シンガポール不動産投資のメリット・デメリット:人気エリア・物件の選び方・外国人投資家の制限などを紹介

シンガポール不動産投資のメリット・デメリット:人気エリア・物件の選び方・外国人投資家の制限などを紹介 シンガポール不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

シンガポール不動産投資

シンガポールは、東南アジアの中心として経済的な発展を遂げてきた国です。

名目GDP(単位:百万シンガポールドル)
・2021(569,364)
・2022(643,546)

その結果、多くの投資家がシンガポールの不動産市場に注目しています。

安定した政治、高いGDP、そして国土の限られた面積が、不動産価格の上昇を後押ししています。

この記事では、

  • シンガポール不動産投資の魅力
  • シンガポールの不動産投資事情
  • シンガポール不動産投資のメリット・デメリット

さらに実際の体験談をもとに、そのリアルな現場を詳しく解説します。

《シンガポール不動産市場の現状》
近年、シンガポールの不動産価格は上昇傾向にあります。

2020年から2022年にかけて、特に中心地域であるCBDやオーチャードエリアでは、物件価格の高騰が顕著に見られました。

この上昇は、シンガポールの経済成長や外国からの投資の増加、さらには国土が限られていることからの供給制約が背景にあるとされています。

シンガポール政府は、外国人投資家を引き寄せるための規制緩和を進めてきました。

その結果、特に日本人や富裕層を中心とした外国人の不動産購入が増加しています。

富裕層向けの高級コンドミニアムや中心地の物件が特に人気で、これらの物件は賃貸需要も高く、安定した利回りが期待できます。

シンガポール不動産投資のメリット・デメリット

シンガポールの不動産市場は、安定した利回りやキャピタルゲインを期待できるため、多くの投資家にとって魅力的です。

また、政治的な安定性や経済の発展、そして法制度の整備など、投資環境が整っている点も大きなメリットと言えます。

《エリア別の特徴》
シンガポールは小さい国土ながらも、エリアによって物件の特徴や価格帯が異なります。

CBDやオーチャードはビジネスやショッピングの中心地であり、物件価格は高めです。

一方、郊外エリアでは、家族向けの広い物件やリーズナブルな価格帯の物件も見られます。

CBD
(Central Business District)
  • 特徴: シンガポールの経済と文化の中心地。高層のオフィスビル、高級コンドミニアム、ホテル、歴史的建造物が混在している。
  • ビジネス: 金融機関、法律事務所、国際企業のアジア太平洋地域の本社などが集まる。
  • 歴史: コロニアル地区には、シンガポールの歴史を感じさせる建築物やモニュメントが点在。
  • レジャー: バー、レストラン、カフェ、アートギャラリーなどが豊富。
  • 観光: マリーナベイサンズ、マーライオン、アジア文明博物館などの観光スポットが集まる。
  • 物件価格: 高価格帯。賃貸需要も非常に高い。
オーチャード
  • 特徴: シンガポールのショッピングとエンターテインメントの中心地。オーチャードロード沿いには多くのショッピングモールが立ち並ぶ。
  • ショッピング: イオンオーチャード、タンジョンペイガープラザ、ネクスタワーなどの大型ショッピングモールが存在。
  • レジャー: 映画館、カフェ、レストラン、ナイトクラブ、ライブミュージックスポットなどが豊富。
  • 宿泊: 高級ホテルからミッドレンジのホテルまで、多様な宿泊施設が点在。
  • 物件価格: 高価格帯。観光客や富裕層向けの物件が多い。
セントーサ島
  • 特徴: シンガポール南部のリゾートエリア。ビーチ、テーマパーク、ゴルフ場などが集まる。
  • アトラクション: ユニバーサル・スタジオ・シンガポール、SEAアクアリウム、アドベンチャーコーブウォーターパークなどが人気。
  • ビーチ: シルオソビーチ、パラワンビーチ、タンジョンビーチなど、美しいビーチが点在。
  • 宿泊: 高級リゾートホテル、ビーチフロントのヴィラ、ファミリー向けの宿泊施設などがある。
  • 物件価格: 高価格帯。リゾート物件や高級コンドミニアムが中心。
トア・パヨ
(トンパヨ・Toa Payoh)
  • 特徴: シンガポールの中心部から北に少し移動した位置にある、歴史的な住宅地域。シンガポールの公共住宅開発の初期から存在するエリアで、多くのHDB(Housing Development Board)フラットが立ち並ぶ。
  • 歴史: トア・パヨは、シンガポールの公共住宅計画の初期段階で開発された地域の一つであり、多くの初期のHDBフラットが今も残っています。
  • 交通: トア・パヨMRT駅を中心に、バスのネットワークも充実しており、シンガポール各地へのアクセスが容易。
  • ショッピング: トア・パヨハブやトア・パヨロータリーマーケットなど、地元のショッピングセンターやマーケットが充実している。
  • 公共施設: トア・パヨには公共図書館やスポーツホール、スイミングコンプレックスなどの公共施設があり、地域住民の生活をサポートしています。
  • 公園: トア・パヨタウンパークやセンサリーパークなど、緑豊かな公園が点在し、住民のリラクゼーションスポットとして利用されています。
  • コミュニティ: 地域コミュニティが非常に活発で、さまざまなイベントやフェスティバルが定期的に開催されています。物件価格: 中〜低価格帯。
  • 周辺施設: 地元のマーケット、学校、公園など。
ウッドランズ
  • 特徴: シンガポールの北部に位置し、マレーシアとの国境に隣接する住宅エリア。
  • 交通: ジョホール・バルへのアクセスが良好。国境を越えるバスやタクシーが頻繁に運行。
  • ショッピング: ウッドランズ・ノース・プラザやコーズウェイ・ポイントなどのショッピングモールがある。
  • 公共施設: ウッドランズ・スポーツホールやウッドランズ・スイミングコンプレックスなどのスポーツ施設が充実。
  • 自然: ウッドランズ・ウォーターフロントパークなど、緑豊かな公園やレクリエーションエリアが点在。
  • 物件価格: 低〜中価格帯。一戸建てやタウンハウスが多い。

参考ページ:マレーシア不動産投資のメリット・デメリット

エリア選びは、投資目的や予算に応じて慎重に行う必要があります。
シンガポール不動産投資

【シンガポール不動産投資のリスク】

シンガポールの不動産市場は、国の経済状況に大きく影響されます。

例えば、GDPの成長率、雇用状況、金利の動きなどが物件価格や賃貸需要に影響を及ぼします。

特に新型コロナウイルスのような大きな経済的影響をもたらす出来事が発生した場合、不動産市場もその影響を受ける可能性が高まります。

投資を行う際は、これらの経済指標をしっかりとチェックし、市場の動向を予測することが重要です。

外国人投資家の制限
シンガポール政府は、外国人投資家に対する不動産購入の制限を設けています。

例えば、一定のエリアや物件タイプには外国人の購入が制限されている場合があります。

また、外国人が購入できる物件でも、購入に際しての条件や手続きが国内の投資家と異なる場合があります。

これらの制限や手続きを事前に確認し、適切な物件選びや購入手続きを行うことが重要です。

税金の問題
シンガポールには、不動産取得時や売却時にかかる印紙税、キャピタルゲイン税、物件の賃貸収入に対する所得税など、様々な税金が存在します。

特に外国人投資家には、高い税率が適用される場合があるため、事前に税制をしっかりと理解し、税金の影響を考慮した投資計画を立てることが必要です。

シンガポール政府は、2軒目の購入や外国人による取得を対象に加算印紙税(ABSD)の税率を引き上げると発表。
2021年12月に実施した増税や22年9月の住宅ローン限度額の厳格化に触れ、こうした措置は「まずまずの効果」を上げたものの、1-3月(第1四半期)の不動産価格は「堅調な需要に伴い加速に向けた新たな兆し」を見せていると指摘した。
声明によると、2軒目を購入する国民に課すABSDの税率は17%から20%に、外国人向け税率は30%から60%にそれぞれ引き上げられる。
引用:Bloomberg

シンガポール不動産投資:物件の選び方

シンガポールの不動産投資を成功させるためには、物件の選び方が鍵となります。

投資目的を明確にし、それに合わせたエリアや物件タイプを選ぶことが大切です。

また、物件の築年数、設備、近隣の環境やアクセス、将来の開発計画など、多くのポイントを考慮して選ぶ必要があります。

《投資物件の種類》

コンドミニアム
  • 都心部や観光地に多く、共用施設が充実しています。
    初心者には特におすすめの物件タイプです。
HDBフラット
  • HDBフラットは、シンガポール政府が提供する公共住宅で、Housing Development Board(HDB)によって開発・管理されています。
    シンガポールの住民の大部分がHDBフラットに住んでおり、手頃な価格での住宅供給を目的としています。

    基本的に、HDBフラットはシンガポールの市民や永住権を持つ者を対象としているため、外国人は直接新しいHDBフラットを購入することはできません。
    しかし、永住権を持つ者との結婚、シンガポールの市民や永住権を持つ兄弟姉妹と一緒に、外国籍の兄弟姉妹がHDBフラットを購入することができます。

一戸建て住宅
  • 郊外に位置することが多く、広い敷地を持つ物件です。
    独自の魅力がありますが、管理が必要です。
ショップハウス
  • 歴史的価値を持つ伝統的な建物でリノベーションしての利用が増えています。
オフィス・商業施設
  • 企業や店舗向けの物件。CBDなどの商業地域に多いです。

《補足》外国人がHDBフラットを購入する際の注意点
購入後、一定期間・最低居住期間が設けられており、その期間内にフラットを販売することはできません。
HDBフラットの購入は、シンガポール政府の住宅政策の変更により、条件が変わることがあります。
最新の情報をHDBの公式サイトや関連機関から確認することが重要です。

シンガポール移住 投資家

物件の選び方のポイント

立地を重視
物件の価値は立地に大きく影響されます。
駅近や中心地は賃貸需要が高く、安定した収益を期待できます。
利回りをチェック
投資としての収益性を示す”利回り”。
高い利回りを持つ物件は、魅力が高い投資物件選びがポイントです。
物件の状態を確認
新築や築浅の物件はメンテナンスが少なく賃貸もしやすくですが、古い物件もリノベーションが可能ですので、収益の最大化を考えた物件の選びが重要です。
市場の動向をリサーチ
人気のエリアや将来性のあるエリアを選ぶことで、長期的な資産価値の上昇を期待できます。
法的制約を確認
購入前に、外国人の購入制限や税制などをしっかりと確認すること、専門家のサポートも重要です。

シンガポール不動産投資の将来性

シンガポールの経済が今後どのように発展していくのか?

シンガポールは、過去数十年にわたり経済的な発展を遂げてきました。

港湾都市としての地理的な利点を活かし、国際的な物流や金融のハブとしての役割を強化してきました。

高いGDP成長率や安定した雇用環境は、不動産市場にもプラスの影響をもたらしています。

今後もシンガポールの経済は、技術革新やサービス産業の発展を中心に、さらなる成長が期待されています。

《新興国との比較》

シンガポールと同じ東南アジア地域には、フィリピン、マレーシアやカンボジア、ベトナムなどの新興国があります。

これらの国々も経済成長を遂げており、不動産市場も活況を呈しています。

シンガポールは政治的な安定性や法制度の整備、さらには国際的なビジネスの中心としての地位が確立している点では、安定感があると言えます。

しかし、成熟しつつあるシンガポールより、利回りや今後の発展という面では、新興国の方がリターンが期待できるとも考えられます。

フラッグシティパートナーズ

フラッグシティパートナーズはフィリピン不動産の販売件数は日本一の不動産投資会社です。

  • 利回り20%を狙える
  • 短期売却益1000万円を狙える

大手デベロッパーの物件を中心に、現地スタッフを常駐させ、的確且つ迅速な情報提供を行っています。

シンガポール不動産投資会社
 

フラッグシティパートナーズの海外不動産投資は、
国内の不動産投資とは異なり、月々3万円前後の積み立て投資なので

  • ローン審査不要
  • 勤続年数不問
  • 年齢(18歳以上)

など、縛りがありません。
国内不動産投資だとローンや年収の審査で落ちてしまっている方でも投資可能なのが魅力です。

 
フラッグシティパートナーズの不動産投資相談(オンライン相談)では、
海外投資のメリット・デメリット・リスク・リスク回避方法など
>>フラッグシティパートナーズ公式サイトへ

関連ページ:
海外不動産投資のメリット・デメリット
ニューヨーク不動産投資
ハワイ不動産投資
ドバイ不動産投資

《政府の方針》

シンガポール政府は、国の経済発展とともに、不動産市場の健全な成長を目指して様々な方針を打ち出しています。

外国人投資家を引き寄せるための税制の優遇や、新しい開発プロジェクトの推進、さらには都市の再開発やインフラ整備など、多岐にわたる施策が進められています。

シンガポールの不動産投資を成功させるためのポイントは、

  • 市場の動向をしっかりと把握すること
  • 投資目的や期間を明確にすること

です。
また、物件の選び方や購入時の手続き、税制や法律の最新情報を常にチェックすることも重要です。
シンガポールは国土が限られているため、将来の開発計画やエリアの再開発の動向も考慮に入れて、長期的な視点での投資を心掛けることが求められます。

シンガポール不動産投資の成功事例

シンガポール不動産投資を検討している人について、一番気になるのは、体験談や口コミだと思います。

クチコミサイト、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、体験談・口コミなどを探しました。

シンガポール 不動産市況

シンガポールのコンドミニアム投資を始めて5年が経ちます。
初めは不動産価格の高騰に驚きましたが、賃貸需要が非常に高く、安定した利回りを得られています。
税制や法律には注意が必要ですが、しっかりとしたリサーチと現地の不動産会社との連携が成功の鍵だと感じています。

シンガポールの郊外エリアは、家族向けの広い物件やリーズナブルな価格帯の物件が人気です。
特に新しい開発エリアや再開発が進む地域では、将来的な価値上昇を期待しての投資が増えています。
郊外の物件は、静かな環境や緑豊かなエリアが魅力となり、家族を持つ外国人や現地の住民からの賃貸需要も高いです。

 

 

シンガポール不動産投資 利回り

シンガポールでのビジネス拠点としてオフィスを購入しました。
取引先や金融機関との距離も近く、非常に便利です。
物件価格は高いですが、ビジネスの中心地としての利便性を考えると、十分に価値があると感じています。

シンガポールの中心地、特にCBDやオーチャードエリアは、ビジネスやショッピングの中心として非常に人気があります。
物件価格は高めですが、賃貸需要も非常に高く、特に高級コンドミニアムやオフィスビルは外国人投資家からの注目が高まっています。
中心地の物件は、アクセスの良さや周辺施設の充実度、さらには将来的な価値上昇の可能性から、多くの投資家が成功を収めています。

 

 

シンガポール不動産投資 コンドミニアム

シンガポールの不動産市場に初めて投資を行った際、物件価格の高騰や税制の変更などのリスクに直面しました。
しかし、しっかりとしたリサーチと現地の不動産会社との連携により、これらのリスクを乗り越え、安定した利回りを得ることができました。
リスクを避けるのではなく、それを乗り越えるための準備と知識が投資の成功の鍵だと語っています。

日本人のお客様からの不動産の問い合わせが増えています。
特に中心地の物件に関心が高く、購入後は賃貸として利用される方が多いです。シンガポールの不動産市場はまだまだ伸びると感じています。

 

よくある質問・Q&A

シンガポールの不動産価格は上昇傾向にありますか?

近年、特に中心地域では物件価格の上昇が顕著に見られています。

外国人はシンガポールの不動産を購入できますか?

外国人も購入は可能ですが、一部制限があるエリアや物件タイプが存在します。

シンガポールの不動産にかかる税金はどれくらいですか?

物件の種類や価格、所有期間などによって異なりますが、印紙税やキャピタルゲイン税などが考慮される必要があります。

シンガポールの物件を賃貸する際の平均利回りは?

エリアや物件のタイプによりますが、中心地での利回りは2% – 4%程度が一般的です。
近年、物件取得価格高騰もあり、利回りが大きく下がっています。
関連ページ:不動産投資の物件価格

シンガポールの不動産市場の将来性はどうですか?

経済の成長や政府の施策を考慮すると、中長期的な成長が期待されています。

シンガポールの不動産エージェントを利用するメリットは?

現地の市場情報の提供や手続きのサポート、税制や法律に関するアドバイスなど、多岐にわたるサポートが受けられます。

シンガポールの物件を購入する際の注意点は?

物件の立地や築年数、将来の開発計画など、多くのポイントを考慮する必要があります。

シンガポールの物件の賃貸市場は活況ですか?

はい、特に中心地では賃貸需要が高く、安定した収益が期待できます。

シンガポール不動産投資:まとめ

シンガポールの不動産投資は、安定した利回りやキャピタルゲインを期待できる一方で、税制や法律、物件の選び方など、多くのポイントを考慮する必要があります。

しかし、上記の体験談のように、しっかりとした準備と知識を持って取り組めば、成功の可能性は高まります。

シンガポールの不動産市場は今後も注目されるでしょう。

この記事が少しでも参考になればと思います。

≪告知:シンガポール不動産投資会社様へ≫
おすすめのシンガポール不動産投資として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)