不動産買取とは?おすすめの買取業者の体験談、買取と仲介の比較、高く売れるの?安くなるの?メリット・デメリット

不動産買取とは?高く売れるの?安くなるの?買取と仲介の比較、メリット・デメリットを紹介します。 マンション査定・不動産査定
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢・・・の再来リスクも

お住いのエリアは上がってる?

イエウールなら簡単に家の価値を確認できます。

月間2万8000人突破の定番のサイト

机上査定なら査定員が家に来ることなく査定が可能

↓ 全国対応なので気になる方は ↓

北海道
・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県
愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国
・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県
高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

貴重な1分が人生を変える1分に!
無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

不動産買取

家を売却する方法は1つだけではありません。

不動産売却方法として

  • 不動産仲介
  • オークション(ネットオークション)
  • 自己流通
  • リーズバック

そして、今回紹介する不動産買取があります。

不動産買取とは

不動産会社が直接所有者から不動産を買い取ることを指します。

これは、一般的な不動産取引とは異なり、売主と買主が直接契約を結ぶ形となります。

特にスピーディな売却を希望する場合や売却価格を確定したい場合に有利とされています。

また、不動産屋(宅建業者)への売却であるため、仲介手数料が発生しないため、売却価格全額を受け取ることが可能となります。

しかし、一方で不動産買取にはデメリットも存在します。
例えば、仲介に比べて売却価格が低くなる可能性があります。

これは、買取業者がリスクを負うため、それを考慮した価格設定となるためです。
また、買取業者の選択も重要で、信頼性や評価、買取実績などを考慮に入れて選ぶ必要があります。

この記事では、

  • 不動産買取のメリットとデメリット
  • 買取業者が果たす役割
  • 不動産買取業者の選び方

について詳しく解説します。

また、実際の体験談やよくある質問も取り上げ、不動産買取について深く理解するための情報を提供します。

不動産買取を検討している方、または不動産買取について詳しく知りたい方にとって、有益な情報が満載します。

不動産買取のメリット

不動産買取はどんなに人におすすめなのか?

それを紐解くために不動産買取のメリットを挙げてみました。

【スピーディな売却】
不動産買取の大きなメリットとして、スピーディな売却が挙げられます。
不動産の売却は通常、

  • 時間
  • 労力

を要するものです。
しかし、不動産買取では、売主と買主が直接契約を結ぶため、手続きが迅速に進みます。
これは、急な転勤や生活環境の変化、1日も早く現金を手にしたい方など、早期に物件を手放す必要がある場合に特に有利です。
参考サイト:不動産を即現金化するには?

【売却価格の確定】
不動産買取では、売却価格が事前に確定します。

仲介での不動産査定は、あくまでも「売却できるであろう」想定価格です。

実際に市場に出すと、申し込み時に大幅に安い金額を提示されたり、値引き交渉で100万円・300万円・3%・5%等の値下げに応じる場合もあります。

その点、不動産買取査定は、買取価格そのままです。

これにより、売却後の金額を事前に把握することができ、資金計画を立てやすくなります。

また、価格交渉の手間も省けるため、精神的な負担を軽減できます。

【仲介手数料の不要】
不動産買取では、仲介手数料が不要となります。

不動産仲介では、不動産会社が売主と買主の間に立ち、双方をつなげる役割を果たします。
不動産会社は売主から物件を売却するための助けを、買主からは物件を購入するための助けを受けるため、そのサービスの対価として仲介手数料を受け取ります。

一方、不動産買取では、不動産会社が直接売主から物件を買い取ります。
この場合、不動産会社は買主となるため、売主と買主の間に立つ「仲介」の役割を果たさないのです。
仲介手数料は、仲介をした対価として発生する費用であるため、仲介手数料が発生しません。

不動産買取の場合、
不動産会社は買取した物件をリフォームやリノベーションを行った上で再販売し、その差額で利益を得ます。
そのため、売主から仲介手数料を取る必要がないとも言えます。

これにより、売却価格全額を受け取ることが可能となります。
仲介手数料は、売却価格の数パーセント(3% + 6万円 + 消費税等)を占めることが多く、これが省けることで大きな経済的メリットとなります。
不動産買取

不動産買取のデメリット

決して不動産買取は良いこと尽くめではありません。

メリットがある反面、デメリットも存在ます。

【売却価格の下落】

不動産買取の一番のデメリットとして、仲介に比べて売却価格が低くなる可能性があることです。

買取業者はリスクを負うため、それを考慮した価格設定となります。

そのため、最高の価格で売却したい場合は、市場価格をしっかりと把握し、複数の買取業者から見積もりを取ることが重要です。

【買取業者の選択リスク】
買取業者の選択は重要です。

信頼性や評価、買取実績などを考慮に入れて選ぶ必要があります。

また、業者によっては専門性(強み弱み)が異なるため、自身の物件タイプやエリアに強い業者を選ぶことも大切です。

【契約後のキャンセルが難しい】
一度買取契約を結んでしまうと、キャンセルのハードルが高くなります。

契約書には、物件の売却価格、引渡し日、違約金など、売主と買取業者が守るべき事項が詳細に記載されています。

契約を一方的にキャンセルする場合に発生する違約金が含まれていることが一般的です。
契約を守らなかった方が支払うペナルティのため、契約内容や物件の価格によりますが、高額な費用になります。

そのため、契約前には十分な検討が必要です。
また、契約内容をしっかりと理解し、分からない部分はしっかり確認、必要であれば専門家の意見を求めることも重要です。

おすすめの不動産買取業者比較・ランキング

不動産買取は、すべての不動産会社がサービスメニューとして用意しているわけではありません。

仲介に強い会社は、買取には積極的ではありません。

逆に、積極的に不動産買取を行い再販に力を入れている会社もあります。

そのため不動産買取業者選定は、高額買取の1つのポイントです。

そこで、

  • 不動産買取に強い業者
  • 不動産買取一括査定を行っているサイト
  • 訳アリ物件・事故物件買取にも対応している会社

をおすすめランキングとして紹介します。

いえカツLIFE

いえカツLIFEは、
株式会社 サムライ・アドウェイズ(東証プライム:2489)が運営する一括査定サイトの中でも、

  • 不動産買取査定
  • 仲介での不動産査定
  • リースバック査定

3つの査定が1回で出来る便利なサイトです。
不動産買取会社

【いえカツLIFEの口コミ】
家を離れてからの売却は色々と不安だったので、転勤前に売却を済ませたかった状況でした。仲介査定と合わせて買取査定、リースバック査定も比較出来るようでしたので私にはぴったりでした。
高い評価額だった仲介、業者買取の2社とのやり取りでしたので負担なく検討できました。転勤で期限が決まっていたので、今回は業者買取りを選択しましたが、仲介の値段も把握していたので、仲介手数料無しで納得の交渉ができました。いえカツLIFEの仕組みに大満足です。

不動産買取一括サイトなら
公式サイトはコチラ

不動産買取カウンター

不動産買取カウンター
不動産買取カウンターは、不動産買取会社との仲介で高額買取を実現するサービスです。

不動産買取会社が競合することで競争が生まれ、高値買取に強みがあります。
≪こんな方におすすめ≫

  • 売却の取り組みをしているものの、希望通りに進まない
  • 急遽資金が必要となり、不動産を迅速に現金化したいと考えている
  • 相続により手に入れた不動産を、必要なくなったため売却を検討している
  • 転職や新居の決定に伴い、不動産を速やかに手放したい
  • 残置物をそのままにして、不動産を手放したいと思っている
  • 物件の内外装にダメージがあるが、その状態での売却を希望している
  • 周囲の人々に気づかれずに、こっそりと売却を進めたい
  • 頻繁な内覧への対応が難しい状況である
  • 住宅ローンの支払いに遅れが出ており、早急に不動産を現金化したいと考えている

>>公式サイトはコチラ

大成有楽不動産販売:ietan(イエタン)

不動産買取ランキング
大成有楽不動産販売(イエタン)で行える買取サービスは、

  • 買い取りを保証する売却保証サービス
  • 直接買い取るスピード買取サービス
  • 一定期間賃貸で住めるリースバックサービス

になります。

  • 早期処分を望まれている方
  • 賃貸中の物件をご売却したい方
  • 周囲に知られずにご売却したい方
  • 内見などの手間を省きたい方
  • 無駄な経費(仲介手数料等)をかけたくない方
  • 買い替え等で売却するタイミングが既に決まっている方

におすすめです。

【イエタンの口コミ】
投資用の物件は売却が難しいと聞いていましたが、最初から最後までしっかり対応をしていただき無事に売却できました。
電話でのやり取りから始まりましたが、その時から「この人は安心のできる人だ」と思いました。

>>公式サイトはコチラ

《ラクウル》
旗竿地・共有持分売却、築古物件買取、調停・裁判所等での紛争物件等も
不動産買取 人気

新築建売やリフォーム、中古売買、賃貸管理など幅広い知識・経験・蓄積を駆使し、付加価値を付けて転売・運用するノウハウを持った共有持分売却に強み、買取専門会社です

  • 投資家会員10万人(購入意思・資金を持ったユーザー確保)
  • 物件の真の価値を分析
  • 直買取のため諸経費不要
  • 銀行提携
  • エリアマーケティング能力
【ラクウルの口コミ】
資産を処分するため売却を希望していましたが、他社で買い手を見つけることが出来なかったのですが、ラクウルさんが買い取ってくれました。

>>公式はコチラ

不動産買取の窓口

不動産買取 訳あり
不動産買取の窓口は、
通常の不動産業者とは異なり、 売却金額査定~その後の手続きなど幅広く対応しているため、

  • 古い空き家
  • 再建築不可物件
  • 事故物件

等も得意としています。
 

≪不動産買取の窓口の口コミ≫
両親が住んでいた実家が空き家となり、長い間放置してしまっていました。
傾いているためそのままの状態では売れず、解体して更地にした状態で売ることになりましたが、解体業者の手配まで代行していただき、スムーズな売却ができました。

>>公式サイトはコチラ

不動産買取業者の役割

仲介手数料がない不動産買取会社ですが、
業界としての役割は、どのようなものがあるのか?

目線を少し変えて、買取業者の役割を考えてみました。

【不動産の価値を高める】
買取業者は、
買取した不動産の価値を高めるためにリフォームやリノベーションを行います。

これにより、物件は新たな価値を持ち再販売時に高い価格で売却することが可能となります。

古い物件が新たな生命を吹き込まれ、市場に再び戻ることを意味します。

筆者も以前、中古マンション売却時にリフォームを施しました。
キッチンが一新するとそれだけで女性の購買意欲が変わります。
壁紙とセットにすれば、新築住宅を思わせるリビングに変身します。
参考サイト:マンション売却体験談ブログ

【再販売】
リフォームやリノベーションを行った後、買取業者は不動産を再販売します。

これにより、物件は新たな所有者を見つけ、新たな生活の舞台となります。

日本政府も【SDGs】の観点も含め
建てては壊してまた建ててのスクラップ& ビルドからストック型への転換を推奨しています。

このプロセス(リフォーム・リノベーション)は、不動産市場の流動性を保つ上で重要な役割を果たしています。

参考ページ
おすすめのリフォーム業者
おすすめのリノベーション業者

不動産買取 デメリット

【不動産市場の活性化】
買取業者の活動は、不動産市場の活性化にも寄与します。

物件の価値を高め、新たな需要を創出することで、市場全体の流動性を高めます。

昔は、

  • 中古マンションより新築マンション
  • 中古戸建より新築戸建て・注文住宅

が人気でした。

しかし、昨今の不動産市況・物件価格高騰から中古物件に人気が流れています。

その意味で、
不動産買取会社・不動産再販会社は、不動産市場全体の健全性を保つ上で重要な役割を果たしています。

不動産買取の流れ

不動産買取の流れを以下になります。

  1. 買取業者検討
    不動産買取の第一歩は、買取業者探し・連絡です。
    この際、物件の状況や希望の売却価格などを伝えます。
    これにより、業者から初期の査定価格(机上査定)を聞くことが可能です。
  2. 査定
    次に、買取業者が物件を査定します。
    査定は、物件の価値を評価するためのプロセスで、物件の状態、立地、市場状況などが考慮されます。
    査定結果により、買取価格が決定されます。
  3. 契約
    査定結果に納得したら、契約を結びます。
    契約が成立すれば、買取業者が物件を買い取り、売主は売却価格を受け取ります。
    *契約プロセスは、売主と買取業者の間での法的な取り決めを含みます。

不動産買取の場合、1週間以内での売買も珍しくありません。

不動産買取体験談・実際に不動産売買をしてみて

不動産買取を検討している方にとって、一番気になるのは、体験談・口コミや評判だと思います。

公式サイト、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

不動産買取業者 ランキング

スピーディな売却の体験 – 田中さん
田中さんは、急な転勤で早急に自宅を売却する必要がありました。
不動産買取を利用することで、わずか1ヶ月で売却を完了することができました。
田中さんは
「不動産買取のスピーディさには驚きました。急な転勤でも安心して移住することができました」
と語っています。

不動産買取 注意点

価格交渉の体験 – 佐藤さん
佐藤さんは、初めての不動産売却で不安を感じていました。
しかし、買取業者との価格交渉を通じて、希望価格で売却することができました。
佐藤さんは
「買取業者とのコミュニケーションが大切だと実感しました。自分の希望をしっかり伝えることで、納得のいく売却ができました」
と話しています。

不動産買取相場

買取業者選びの体験 – 鈴木さん
鈴木さんは、買取業者選びに時間をかけました。
多くの業者から見積もりを取り、評判や実績を比較した結果、信頼できる業者を見つけることができました。
鈴木さんは
「買取業者選びは慎重に行うべきだと思います。自分が納得できる業者を選ぶことで、安心して売却することができました」
とアドバイスしています。

不動産買取業者 選び方

リフォーム後の再販売の体験 – 山田さん
山田さんは、古い一戸建てを買取業者に売却しました。
その後、業者がリフォームを行い、見違えるような美しい家として再販売されたと聞きました。
山田さんは
「自分の家が新たな価値を持つことに感動しました。買取業者の役割を実感できた瞬間でした」
と振り返っています。

不動産買取 流れ

売却価格の確定の体験 – 中村さん
中村さんは、自宅の売却を考えていましたが、売却価格の不確定さに悩んでいました。
しかし、不動産買取を利用することで、売却価格が事前に確定し、その金額で安心して売却することができました。
中村さんは
「売却価格の確定は大きな安心感をもたらしました。これにより、次の生活計画を立てることができました」
と述べています。

筆者の売却体験談

先日、とある地域の不動産会社の営業さんと1時間ほど立ち話をした時に感じたことをまず紹介しましょう。

その方の出会いは、今、持っているマンション査定を行った時からの付き合い。

そこで感じたのが、
不動産買取・マンション買取も、やり方によっては高い買取価格が出せるのはないか?
ということでした。

買い叩かれるのが基本?

マンションを売る場合、

  • 仲介:個人に売る
  • 買取:不動産会社に買い取ってもらう

もう少し説明すると

  • 仲介会社を介してスーモやYahoo!不動産に情報を出し個人に売却
  • 市場に出さず、即不動産会社に買い取ってもらう

その他競売・任意売却(任売)・オークションなどもありますが、基本的にこの2パターンです。

私自身、以前、マンション売却を行った時、
不動産一括査定サイトで、複数の不動産会社に売却査定をお願いしましたが、
2社ほど”買取”、”リースバック”に強い会社にも買取査定を依頼しました。

そこで感じたのは、
買取は”かなり買い叩かれる”というイメージでした。

買取査定の金額は、
仲介での査定額の35%マイナスくらいの数字が平気で出てきました。

例えば、
売却査定額の平均が9,500万円
に対して、
買取査定額6,800万円みたいな・・・。

直接買取の場合、仲介手数料の3%がかからないとはいえ、それはないでしょ・・・
というイメージでした。

不動産買取に関しては、

  • 早く売りたいという売主の足元を見ている
  • 相場の価格より、高く買取りたくない

など、不動産会社の意図もあるのでしょう。

そこで、感じたのが
切羽詰まって、即現金化したい!ということであっても、”不動産買取”はもったいない。
という感想でした。

【補足】
不動産を売却しなくても、不動産を担保に融資:不動産担保ローンの方がお得です。
不動産担保ローン比較はコチラ

自宅を高く買い取ってくれる不動産会社

それでも、

  • 自宅を高く買ってもらいたい!
  • 不動産買取で高く買い取ってくれる不動産会社を知りたい!

という人もいるでしょう。

自宅の買取・不動産買取価格を高くできるか?

自宅を高く買い取ってくれる・不動産買取会社の話として、

紹介する営業マンは、
もともと大手の不動産会社から2回ほど転職して、
今は地場の不動産会社に属し、

  • 売却仲介
  • 買取仲介

不動産買取は、自社で行っているわけでなく、他の買取会社に情報を流す形で買取会社を取りまとめるとのことです。

不動産買取を打ち出している会社には、

  • 実際に自社で買い取って転売している会社
  • 仲介の形(手付を売って転売)の会社

があり、
大手不動産会社・中小限らず、一概に買取会社と言ってもその実態はマチマチです。

そこで、営業さんにお願いしていた自宅マンションの買取価格が、想定以上の数字だったので紹介します。

  • 【売却査定:仲介】
    いくつかの不動産会社に売却査定を行ったところ約4800万円
  • 【買取金額】
    買取価格として出てきたのが、4300万円でした。

一見、この数字を見て、やっぱり買取価格安いじゃん!っと思うかもしれません。

しかし、

  • 仲介での不動産売却は、実際には値引き交渉、販売価格の値下げなどを考慮すると4500万円(仲介手数:135万)程度が妥当。
  • 不動産買取は、宅建業者の買取なので仲介手数料はかかりません。

さらに、個人的には3800万円くらいの買取価格だと思っていたので、実際に他に付き合いのある3社ほどの営業さんに聞いてみました。
やっぱり【3,800万円~3,900万円(仲介手数料なし)】のレンジでした。

不動産買取業者の探し方・選び方

この差は何なのか?

なぜ、買取価格に関してこの差が起こるのか?

買取会社は、独自の相場読みで買取査定を行っています。

本来は安く買い取って高く転売したいところですが、都心の不動産価格は高値で推移しています。

賃貸需要も高いため、転売する環境としては整っているだけに、多少高く買い取っても捌ければOKと考える会社もあります。

結果的に、リフォームを施しマンション売却を選択し査定額以上の価格で売却に成功しましたが、買取も不動産会社選び次第でどうにかなるかも?
っと感じました。

家を高く買い取ってくれる買取会社は、
一括査定サイトを活用し、売却査定と買取査定の両方をお願いするといいと思います。
参考サイト:不動産査定サイト比較はコチラ

よくある質問・Q&A

不動産売買について、疑問・質問・よくある質問・Q&Aをまとめました。

買取業者選びの注意点・どのように選べばいいの?

不動産売買は、仲介とは違い、即業者に売っておしまいというモデルなので、買取価格比較が基本です。
しかし、その見極めとして以下を事前情報として持っておくといいと思います。

  • 実績と信頼性
    長年の業界経験と豊富な実績を持つ業者は、市場価格の把握や適切な価格設定、スムーズな取引進行などに長けています。
    また、信頼性は業者選びにおいて最も重要な要素の一つです。業者の評判や口コミをチェックし、信頼できる業者を選びましょう。
  • 査定額
    複数の業者から査定を受け、査定額を比較することも重要です。
    ただし、査定額だけで業者を選ぶのではなく、その他の要素(サービスの質、対応の速さ、信頼性など)も考慮に入れるべきです。
  • 対応の速さとサービスの質
    1日も早くキャッシュが欲しい!資金繰りがギリギリという方もいると思います。
    不動産買取はスピーディさが求められることが多いです。
    迅速に対応してくれる業者を選ぶと、売却プロセスがスムーズに進むでしょう。
  • 買取後の取り扱い
    買取業者によっては、買取した物件をリフォームやリノベーションを行った上で再販売することがあります。
    物件がどのように取り扱われるかを確認することも、業者選びの一部となります。
    付加価値の高い不動産にリノベーションする会社は、それを見越した高値買取を実施しています。
不動産買取以外の売却方法は?

不動産買取は、不動産会社が直接所有者から不動産を買い取る方法です。
スピーディな売却や売却価格の確定が可能な点でメリットなどを紹介しました。

不動産買取には、買取以外にも以下のような方法があります。

  • 不動産仲介
    不動産仲介は最も一般的な売却方法で、不動産会社が売主と買主の間に立って取引を進めます。
    不動産会社は物件を広く市場に出し、最適な買主を見つけ出します。
    仲介の場合、市場価格に近い価格で売却することが可能ですが、買主を見つけるまでに時間(3か月・引き渡しまで半年・1年)がかかることがあります。
  • オークション(ネットオークション)
    不動産オークションは、物件を競りにかけて最高額をつけた人に売却する方法です。
    この方法は、高額で売却できる可能性がありますが、オークションの運営には手間がかかることや、最低価格が保証されないというリスクがあります。
  • 自己流通
    自己流通は、自分で買主を見つけて直接売却する方法です。
    この方法は、仲介手数料が不要であるため経済的なメリットがありますが、適切な価格設定や契約手続きなど、全てのプロセスを自分で行う必要があります。

不動産買取:まとめ

不動産の売却方法として、
一般的には「買取」と「仲介」の2つの方法があります。

どちらが適しているかは、売主の状況や目的によります。

しかし、一般的には、より高い価格で売却したい場合や時間に余裕がある場合は「仲介」がおすすめです。

「買取」は不動産会社が直接所有者から不動産を買い取る方法なので、売却がスピーディに進むことが特徴です。
また、売却価格が事前に確定するため、資金計画を立てやすいというメリットがあります。
しかし、買取業者がリスクを負うため、仲介に比べて売却価格が低くなる可能性があります。

一方、「仲介」は不動産会社が売主と買主の間に立って取引を進める方法で、最高の価格で売却することが可能です。
不動産会社は、物件を広く市場に出すことで、最適な買主を見つけ出します。
これにより、市場価格に近い価格で売却することが可能となります。
ただし、買主を見つけるまでに時間がかかる場合があります。

以上を考慮すると、

  • 売却価格を最優先に考えるなら「仲介」がおすすめです。
  • 1日も早く現金化したいなら「買取」がおすすめです

不動産買取は、スピーディな売却や売却価格の確定など、様々なメリットがあります。

買取業者は不動産の価値を高め、再販売を行うことで市場を活性化させます。

不動産買取を利用する際は、これらの点を理解した上で、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

本記事を参考に、最適な不動産買取の選択を行ってください。

【関連ページ】
おすすめのAI不動産査定サイト
不動産査定サイト比較

≪告知:不動産買取会社様へ≫
おすすめの不動産買取として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)

関連公式サイト
一般社団法人不動産買取協会