分所有では、管理組合・会社による管理となるため、自由度がそがれます。
  • 空室リスク
    空室リスクは、不動産投資の重要ポイントです。
    区分所有は、1つに限定されるため、空室時は一切家賃収入が期待できません。
    対して一棟所有では、空室を他の家賃でカバーしあう形でリスク管理が可能です。
  • 出口戦略
    流動性も若干気にする必要があります。
    区分所有は一棟所有に比べて流動性が高く、売却しやすいという特徴があります。
    一棟所有の場合、売却する際には価格も高く、チェックポイントも多いため、ターゲットに合った買い手を見つける必要があります。

意思決定の自由度

の判断が一棟マンション投資の場合、自由に行えます。

ワンルームの場合、マンションの管理組合での判断となるため、改修や修繕が先送りされることがあり、

その結果、物件の価値を下げてしまったり、大規模修繕の費用がかさんでしまうことがあります。

一棟マンション投資では、大規模修繕のタイミングはオーナーの判断でできるため資産価値の下落を早めにケアすることができます。

最近、
大規模修繕工事費用高騰・修繕積立金不足などによるマンション管理リスクが言われるようになりました。

特に修繕積立金不足による修繕積立金の値上げは、想定利回りが一気に崩れます。

区分所有:家賃10万円の場合、
管理費5,000円 修繕積立金10,000円
から
管理費5,000円 修繕積立金20,000円
になったとしたら・・・。

利回りが大きく下がるのは当たり前ですが、
ローンの返済にも大きく影響します。

その点、一棟アパート・マンションであれば、オーナーの意思決定で修繕が可能です。

共有部分の破損や外壁塗装などに判断だけでなく、

時代に合った設備の変更、

  • オートロックをはじめとしたセキュリティ
  • 宅配ボックスや無料インターネットなどの付加価値の創出

は、不動産価値(収益物件:アパート・マンション)を高める要因になります。

一棟所有 区分所有

投資戦略の選択

では、区分所有・一棟所有どちらが良いのか?

不動産投資を始める前に、自分の投資目的とリスク許容度を理解することが重要です。
一棟所有と区分所有のどちらが自分に適しているかを判断することができます。

市場状況を把握する
不動産市場の状況を把握することも重要です。
市場の動向を理解することで、適切なタイミングで投資を行うことができます。
適切な物件を選ぶ
物件選びは、不動産投資の成功を左右する重要な要素です。
立地条件、建物の状態、賃料の設定など、様々な要素を考慮して物件を選ぶ必要があります。
長期的な視点を持つ
不動産投資は長期的な視点が必要です。
物件の価値が上がるまでの時間、修繕費用など、長期的な視点で投資計画を立てることが重要です。

不動産投資は、一人で投資物件を見つけ、金融機関から融資を受け、入居者を探し、家賃の集金・管理を行うものではありません。

重要な物件選びから融資の斡旋、不動産管理まで、不動産投資会社がサポートしてくれます。

よって、自分にあった不動産投資会社・投資会社えの営業マンの協力あってのものです。

区分所有:区分マンション投資に強いおすすめの不動産投資会社

不動産投資は、誰でも行えるものではありません。

区分マンション投資の場合、

  • 年収500万円以上
  • 勤務年数3年以上

少なからず、上記の条件をクリアする必要があります。

また、物件選びが利回りを大きく左右するため、不動産投資会社選びも大きなポイントとなります。

不動産投資会社は独自ルートで物件を仕入れ、会員向け・顧客に情報共有するため、収益物件情報は表に出ないことも多々あります。

そこで、区分所有・区分マンション投資におすすめの不動産投資会社を紹介します。

《区分マンション投資に向いている人》
区分マンション投資は、比較的低い初期投資で不動産投資を始めることができます。
そのため、サラリーマンや初めて不動産投資を行う人、小規模投資を考えている人に向いています。
また、区分所有では一部屋ずつ購入することで、リスクを分散させることが可能です。
したがって、リスクを避けたいと考えている人や、安定した収益を求める人にも向いています。
ただし、区分所有では、信頼できる管理会社を見つける能力も求められます。
《アセットジャパン》
信頼と安心から紹介率91.7%。
与信枠を上手に不動産投資&再投資、無料カウンセリング(オンライン)。
年収・年齢だけでなく、家族構成や将来のヴィジョン・資産状況に合わせて個別に資産運用の提案・家計の見直し・ライフプランシミュレーション作成
アパート投資 30代

【アセットジャパンの口コミ】
不動産投資を検討していたのですが、他の会社より優良物件をご紹介いただけて大満足です。
何か売り込まれると思ってましたが親身になってお金の相談にも乗ってくださいました。
アセットジャパン;公式サイトはコチラ

一棟所有:おすすめの一棟アパート投資会社

区分マンション投資に対して一棟アパート投資は、さらに年収のハードルが上がります。

物件価格も1億以上である場合も多く、年収1000万円以上の方の投資となります。

そこで、アパート投資におすすめの不動産投資会社を紹介します。

《一棟マンション投資に向いている人》
一棟マンション投資は、大きな初期投資が必要となります。
そのため、年収1000万円以上の高収入者や企業経営者、自営業者など、大きな資金を投入できる人に向いています。
また、一棟所有では物件の管理について高い自由度を享受できますが、それには物件管理の知識と経験が必要となります。
したがって、不動産業や建築業など、不動産に関する知識や経験を持つ人、また投資会社のサポートが必要です。

武蔵コーポレーション

一棟所有をシビアに考えると、

  • 安くいい物件をどう仕入れることができるのか?
  • 入居率100%を計算できる物件をどう考えるか?

 
武蔵コーポレーションのアパート投資の基本は、新築×中古のハイブリッド不動産投資です。
区分所有 デメリット

  • 差押が付いている
  • 破産寸前
  • 全30室のうち5室しか入居していない
  • 改修工事に3,000万円かかる

などの物件を安く仕入れ、
建築の専門家による

  • 法規チェック
  • 構造チェック
  • 設備チェック
  • 雨漏りのチェック

など100項目をすべてチェック・確認した検査診断を実施、改善をもとに大規模修繕などで中古物件を再生します。

その上で、”満室引き渡し”が基本です。

取得する物件自体が安いため、新築のように修繕しても取得単価は抑えることが可能です。

更に、満室引き渡しなので、最初から高利回りが実現します。

よって投資効率が高く、5年~7年で利益確定で期待できます。

迷いなくおすすめ度ナンバー1の不動産投資会社です。
 
>>武蔵コーポレーション公式サイトへ

タウンライフ アパート経営

タウンライフ アパート経営は、
全国の優良企業からあなたの土地の最適な活用方法を一括提案できるサービスです。

  • アパート経営プラン
  • 見積もり・収支計画書
  • 市場調査書

単なる資料、カタログではなく詳細な検討材料がもらえます。

区分マンション 投資 儲からない

アパート投資を検討している方にとって、収益比較も可能なので非常に便利な比較可能なサイトです。

 
【タウンライフ土地活用の口コミ】
2年前に親から相続した土地をしばらくそのままにしていたのですが、年金など将来の不安もあり、資産運用について興味を持ちました。
ネットで偶然見つけた「タウンライフ土地活用」に依頼してみたところ、自分の土地の価値や一番良い使い道、今後の税金対策など様々な情報をわかりやすく教えてもらうことができました。複数の会社から比較検討できたので、コストが低く高利回りの会社に出会うことができ、今では安定して収入を得ることができています!(40代男性 アパート建築)
 
>>タウンライフ土地活用公式サイトへ

ビルドリ

アパート経営専門の無料プラン比較サイト。

利回りはもちろんですが、

  • 節税対策
  • 不労所得
  • 資産形成

など目的に合わせたプランを、最大20社(大手不動産会社・建築会社)から最適な「賃貸経営プラン」が提供されます。
 
不動産会社や建築会社にはそれぞれに

  • 建築費用
  • 賃貸管理
  • 物件仕入れ

不動産の運用プランが異なり強みも様々です。
一社ずつ話を聞くのは面倒なので、まずは資料請求で大枠を確認便利なツールです。

区分所有 ワンルーム 投資

『ビルドリ』では、
誰もが知っている大手不動産会社やCMで有名な建築会社・地域に特化した地元企業までエリアに合わせて数多くの企業が提携しています。

 
>>ビルドリの一括資料請求はコチラ

 
《リノシー》
3年連続売上実績 不動産投資”No.1”(株式会社東京商工リサーチアンケート調べ)
リノシーは株式会社GA technologiesが運営する都心のワンルーム中古マンションが特徴の投資会社です。
2013年創業し、2018年07月東証マザーズ市場に新規上場、増収増益の急成長企業です。

区分所有とは わかりやすく
【リノシーの口コミ】
信頼している友人が不動産投資していると知って、興味を持ちました
不動産投資に決めてからは、仕事と遊びに集中する元通りの生活に戻っています
まずは資料請求・個別相談予約も

一棟所有と区分所有の基礎知識

一棟所有とは?

一棟所有とは、その名の通り、一つの建物全体を所有する形態のことを指します。
これは、アパートやマンションなどの一棟全体を購入し、その建物全体から得られる家賃収入を得る形態です。

【一棟所有のメリット】

賃貸経営の統制性
まず、一棟所有の最大のメリットは「賃貸経営の統制性」です。
投資家は建物全体をコントロール下に置くことができるため、賃貸条件の統一やテナントの選定、管理ポリシーの策定など、経営方針を一元的に決定することが可能です。これにより、賃貸経営の「効率化」と「最適化」を図ることができます。
スケールメリット
次に、「スケールメリット」が挙げられます。
一棟所有では、複数の賃貸ユニットを一度に管理することで、広告費用の削減や業務の一括処理が可能となり、経営効率が向上します。
また、修繕やメンテナンスも一棟単位で行うことで、単位あたりのコストを抑えることができるため、「コストパフォーマンス」の向上が期待できます。
リスク分散
「リスク分散」も一棟所有のメリットです。
一棟内の複数のユニットから賃料収入を得ることで、一部の部屋が空室になったとしても、他の部屋からの収入で補うことができます。
これにより、収入の安定性が高まり、投資リスクを分散することが可能になります。
資産価値の最大化
また、一棟所有は「資産価値の最大化」にも寄与します。建物全体の価値を高めるためのリノベーションや設備投資を行うことで、賃料の増加やテナントの質の向上を図ることができます。
これは、長期的な「キャピタルゲイン」を見込むことにもつながります。
税務上のメリット
「税務上のメリット」も見逃せません。不動産投資には、減価償却費の計上や固定資産税の評価減など、税務上の優遇措置が存在します。
一棟所有では、これらの税制メリットをフルに活用することができ、効果的な「税金対策」が可能です。
資金調達の柔軟性
さらに、一棟所有は「資金調達の柔軟性」にも優れています。
不動産を担保にした融資を受けやすく、金融機関からの評価も高いため、追加の投資や他の事業への資金流用がしやすいという特徴があります。
市場での交渉力
最後に、一棟所有は「市場での交渉力」をもたらします。
大規模な資産を保有することで、仲介業者や建築業者との交渉において有利な立場を確保できるため、より良い条件での契約が期待できます。
一棟所有の不動産投資は、これらのメリットを理解し、適切なリスク管理と経営戦略を行うことで、そのポテンシャルを最大限に引き出すことができます。投資家は、これらのメリットを踏まえた上で、自身の投資目的やリスク許容度に合わせた賢明な投資判断を下すことが重要です。

【一棟所有のデメリット】

空室リスク
まず、一棟所有の最大のデメリットは「空室リスク」です。
一棟の物件に複数の賃貸ユニットがある場合、市場環境の変化や物件の老朽化などにより、同時に多くの部屋が空室になる可能性があります。
これにより、賃料収入が大幅に減少し、固定費用の支払いが負担となることがあります。
大規模修繕の負担
「大規模修繕の負担」も重要なデメリットです。
建物の老朽化に伴い、屋根や外壁の修繕、設備の更新など、一度に大きな出費が必要になることがあります。
これらの修繕費用は、賃料収入だけでは賄いきれないことが多く、修繕積立金の不足分を補うために追加の資金調達が必要になる場合があります。
管理の手間
「管理の手間」も一棟所有のデメリットとして挙げられます。
テナントの募集から契約、日常のクレーム対応、建物のメンテナンスなど、多くの管理業務が発生します。
これらの業務は専門的な知識と時間を要するため、自己管理ではなくプロパティマネジメント会社に委託することが一般的ですが、その場合は管理費用が発生します。
融資の返済圧力
「融資の返済圧力」も考慮する必要があります。
一棟所有の物件を購入する際には、多額の融資を利用することが多いですが、空室率の増加などにより収入が減少した場合、融資の返済が困難になるリスクがあります。
特に、固定金利期間の終了後に金利が上昇した場合、返済負担が増大する可能性があります。
税金の負担
「税金の負担」も無視できません。
不動産投資では、固定資産税や都市計画税などの税金が発生します。
これらの税金は物件の評価額に基づいて計算されるため、物件の価値が高い場合は税金の負担も大きくなります。
借主とのトラブル
「テナントトラブル」も一棟所有のデメリットです。
テナント間のトラブルや賃料の未払い、物件の不当な使用など、様々な問題が発生する可能性があります。
これらの問題に対応するためには、法的な手続きを含む時間とコストが必要になります。
流動性の問題
「流動性の問題」も考慮すべき点です。
一棟所有の物件は、その規模から売却に時間がかかることが多く、急な資金需要に対応しにくいという特性があります。
また、市場環境によっては、適切な価格での売却が困難になることもあります。
市場変動の影響
「市場変動の影響」も重要なリスクです。経済状況や不動産市場の変動により、物件の価値が下落する可能性があります。特に、地域経済の衰退や人口減少などのマクロ経済の変化は、不動産価値に大きな影響を与えます。

これらのデメリットに対処するためには、「リスクヘッジ」のための戦略が必要です。
例えば、複数の物件に分散投資を行うことでリスクを分散したり、適切な「キャッシュフロー管理」によって、予期せぬ出費に対応できるようにすることが重要です。

【一棟所有の選び方のポイント】

  • 物件の立地
    物件の立地は、借主の集客力や賃料設定に大きな影響を与えます。
    商業施設や交通機関へのアクセスが良い場所はもちろんですが、投資額が大きくなるため、費用対効果を意識する必要があります。
  • 建物の状態
    建物の状態は、修繕費用やテナントの満足度に影響を与えます。
    新築やリノベーション物件は、古い物件に比べて修繕費用が少なく、借主からの評価も高い傾向にあります。
  • 市場状況
    不動産市場の動向を理解することで、適切なタイミングで投資を行うことができます。
    市場の供給・需要のバランスや、近隣の賃料相場などを調査することが重要です。
  • 自己管理の可否
    自分自身が物件管理を行う場合、物件管理の知識と経験が必要となります。
    自己管理が難しい場合は、管理会社に委託することも考慮する必要があります。

関連ページ:
木造アパート投資は儲かる?
アパート投資の口コミ・評判

区分所有とは?

区分所有とは、一つの建物の一部分(例えば、マンションの一室)を所有する形態のことを指します。
これは、マンションの一室を購入し、その部屋から得られる家賃収入を得る形態です。

【区分所有のメリット】

初期投資の低さ
まず、区分所有の最大のメリットは「初期投資の低さ」です。
一棟所有と比較して、区分所有は一室単位での投資となるため、購入に必要な資金が少なく、不動産投資への参入障壁が低いです。
これにより、少額からでも不動産投資を始めることができ、「投資の多様化」と「ポートフォリオの拡大」が容易になります。
流動性の高さ
「流動性の高さ」も大きなメリットです。
区分所有のマンションは、市場での需要が高く、売却しやすい傾向にあります。
これは、購入希望者が少額で不動産投資を始めることができるためであり、投資家にとっては資金の回収や再投資がしやすいという利点があります。
管理の手軽さ
「管理の手軽さ」も区分所有の魅力の一つです。
一棟所有の場合は、建物全体の管理が必要ですが、区分所有では管理組合が共有部分の管理を行うため、個々のオーナーの管理負担が軽減されます。
また、プロパティマネジメント会社に委託することで、賃貸管理の「専門性」と「効率性」を確保することができます。
リスクの局所化
「リスクの局所化」も重要な特徴です。
一棟所有の場合、建物全体のリスクを負いますが、区分所有では自分の所有する一室のみのリスクを負うため、リスクが局所化されます。
これにより、他の部屋の空室やトラブルが直接的な損失につながることはありません。
資産価値の維持
「資産価値の維持」も区分所有のメリットの一つです。
マンションの場合、管理組合が共有部分のメンテナンスを行うため、建物全体の価値が維持されやすく、それによって個々の区分所有部分の資産価値も保たれる傾向にあります。
テナントの多様性
「テナントの多様性」も区分所有の利点です。
一棟所有の場合は、テナント層が限定されることがありますが、区分所有では様々なタイプの物件を所有することができ、それによって多様なテナント層を対象に賃貸することが可能です。
融資の柔軟性
「融資の柔軟性」も区分所有のメリットとして挙げられます。
一室単位での投資であるため、必要な融資額が少なく、金融機関との交渉がしやすいです。また、一室ずつの担保設定が可能であり、資金調達の際の「担保の分散」が行えます。
運用のシンプルさ
「運用のシンプルさ」も区分所有の魅力です。
一室単位での投資であるため、購入から売却までのプロセスがシンプルであり、不動産投資の「エントリーレベル」として適しています。

これらのメリットを享受するためには、「物件選定」の精度を高めることが重要です。
立地や建物の品質、管理状況などを詳細に分析し、長期的な資産価値の維持が見込める物件を選ぶことが求められます。

また、「賃貸契約の適正化」も重要です。
適切な賃料設定や契約条件を通じて、テナントとのトラブルを避け、安定した賃貸経営を行うことができます。

【区分所有のデメリット】

空室リスクと収益の不安定性
区分所有のマンション投資では、所有している部屋が空室になると収入がゼロになるリスクがあります。一棟所有の場合は他の部屋の賃料収入でカバーできる可能性がありますが、区分所有ではその補填ができません。これにより「収益の不安定性」が高まり、資金繰りに影響を及ぼすことがあります。
管理組合への依存性
区分所有では、建物全体の管理は管理組合が行います。管理組合の運営状況や決定によっては、予期せぬ大規模修繕が必要になったり、管理費や修繕積立金の増額が発生することがあります。これにより「経済的負担」が増加し、投資の収益性に影響を及ぼす可能性があります。
資産価値の変動リスク
マンションの資産価値は、建物の老朽化や立地環境の変化、市場動向などによって変動します。特に、新築時に比べて価値が下落しやすい「築年数の経過」という特性があります。これにより、将来的な「キャピタルゲイン」を期待しにくい状況が生じることがあります。
共有部分のトラブル
共有部分に関するトラブルや設備の故障が発生した場合、個々の区分所有者もその費用を負担する必要があります。特に、大規模な修繕が必要になった場合には、一時的な「特別修繕積立金」の徴収が行われることがあります。
管理費・修繕積立金の増加
経年による建物の劣化や設備の更新が必要になると、管理費や修繕積立金の増加が見込まれます。これらのコストは賃料収入から支払われるため、投資収益率に直接影響を与える「運用コスト」となります。
テナントとのトラブル
賃貸経営においては、テナントとの間で様々なトラブルが発生する可能性があります。賃料の未払い、物件の使い方に関する問題などが生じた場合、それらを解決するための「法的手続き」や「時間」が必要になります。
流動性の問題
区分所有のマンションは、市場状況によっては売却が困難になることがあります。特に、立地や建物の状態、市場の供給過多などが原因で、「売却時の流動性」が低下することがあります。
税金の問題
固定資産税や都市計画税など、不動産を所有することによる税金の負担があります。これらの税金は物件の評価額に基づいて計算され、市場価格の下落によっては「税負担の適正化」が難しくなることがあります。
融資の返済圧力
区分所有のマンションを購入する際に融資を利用した場合、空室リスクなどによる収入減少が返済計画に影響を及ぼすことがあります。これにより「キャッシュフローの悪化」が発生し、投資の持続可能性に疑問が生じることがあります。

【区分所有の選び方のポイント】

  • 物件の立地
    物件の立地は、集客力や賃料設定に大きな影響を与えます。
    交通機関へのアクセスが良い場所は、空室リスクが少なく安定した不動産投資が行えます。
  • 建物の状態
    建物の状態は、修繕費用や借主の満足度に影響を与えます。
    新築やリノベーション物件は、古い物件に比べて修繕費用が少なく、借主からの評価も高い傾向にあります。
  • 管理組合の信頼性
    区分所有では、管理組合がマンション維持・方向性を決定します。
    管理組合の信頼性・管理状態を確認することで、安心して投資を行うことができます。
  • 共有部分の修繕計画と費用
    共有部分の修繕計画や管理費、修繕積立金などの費用も考慮する必要があります。
    これらの費用が高額であればあるほど、利回りは下がります。

関連ページ:
Amazonギフト券(アマギフ)がもらえる不動産投資キャンペーン
おすすめの不動産投資会社:サラリーマンのマンション投資セミナー相談比較

一棟アパート・マンション投資で失敗しないために

一棟所有:アパート・マンション投資で失敗しないためには、
メリットを最大化し、デメリット部分を軽減する必要があります。

  • 利回りを良くする方法はあるか?
  • 家賃を最大化するめたにはどうすればいいのか?
  • ローンの金利を抑える方法はあるか?

それが、

  • エリアの考え方
  • 物件選び
  • ローン交渉

になります。

エリア・立地

ワンルームマンション同様、一棟所有もエリア・立地選びが成功・失敗の分かれ道です。

以前、
マンション投資・不動産投資は都内、それも都心ということで紹介しました。

  • 日本全体を見ると人口減少傾向ですが、都内は人口増加傾向
  • 2世帯に1世帯は1人暮らし

ですから、都心にワンルームマンションを所有することが失敗しにくい投資というわけです。

ただ一棟マンションとなると取得費用の問題で都心の物件探しは難しいのが現状です。

1億円程度の物件を設定した場合、
ターミナル駅周辺は難しいため、エリアは若干、都心から離れた23区内の駅から徒歩10分以内、出来れば5分以内の物件選定となります。

物件選び

エリアと合わせて物件選びも無視できません。

一棟マンションの場合、土地が最終的な資産になりますので、更地にした時、不格好な土地・旗竿地だと資産価値は下がります。

また、

  • 新築マンション
  • 中古マンション

  • 木造
  • RC
  • 鉄筋

などの判断も重要です。

表面利回りがいいというだけでなく、
物件としての評価や土地としての評価も検討の必要があります。

最近だと更地を購入し、そこからマンションを建設する一棟マンション投資もあります。

土地購入から建設となると時間はかかりますが、中間業者を省けるため、費用を抑えることが可能となります。

一棟マンション投資 デメリット

管理会社選び

滅多に連絡のない不動産管理なので、
区分ワンルームマンションであれば、自主管理も可能です。

しかし、一棟マンション・アパートとなると管理業務は多岐にわたります。

家賃の集金業務だけならまだいいものの、客付けや税金対策等まで面倒見てくる管理会社でないと、今後、2棟・3棟と増やしていくプランが作れません。

築古やエリアによっては、サブリースで保険を掛けるという選択肢もいいと思います。

多くのアパートオーナーが陥る不安

  • 長期間の空室がある
  • 大きな修繕の費用が心配
  • 建物が古く傾いている
  • 工事費用を一括で用意できない
  • 悪質な滞納者がいる
  • 修繕対応が遅いとクレームがきている
  • 原状回復費が高い
  • 物件を売却したいのに売れない
  • 建物の清掃が行き届いていない
  • 自主管理に疲弊している
  • 管理会社の対応が悪い
  • 相続して賃貸経営がわからない

一棟アパートの規模にもよりますが、

  • 担当者がコロコロ変わらない
    入居者付け、入居者対応、工事の手配など専任担当が一括対応
  • オーナー様からの問い合わせには24時間以内に回答
  • 入居者・建物トラブルにも24時間以内対応

位の管理会社がオススメです。
2棟目からは、管理費用の値引き交渉など、今後の資産形成にもプラスになると思います。

関東近県なら
武蔵コミュニティー株式会社などがオススメです。

ローンの考え方

ワンルームマンション投資の場合、
銀行も年収500万円程度であれば、アパートローンとして頭金なしで4000万円程度、金利3%程度でローンが下りるでしょう。

収入の確認、勤務年数、キャッシングなど借金の有無など通常のルーティンで審査、融資となります。

しかし 、一棟マンションとなるとローンの考え方は変わります。

借入額も大きくなりますので、少しでも有利な金利で借り入れることが重要となりますし、それに合わせた交渉も必要となります。

そこで、活用したいのがプロパーローンです。

時間がある時に、じっくり紹介したいと思いますが、
簡単に紹介すると、交渉が効くローンです。

保証会社を通さず、銀行の独自の判断・裁量で融資条件が決定するため、不動産投資用の融資だとしても金利1.5%など有利な条件が実現できます。

とは言え、

  • 頭金
  • 銀行への預金
  • 抵当権設定
  • 法人登記

をはじめ、条件交渉は様々です。

ちなみに、プロパーローンは救済的なローンとして、
通常の住宅ローンが通らない人が、少し高めの金利で融資を受けるために活用するローンでもあります。

一棟所有 区分所有の口コミ・体験談

不動産投資を検討している方にとって
一棟所有・区分所有は、まず悩むポイントだと思います。

アパート投資(一棟所有)・マンション投資(区分所有)を行っている方の成功談・失敗体験談も気になると思います

そこで、インターネットやSNSから体験談・口コミを紹介します。

区分所有 一棟所有 デメリット

私は一棟所有を選びました。
一棟所有の最大の魅力は、管理の自由度が高いことです。
私は自分で物件の管理を行っていますが、賃料の設定や改装の実施、テナントの選定など、全ての決定を自分で行うことができます。
これにより、自分の理想とする物件運営を実現することができました。
ただ、大きな初期投資が必要だったため、資金計画には十分だと思います。

区分所有 一棟所有 メリット

初心者であった私にとって、区分所有の最大のメリットは、比較的低い初期投資で不動産投資を始めることができた点です。
また、一部屋ずつ購入することで、リスクを分散させることができました。
ただ、管理組合による管理が必要となるため、自由度は一棟所有に比べて低いと感じました。

区分所有 一棟所有 どっちが儲かる

私は初めて不動産投資を始めたとき、一棟所有を選びました。
しかし、借主が退去した際の空室リスクや大規模修繕が必要となった際の費用負担が大きく、一棟所有のリスクを痛感しました。
そのため、次の投資では区分所有を選びました。
区分所有では、一部屋ずつ購入することでリスクを分散させることができ、安心して投資を行うことができました。

《関連公式サイト》
投資を行っている方へ:金融庁
不動産投資市場の現状について:国土交通省

よくある質問・Q&A

一棟所有と区分所有、どちらがリスクが低いですか?

一般的に、区分所有は一棟所有に比べてリスクが低いとされています。
これは、区分所有では一部屋ずつ購入することでリスクを分散させることができるからです。

初心者は一棟所有と区分所有、どちらから始めるべきですか?

初心者は、初期投資が少なくリスクを分散させることができる区分所有から始めることをおすすめします。
経験を積んだ後で、一棟所有に挑戦するのも一つの方法です。
ただ、年収の縛りがあるため、根本的にプレーヤーになれない可能性もあります。

一棟所有と区分所有、どちらが利回りが高いですか?

一棟所有は、大きな初期投資が必要ですが、大きなリターンを期待することができます。
一方、区分所有は初期投資が少ない反面、リターンは一棟所有ほど大きくない可能性があります。

一棟所有と区分所有、どちらが売却しやすいですか?

一般的に、区分所有は一棟所有に比べて流動性が高く、売却しやすいとされています。

区分所有と一棟所有:まとめ

一棟所有と区分所有は、それぞれ異なる特性とメリット・デメリットを持つ不動産投資の形態です。

自分の投資目的、リスク許容度、資金繰りなどを考慮して、最適な投資方法を選ぶことが重要です。

不動産投資は長期的な視点が必要であり、市場状況を把握し、適切な物件を選ぶことが成功の鍵となります。

また、一棟所有と区分所有の違いを理解することで、自分に最適な投資戦略を立てることができます。