みんなの0円物件の登録はコチラ:売れない不動産の無償譲渡:売れない、貸せない空き家ならみんなの0円物件の評判・口コミ

みんなの0円物件の評判・口コミ:売れない不動産の無償譲渡サイト:売れない、貸せない空き家勝負なら マンション売却・不動産売却
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

みんなの0円物件

家を購入する時に、その家がお荷物になると思って買う人はいないでしょう。

不動産だけあって、れっきとした資産、
場合によっては建物の価値はゼロでも、土地代だけは残る・・・
くらいのことを考えていると思います。

しかし、実際はそうともいきません。

今回紹介するみんなの0円物件は、

  • 売りたいけど全然売れない家
  • 放ったらかしている土地
  • 自治体から「特定空き家」された家

0円でもいいから買ってほしい・もらってほしい

そんな悩みを抱いているオーナー(所有者)と0円で買いたい人の橋渡しをしてくれるサイトです。

実家を相続したけど使い道がなく、タダでもいいから貰って欲しい人。
無症譲渡物件、不動産マッチング支援サイト”みんなの0円物件”に登録してみるといいと思います。

みんなの0円物件とは?

都心では、不動産価格が高値を推移しています。

中古でも築古でも、その価値が認められ頻繁に取引されています。

しかし、
場所が変われば・・・。
状況が変われば・・・。

それが、ニュースでも度々取り上げられる空き家問題。

以前、このサイトでも空き家問題に関して紹介しました。

  • 日本の空き家は820万戸
  • 空き家率、13.6%で過去最高
  • ゆくゆくは4分の1・3分の1が空き家に

と言われています。

空き家の定義

では、そんなに空き家はあるのでしょうか?

空き家のイメージは、

  • 相続人が手をつけず無法状態の一軒家
  • 空室だらけの廃墟化したマンション

ではないでしょうか?

もちろん、これも空き家です。

空き家の定義に入るのは、それ以外に

  • 空室中(客付け中)の賃貸マンション
  • 不動産売却中の空室のマンション・家
  • 二次的住宅という別荘・セカンドハウス

なども空き家位置づけられます。

今回の場合、
売るに売れない家や土地なので、誰も住んでおらず、管理もされていない家や土地が多くを占めると思います。

みんなの”0円物件”は、そのような物件のマッチング支援なのですが、需給関係は成り立つのでしょうか?

  • 価値のない家
  • ボロい家

を欲しい人はいるのでしょうか?

『みんなの0円物件』の立ち位置

そもそも、なぜ、売れないような土地を手にしてしまうのでしょうか?

その多くは相続です。

育った家を相続することはよくあることです。

しかし、核家族の今、子供は地元を離れ都会に出て、そのまま生活している場合、
親が住んでいた土地は思い出の家はあっても、少なくとも先祖代々残したい家ではないでしょう。

不動産を持てば、
誰も住んでいない家であっても

  • 管理が必要です。
  • 固定資産税もかかります。

相続した人からすれば、処分を検討したくなります。

そして、いざ売却を進めると、

  • お問い合わせもなく・・・
  • 内見もなく・・・
  • 売却価格を下げても反応はなく・・・

家が簡単に売れない事実にはじめて気づきます。

そして言われるのが、
「家を解体して、更地にしてもらえれば、購入します!」
の一言。

解体費用が発生

家を売って少しでもお金にしようと思ったら、
解体費用が発生!!
貰った見積もり、200万円程度www
*物件の解体費用は、1㎡あたり1.5万円が相場

そこで初めて、負の遺産・マイナスの相続をしたことに気づくのです。

みんなの0円物が注目されている理由は、
運営者(中村さん)が、実際にその局面に出会でくわせ、
建物の解体費用・不用品の廃棄費用で驚愕の300万円以上の見積もりを受けた経験からです。

みんなの0円物の立ち位置は、そんな選択肢がなくなり行き場を失った人へ寄り添うサポートとなっています。

ちなみに、
運営者の中村さんの場合、運良く
この物件を使ってお店をはじめたいという方とめぐり合うことができため、
土地・建物を含めてすべて無償譲渡、お互いwin!win!の形で決着しました。

  • 価値のない家
  • 0円でもいいから譲りたい家

これは、所有者の想いです。

  • 新型コロナウイルスの発生で、田舎暮らしも注目されました。
  • インバウンド需要はなくなりましたが民泊需要はいつか復活するでしょう。
  • 0円の家に手を入れて賃貸運用を考える人もいます。
  • 山林を購入してプライベートキャンプをする人も増えています。

隠れた需要とのマッチングがみんなの0円物件のビジネスモデルでもあります。

>>詳細はコチラ

みんなの0円物件の口コミ・評判

みんなの0円物件について、一番気になるのは、口コミや評判、実例だと思います。

公式サイトに実際の譲渡体験談・口コミが掲載されていたので紹介します。

みんなの0円物件の口コミ

物件の状況

特定空き家に指定される寸前の建物を自身で解体。
周囲の道路幅も軽自動車がギリギリ通れるほどと狭く、使用するには整地や境界確定に費用がかかるため、なかなか買い手がつかない状況でした。

成約(所有権移転)までの期間

所有権移転12日

感想

他の売買掲示板サイトや、不動産買取サイトも利用しましたが、全くダメでした。私のなかではみんなの0円物件のサービスがシンプルでベストです。
おまかせプランだと、希望と合致する厳選された取得希望者とのみ交渉できるので、楽でした。 支払いが後払いなのも安心です。
官公庁のお仕事をされているのも、信頼の証だと思います。

みんなの0円物件 口コミ

物件の状況

19年前に購入、15年以上未管理。
雑木林で、生活に必要な施設なく両側から笹が生い茂っていました。

成約(所有権移転)までの期間

3週間

感想

うまく契約までできるかどうか心配でしたが、司法書士と知り合いの不動産屋さんに相談しながら進めることができました。
転居により自分が使えなくなった不動産を、必要な方にお譲りできて良かったと思います。

みんなの0円物件の評判

物件の状況

遠方に移住する事となり、家の解体に向け家具などすべて片付けました。
解体の日程も決めていたところこのサイトを知り、この際解体するよりもどなたかにただで引き取ってくれないかと思いすぐに利用しました。

成約(所有権移転)までの期間

申込2日・所有権移転1か月

感想

解体費用が高く、更地にしても土地の値段が安くて大変な赤字になるし、すぐに貰い手が見つかるとは思えませんでした。
みんなの0円物件に掲載後すぐに連絡が来て驚きました。

みんなの0円物件 評判

物件の状況

平成5年に購入しましたが、これから先建屋を建てる予定がない為手放す事にしました。

成約(所有権移転)までの期間

所有権移転3か月

感想

売却ができず、困っていました。登録後、すぐに何件かの問い合わせをいただき、びっくりしました。

みんなの0円物件 相続

物件の状況

弁護士として、依頼者の所有物件の引受先を探していました。
別荘地で、数年来利用されておりませんでした。

成約(所有権移転)までの期間

成約13日・所有権移転2か月弱

感想

みんなの0円物件、大変有用な仕組みだと思いました。
管理契約を解約できない別荘地は、ランニングコストがかかるため、利用しなくなった所有者にとっては負の資産となってしまいます。
他方、価格が低く仲介手数料を十分に取れないため仲介業者が見つかりにくく、流通に乗せることが容易ではありません。
所有者としては、老後資金の目減りを防止するとともに、相続発生時に相続人の負担を軽減するため、早期に処分したかったので、0円であっても流通に乗せることができたのは大変意味のあることでした。
なお、弁護士である小職の立場からは、「相続/任意後見手続に関与する弁護士、司法書士」にとって、本サイトはもっと知られてよいと思いました。

みんなの0円物件

物件の状況

約50年、全く活用していない空き地で、年2回の草刈り代と、固定資産税を払い続けていました。

成約(所有権移転)までの期間

成約1日・所有権移転2か月

感想

管理会社に売却を依頼していましたが、8年近く全くニーズはありませんでした。
土地売却の一括サイトにエントリーしてみても取り扱ってくれる不動産屋もなく、途方にくれておりましたところ、みんなの0円物件を見つけました。
ネットに掲載して1日も経たないうちに7件のお申し込みを頂戴し、当サイトの影響力の大きさに驚きました。
1番最初にお申し込み頂いた方と直接交渉し、名義変更の手続き代を負担して頂く事を条件に、贈与致しました。
お譲りした方は、リモートの拠点にされるとの事で、長年空き地だった土地を活用して頂ける事となり、お役に立てて良かったです。
長年、全くニーズのなかった土地が、このサイトに掲載した途端、多くのお申し込みがあり、マッチングのシステムさえあれば、お互いwinwinで不動産を活用出来るのだと思いました。

【比較したいサイト】
0円物件投資:戸建ゼロ円ゲットセミナー

空き家を売るするなら?
特定空き家に指定される前に売却がおすすめ

相続した家の処分問題

相続は多くの人にとって、一生に一度の大きな出来事です。

特に、家や土地を相続する場合、その後の処理や管理が課題となることが多いです。

相続した家や土地が負の遺産になるケースとは?

「負の遺産」とは、相続した財産の価値が、それにかかる負債や維持費を上回る場合を指します。

具体的には以下のようなケースが考えられます。

老朽化した家屋

築年数が古く、修繕やリフォームが必要な家屋は、その費用が高額になることが多い。また、そのまま放置すると更地にする際の解体費用も増加するリスクがある。

立地の悪い土地

交通の不便な場所や、周辺の環境が悪化している土地は、売却する際の価格が低くなる可能性が高い。

固定資産税の納税義務

相続した土地や家屋には、毎年固定資産税がかかります。特に大きな土地や建物を相続した場合、税金の負担が重くなることがある。

《解体費用や固定資産税の問題点》

解体費用
老朽化した家屋を解体する際には、専門の業者に依頼する必要があります。この際、アスベストや有害物質の処理、廃棄物の処分など、多くのコストが発生します。特に、建築基準法や廃棄物処理法などの法律に基づく適切な処理が求められるため、その費用は予想以上に高額になることがあります。
固定資産税
土地や建物の価値に応じて課税される固定資産税は、所有者の負担となります。特に、都市計画法に基づく区域内の土地や、特定の用途地域に位置する土地は、税率が高くなることがあります。また、固定資産評価基準に基づく評価額が高い場合、税金の負担も増加します。

自治体・行政との関わりも

空き家の状態で放ったらかしにしておくと、廃棄物置き場・治安の問題にも発展します。

雑草がのびのびになれば、中の状況がわからなくなります。
そこがたまり場になったり、ごみ置き場になったり。

また、不法侵入や不法占拠、景観上の問題、倒壊の危険性や害虫・悪臭の発生、放火のリスクなどで近所迷惑になります。

2015年に施行された「空家等対策特別措置法」で自治体は「特定空き家」として指定することができました。
勧告や改善命令を出すことができ、指示に従わない場合は固定資産税の増額や罰金などのペナルティが課されるだけでなく、行政代執行により解体も可能となりました。
*その費用が所有者に請求されます。

行政としては、問題点をすべて洗い出し執行しますので、1千万円を超える解体費用が所有者に請求されるケースも出て来ているようです。

掲載無料:無償譲渡のマッチング支援サイト
>>みんなの0円物件公式サイトへ

空き家問題と自治体の対応

日本の都市や地方における空き家問題は、近年、深刻な社会問題として取り上げられています。
高齢化や人口減少、都市部への一極集中などの背景により、多くの家屋が放置される現象が起きています。この問題に対し、各自治体は様々な対策を講じています。

日本の空き家率の現状

日本の空き家率は、年々増加の一途をたどっています。
特に地方都市や過疎地域では、この傾向が顕著です。
国土交通省の調査によれば、日本全体の空き家率は約15%を超え、一部の地域では30%を超えるとも言われています。
この背景には、高齢化による単身世帯の増加や、若者の都市部への流出が挙げられます。

特定空き家としての指定とその影響

「特定空き家」とは、空き家対策の推進に関する特別措置法に基づき、自治体が危険性や周辺環境への悪影響があると判断した空き家を指定する制度です。
この指定を受けると、所有者に対して改修や撤去などの措置が求められます。

指定の基準
建物の老朽化、近隣住民からの苦情、公衆衛生の悪化などが指定の基準となります。
指定後の措置
自治体は、指定を受けた空き家の所有者に対して、改修や撤去を求めることができます。また、一定期間改善が見られない場合、自治体が強制的に撤去することも可能です。
助成金や補助金
多くの自治体では、空き家の改修や撤去にかかる費用の一部を補助する制度を設けています。これにより、所有者の経済的負担を軽減することが狙いです。

自治体の取り組み
各自治体は、空き家問題の解決を目指して、様々な取り組みを行っています。
例として、空き家バンクの設置や、空き家を活用した地域づくりの推進、空き家の所有者と利用希望者をマッチングするサービスの提供などがあります。

また、都市再生機構や地域活性化センターなどの組織と連携し、空き家の有効活用や再生を促進するプロジェクトも進行中です。

空き家問題は、単なる住宅の問題だけでなく、地域社会の活性化や経済の健全な発展にも関わる大きな課題です。自治体の取り組みや国の方針、そして地域住民の協力が求められる時代となっています。

みんなの0円物件ニュース

メディア掲載

    新聞雑誌・テレビ・Web等でご紹介された「メディア掲載」情報一覧

  • 北海道新聞に帯広信金との連携協定に関する記事が掲載
  • 北海道新聞に代表のインタビュー記事が紹介されました
  • NHK「ニュースきん5時」で『みんなの0円物件』が紹介
  • 朝日新聞「ひと」欄で代表の中村領が紹介されました
  • 北海道新聞に室蘭信金との連携協定に関する記事が掲載
  • 朝日新聞に「みんなの0円物件」および、代表のコメントが掲載
  • 愛媛新聞に八幡浜市との連携協定に関する記事が掲載
  • ニッキンに「みんなの0円物件」に関する記事が掲載
  • 朝日新聞に『みんなの0円物件』記事および代表コメントが掲載
  • HTB「イチオシ!!」で『みんなの0円物件』が紹介
  • 週間SPA!に「みんなの0円物件」および当社代表インタビュー記事が掲載
  • STV「どさんこワイド179」で『みんなの0円物件』が紹介
  • HBC北海道放送「今日ドキッ!」で比布町との連携について紹介
  • 夕刊フジ・ZAKZAKに「当社代表のインタビュー記事」が掲載
  • LIFULL HOME’S PRESSに当社代表のインタビュー記事が掲載
  • あさひかわ新聞に「当社と旭川信用金庫との協定締結」に関する記事が掲載
  • 愛媛新聞で『みんなの0円物件』が紹介
  • 週刊朝日2020年7月17日号で『みんなの0円物件』が紹介
  • 住宅産業新聞に『旭川市西神楽地域の空き地調査結果を公表』記事が掲載
  • 日本テレビ「news every.」で『みんなの0円物件』が紹介

「0円物件」から見えた課題 将来見すえ地域開発を 

売れない不動産に悩む人と、活用したい人の橋渡しをするために、0円都市開発合同会社(旭川)が2019年に立ち上げたサイト「みんなの0円物件」が注目

【みんなの0円物件】無償譲渡物件の不動産マッチング支援サイト
無償譲渡・0円物件の不動産マッチング支援サイト

よくある質問

物件の掲載に際して、費用はかかるのでしょうか?

みんなの0円物件は、物件の掲載に関する費用は一切かかりません。また、全ての手続きをご自身で行う「¥0プラン」を選択すれば、追加の費用は発生しません。ただ、手続きの不安や煩雑さを感じる方のために、全面サポートする「おまかせプラン」も提供されています。このプランを選んでも、掲載中の費用は発生しません。成功報酬制なので、安心して利用できます。

まだ物件の相続手続きが完了していないのですが、大丈夫でしょうか?

相続手続きが未完了でもサービスの利用は可能です。ただし、マッチングが成立した後には、手続きの完了が必要となります。その際の状況や進行状況を事前に伝えてください。

物件内に家財道具が残っているのですが、片付ける必要はありますか?

物件内の家財道具が残っていても問題ありません。処分の方法や希望について、また、片付けや処分を希望される場合、片付け代行業者の手配も可能です。

私の所有する物件に、本当に興味を持ってくれる人がいると思えませんが…。

みんなの0円物件では、そのような心配をお持ちの方は多いですが、実際には掲載後の反応に驚かれる方が多いようです。
掲載してみての反応を確認するだけでも、一切の費用はかかりません。一度サービスを試してみるといいと思います。

参考公式サイト
空き家政策の現状と課題及び 検討の方向性:国土交通省

みんなの0円物件の無料登録

みんなの0円物件は、掲示板的に譲受人を求めることが可能です。

  • 無料登録は、すべて自分のでやり取り
  • 有料登録は、みんなの0円物件に連絡・事務作業等をお任せ

まず反応を見るために、無料登録でいいと思います。

反応や複雑な権利関係が発生しそうな場合に、有料に変えるといいと思います。

掲載無料:無償譲渡のマッチング支援サイト
>>みんなの0円物件公式サイトへ

《参考サイト》