リビンマッチ不動産売却の評判・口コミ:家やマンション、土地を売りたい!無料査定・売却相談サービス

リビンマッチ不動産売却の評判・口コミ マンション査定・不動産査定
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

リビンマッチ不動産売却

マイホームの売却は

  • 誰にお願いすればいいのか?
  • いつのタイミングが最適なのか?

買い主あっての不動産取引ですし一概に答えはありません。

相場を把握し、それに合わせた販売価格設定、不動産流通システム・ポータルサイトに掲載するという基本的な流れから始まる不動産売却ライフ。

  • お問い合わせがない悩み
  • 内見の反応が悪い
  • 売れない不安
  • 価格変更への抵抗

不動産は簡単に右から左へ動かせるものではないので、人それぞれ不安な悩みが伴います。

今回紹介するリビンマッチ不動産売却は、
リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)が運営する不動産一括査定サービスです。

簡単45秒の入力で最大6社に一括査定依頼
>>リビンマッチ不動産売却公式サイトへ

リビンマッチ不動産売却とは

リビンマッチ不動産売却の特徴である一括査定。

一括不動産査定サイトはこれまでも何社か紹介しました。

  • 不動産業界をリードする6社(三井のリハウス・住友不動産販売・三菱地所ハウスネット・野村の仲介・東急リバブル・小田急不動産株式会社)が運営するすまいValue
  • 東京証券取引所スタンダード市場上場(株式会社Speee)が運営するイエウール
  • 東京証券取引所プライム市場上場(株式会社ADWAYSグループ:株式会社 サムライ・アドウェイズ)が運営する”いえカツLIFE”
  • ソニーグループ(SREホールディングス株式会社:旧おうちダイレクト)が運営する”おうちクラベル”
  • 旧SBIライフリビング株式会社(株式会社ウェイブダッシュ)運営する”RE-Guide”
  • マンションに特化(マンションリサーチ株式会社)が運営する”マンションナビ”
  • リースバック専門コンシェルジュ(株式会社応援宣言)が運営する”家まもルーノ”
参考ページ:不動産査定サイトおすすめ比較
口コミ・評判:家・マンションを売るならどこがいい?大手と一括不動産査定サイト

HOME4U】でマンション売却・不動産査定するなら:NTTデータの不動産査定サイト

マイホーム(マンション・一軒家)の査定に欠かせない一括査定の活用は、このところ当たり前になってきました。

リビンマッチ不動産売却は
約1,700社の中から最大6社まで不動産の査定額を見積もり比較ができるため、

  • 大手不動産会社
  • 中小の不動産会社
  • 地場の不動産会社
  • 買取に強い不動産会社
  • リースバックなどニッチ市場の不動産会社

上記の5つなど、最高値・最安値の相場確認だけでなく、売却戦略を考える上での不動産会社とのコンタクトとしても活用できます。

【大手の強み】
大手不動産は、なんといっても知名度でしょう。
テレビCMや駅前の店舗などイメージとして頭に残っていることから、親近感や安心感があります。
各エリアに支店があることから、積極的に広告を打ち、広範囲でのサポートが可能。
販売力の高さから多くの顧客を持ち、売りでも買いでもメリットがあります。
【地場の不動産会社の強み】
地場の不動産会社は、地元の売却事情に長けています。
地元ならではの人脈(地主との関係・相続等の事情)・ノウハウ・慣習など、エリアに特化した売却サポートに強みがあります。

リビンマッチ不動産売却は、
日本全国約1700社の不動産会社登録は、自社だけでなく第三者機関による信用調査によって加盟企業契約を行っています。

大手だけでなく信頼のおける地場の不動産会社も多く、優良企業から査定価格の提示が受けられるため安心して査定が行えます。

>>リビンマッチ不動産売却の査定はコチラ

リビンマッチ不動産一括売却査定の活用の流れ

リビンマッチ不動産売却の公式サイトに、
一括査定サイトを活用した不動産売却の流れが紹介されています。

【6つの流れ】

  1. 不動産の査定依頼
    物件情報と連絡先等を入力し査定依頼
  2. 不動産査定(訪問調査・机上査定)
    査定依頼をした不動産会社が、査定価格を提示。
    査定結果の確認、担当者の説明をもとに売却判断。
    訪問調査:査定員が実際、室内を確認して査定
    机上査定:近隣相場・売買情報をもとに査定
  3. 媒介契約
    売却活動をお願いする不動産会社の決定、媒介契約の締結
    *媒介契約:一般媒介契約・専任媒介契約・専任専属媒介契約
  4. 売却活動
    媒介契約を締結した不動産会社が、レインズへの登録、ポータルサイト(スーモ・アットホーム・HOME’S等)、チラシなどを活用して売却活動を行います。
  5. 売買契約締結
    購入者からのお問い合わせ・内見・申し込みの流れから、価格や条件を交渉して売買契約締結
    *住宅ローンの審査等も
  6. 引渡し
    売主・買主の意向で引渡し日時に確定・引き渡し

リビンマッチ不動産売却の口コミ・評判

リビンマッチ不動産売却は、
週刊住宅・リフォーム楽楽通信・週刊全国地賃貸住宅新聞・家主と地主など
数々のメディア(新聞・雑誌)で紹介されています。

リビンマッチ不動産売却

リビンマッチ不動産売却について、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

ツィッターやインスタグラム、フェイスブック、公式サイトに体験談・口コミが掲載されていたので紹介します。

リビンマッチ不動産売却 口コミ

複数の会社による査定額などを比較検討して、なるべくベストなかたちで売却 できるようにしたいと思い、査定結果を比較できるリビンマッチ不動産売却を利用しまし た。
複数の中から依頼した会社は、
「不動産を売却する際は価格交渉が入り、仮に 価格を下げられても損をしないように」
という根拠のもと、ギリギリまで高い 査定額を出してくれました。

リビンマッチ不動産売却 怪しい

依頼した会社は、相場価格よりも100万円程高く査定額を出してくれました。

理由も明確で、値下げ交渉した際にあまり損をしないで済むように、まずは高めの価格で売り出しましょうと言うもの。

こちらのことをきちんと考えてくれ たもので、大変うれしかったです。

最終的には買い手が見つかり、最初の査定 額に近い形で成約することができました。
とても満足しています。

リビンマッチ不動産売却 評判

リビンマッチ不動産売却で比較を重ね、一社と専任媒介契約を結びました。

専任でお任せしようと思った理由は2つあります。

査定額が高かったから、そして担当者の対応が良かったからです。

住宅ローンの残債があったため、損をしないようにと少しでも高く売 るための工夫して、査定額を出してくれました。

おかげで専任媒介契約を結んでから、わずか一か月で無事に売ることができま した。

リビンマッチ不動産売却 迷惑電話

複数の中から、大手だけじゃなくて地元の不動産会社を紹介いただけたことが良かったです。

私が東京に住んでいたのでなかなか会うことができないのです が、一生懸命動いてくれてスピーディでした。

弁護士との交渉の場面でも担当 の方がやってくれたりと非常に対応が良かったです。

残債が700万円ほどあっ たのですが、750万円で売却でき借金も完済しました。

>>クチコミの続きはコチラ

リビン・テクノロジーズニュース

リビンマッチ不動産売却を運営しているリビン・テクノロジーズ

クラウド営業支援ツール「ネクストSFA」を導入

Webマーケティングとクラウドセールステック(営業DX)を展開する株式会社ジオコード(本社:東京都新宿区:証券コード 7357)が開発・提供するクラウド営業支援ツール「ネクストSFA」が、東証マザーズ上場のリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区:証券コード 4445)に導入

ビジネスツール比較サイトリリース

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社は、2022年2月15日に、不動産専門ビジネスツール比較サイト『不動産ビジネスバンク』をリリース

AI×ビッグデータ『ターボ査定』

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社は、当社のAI×ビッグデータによるサブスク不動産査定書作成サービスを『ターボ査定』として2022年2月14日にリニューアル

【更新履歴】
2024年3月:記事リライト
2023年5月:画像追加
2022年9月:利用者の口コミ・感想
2021年10月:初期記事アップロード

リビンマッチ不動産売却の特徴

リビンマッチは、多岐にわたる不動産物件に対応しています。

具体的には、一般的な「マンション」や「戸建て」はもちろん、土地取引に関連する「土地」、資産運用を目的とした「投資用物件」、ビジネス用途の「ビル」や「店舗」、製造業や物流業に関連する「工場」や「倉庫」など、多種多様な物件カテゴリに対応しています。

このような幅広い物件対応は、不動産の専門領域ごとの知識やノウハウを持つ専門家との連携が不可欠です。

特に「投資用物件」や「ビル」などは、賃貸収入やキャッシュフロー、立地条件などの専門的な知識が求められます。

提携不動産会社のネットワーク
リビンマッチは、1700社以上の不動産会社と提携しています。

この数字は、一般的な不動産一括査定サービスと比較しても非常に多いと言えます。

この広範なネットワークは、利用者にとっては多様な選択肢を持つことができるというメリットがあります。

また、最大で6社までの不動産会社を紹介するサービスは、物件の特性やエリア、利用者のニーズに合わせて、最適な不動産会社を選ぶことができる点が特徴です。

この「マッチング」の精度は、物件の売却価格や取引スピード、サービスの質に大きく影響します。

[運営会社の信頼性]
リビンマッチを運営する「リビン・テクノロジーズ」は、東京証券取引所のグロース市場に上場しています。

上場企業としての透明性や信頼性は、利用者にとっての安心感をもたらします。

また、上場企業としての経営体制やコンプライアンスの徹底は、サービスの品質や安定性を保証する要因となります。不動産取引は、多額の資金が動くビジネスであり、取引先としての信頼性や安定性は非常に重要です。

リビンマッチは、その多様な物件対応、広範な提携不動産会社ネットワーク、そして運営会社の信頼性という3つの大きな特徴を持つサービスです。これらの特徴は、不動産売却を検討する際の大きな判断基準となるでしょう。

リビンマッチ不動産売却を活用するメリット・デメリット

《メリット》
不動産取引において、取引先となる不動産会社の選択は非常に重要です。
その選択の幅を広げる要因として、リビンマッチが提携している多数の不動産会社が挙げられます。
この提携の幅広さは、以下の点で利用者にとって大きなメリットとなります。

多様な物件カテゴリへの対応
一般的に、不動産会社は「マンション」や「戸建て」といった住宅物件を主に取り扱うことが多いです。しかし、リビンマッチの提携不動産会社は、これらの住宅物件だけでなく、「工場」や「倉庫」といった商業・産業用物件、さらには「農地」などの特殊なカテゴリの物件も取り扱っています。これは、不動産の「用途地域」や「都市計画区域」、「建ぺい率」や「容積率」といった専門的な知識を要する物件にも対応していることを示しています。
地域性の違いをカバー
不動産は「場所」が非常に重要な要素となります。そのため、地域ごとの特性や市場動向を理解している不動産会社との取引は、物件の適正な評価やスムーズな取引を実現する上で欠かせません。リビンマッチの多数の提携不動産会社は、全国各地の地域特性を熟知した専門家とのネットワークを持っています。
専門的なニーズに応える
不動産取引には、様々なニーズが存在します。
例えば、投資目的での物件購入、事業拡大に伴う新たな店舗や工場の確保、農業活動のための農地取得など、目的や背景は多岐にわたります。
リビンマッチの提携不動産会社は、これらの多様なニーズに対応するための「物件用途」や「取引形態」、「資金計画」などの専門的な知識と経験を持っています。
リビンマッチが提携する多数の不動産会社は、利用者にとって多様な選択肢と専門的なサポートを提供する大きな強みとなっています。物件のカテゴリや地域、取引の目的に応じて、最適な不動産会社とのマッチングを実現することができるのは、リビンマッチの提供するサービスの大きな魅力の一つです。

《デメリット》
リビンマッチの運営会社が広告代理店であることは、サービスの提供形態やビジネスモデルに影響を与える可能性があります。

広告代理店は、クライアントの広告や宣伝活動をサポートすることを主な業務としています。

この背景から、リビンマッチのサービスが広告や宣伝活動に偏重する恐れがあります。
具体的には、「広告収入」や「アフィリエイト報酬」を主要な収益源とするビジネスモデルが採用される可能性が考えられます。

上場企業としての透明性の欠如
上場企業は、証券取引所の規則や法律に基づき、定期的に財務諸表や経営情報を公開する必要があります。
これにより、投資家やステークホルダーは企業の経営状況や財務健全性を確認することができます。
しかし、リビンマッチの運営会社が上場していないため、このような情報の透明性が欠けている可能性があります。

これは、サービスの信頼性や安定性に疑問を持つ要因となるかもしれません。

コンプライアンスの懸念
上場企業は、コーポレートガバナンスの強化やコンプライアンスの徹底が求められます。
これは、企業の経営体制や組織文化、内部統制の強化を意味します。
一方、非上場の企業は、これらの要件が緩やかであるため、経営の透明性やコンプライアンスの徹底が不十分であるリスクが考えられます。
情報開示の限定性
非上場企業は、情報開示の義務が限定的であるため、企業の業績や経営方針、リスク要因などの詳細な情報が公開されないことが多いです。これにより、サービスの利用者や取引先が企業の信頼性や安定性を判断する際の情報が限られる可能性があります。

サービスに向いている方

リビンマッチのおすすめ対象者: 地域の幅広さを求める人々

都市部と地方部の不動産市場の違い
日本の不動産市場は、大都市圏と地方都市で大きな違いがあります。大都市圏では、土地の希少性やビジネスの集積、人口の流入などにより、不動産の価格が高騰する傾向があります。一方、地方都市では、人口減少や商業施設の空洞化などの問題があり、不動産の価格が低迷するケースが多いです。このような背景から、不動産の「査定」や「取引」において、都市部と地方部で異なるアプローチや知識が求められます。
地域特性を理解した査定
不動産の価値は、その「立地条件」や「周辺環境」、「利便性」などの地域特性に大きく影響されます。例えば、都市部のマンションは、駅からの距離や商業施設の充実度、学区などが査定のポイントとなります。一方、地方の一戸建ては、自然環境や地域コミュニティ、交通アクセスなどが重要な要因となります。リビンマッチは、これらの地域特性を熟知した提携不動産会社とのネットワークを持っており、幅広いエリアでの査定を実現しています。
地方再生と不動産の役割
近年、地方再生や地域活性化が国の重要な政策となっています。この中で、不動産の「再生」や「活用」は、地域の魅力向上や人口流入の促進に貢献する要因となります。リビンマッチのサービスは、地方の不動産も査定の対象として取り扱っており、地方再生の一環としての不動産取引をサポートしています。
多様なニーズに対応する査定
不動産の査定には、様々なニーズが存在します。都市部では、投資目的や賃貸活用、事業拡大などの商業的なニーズが中心となります。一方、地方では、移住や観光、地域資源の活用などの多様なニーズが存在します。リビンマッチは、これらの多様なニーズに対応するための「物件特性」や「取引形態」の査定を提供しています。

よくある質問

不動産査定とは何ですか?

マンションや戸建ての売却をする際に不動産会社に売却価格の見積もりを依頼することです。
築年数、立地、平米数、間取りなどを総合的に判断して不動産価格を算出します。売却査定をすることで相場を知ることができます。

費用は掛かりますか?

リビンマッチご利用の際の費用は一切掛かりません。

何社まで査定できますか?

リビンマッチでは最大6社まで一括査定できますので比較検討することが可能です。

どのような不動産会社がありますか?

大手の不動産会社から地域に密着した不動産会社まで全国数百社と提携しています。

田舎でも査定はできますか?

リビンマッチでは全国(市区町村)の査定が可能となっております。一部の地域においてはお取り扱いがない地域もございます。

土地の査定もできますか?

マンションや戸建て以外の土地の査定も可能です。

売却の流れを教えてください。

不動産の売却までの流れは以下となります:不動産会社と訪問査定、媒介契約、買い手探し、売買契約、決済。

内覧とは何ですか?

物件の購入を検討されている方に実際に物件を見てもらうことです。

住みながら売却活動はできますか?

はい、可能です。しかしながら売却後の計画はしっかりとたてておきましょう。

関連ページ:不動産無料一括査定サイト

リビンマッチ不動産売却のお問い合わせ

リビンマッチ不動産売却は、最大6社に査定が可能です。

査定額を比較できるのはもちろんですが、
各社の査定額への考え方、今後の不動産市況を確認できる絶好のタイミングです。

多くの不動産会社は、
査定額以外の資料やデータを提示してくれるため、不動産売却の基礎知識を得ることも可能です。

現状、
リビンマッチ不動産売却で一括査定を行うと、もれなく2000円分→10000円のギフトカードプレゼント中です。

  • 家の売却を考えている
  • マイホームの査定額を知りたい

方は、リビンマッチ不動産売却の査定を活用してみるといいと思います。
一括登録なので、時間短縮可能!

累計440万人が利用、80%以上(82%)の方から「また使いたい」と人気!
リビンマッチで不動産売却
最短45秒の入力で最大6社に一括査定依頼

信頼できる不動産会社に相談したい・アドバイスが欲しい方は、ぜひ、この機会にお気軽にいくらで家が売れるか?試してください。
>>リビンマッチ不動産売却公式サイトへ

調査期間:2016年4月3日〜7月31日
調査概要:リビンマッチ不動産売却利用者(2016年1月〜4月)を対象としたインターネットによるアンケート調査
有効回答数:345名・媒介契約者数:98名・売却完了者数:34名

≪参考サイト≫

  • リビン・テクノロジーズ株式会社
    Living Technologies Inc.
  • 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル8階
  • 事業内容
    DXプラットフォーム事業
    領域特化型DXプロダクトの開発と運営
    ○マッチングプラットフォーム
    ○DXクラウド
  • 許認可/認定
    pMark有料職業紹介事業許可 13-ユ-308903
    労働者派遣事業許可 派13-308471
    プライバシーマーク認定事業者 10830322(08)
  • 公式サイト:https://www.lvnmatch.jp/

関連参考ページ
有料無料職業紹介関係:厚生労働省